Race Report/レースレポート

2020 SUPER GT

Round.06SUZUKA CIRCUIT

2020年スーパーGT第6戦

開催日:2020年10月24、25日 / 参加台数:15台(GT500クラス) / 会場:鈴鹿サーキット(三重県)

スーパーGT第6戦『FUJIMAKI GROUP SUZUKA GT 300km RACE』が三重県の鈴鹿サーキットで開催されました。この度、スーパーGT参戦100戦目を迎えました。あらためて、これまでサポートしていただいた皆様に感謝の気持ちでいっぱいです。100戦の記念にチームからサプライズでマシンへのロゴとスーツも用意していただき、特別なレースとなりました。 この大会までは通常のハンデとなり、ウェイトハンデ88kg(レギュレーションにより前回に引き続き燃料リストリクター3ランクダウンと38kgのウェイト)と厳しい中でレースは行われました。

Qualifying/予選

予選:9位(Q1:9位)

天候:晴れ

予選ではQ1を担当しました。ハンデによってストレートスピードが大きく変わっているので、そこを踏まえて、セッティングの合わせ込みを冷静に行いました。 タイヤをウォームアップした後に最初のアタックに入ったのですが、その周に他車がコースアウトしたため赤旗になりました。セッション再開後、アタックしましたが、9番手タイムとなり、Q2へは進むことができませんでした。しかしランキング上位勢の結果を考えると好結果だったと思います。

Final/決勝

決勝:10位

天候:晴れ

決勝前に20分間のフリー走行が行われ、スタートを担当するバゲット選手が担当しました。短い時間の走行でしたが、鈴鹿で第3戦として行われた時と同様にアンダーステア対策をメインにセッティングの合わせ込みを行いました。 レースは52周で行われ、ドライバー交代のミニマム周回数は18周でした。スタートを担当したバゲットは順調にレースを進めていたのですが、予想以上にアンダーステアが強く、フロントタイヤのマネージメントに苦しみました。思うようにペースが上がらなかったので、その状況を打開するためにチームはミニマム周回数でのピットを決断。スタート時に選んでいたタイヤとは別の種類を選びました。 ピットでタイヤ交換とドライバー交代を行った後、22周目にアクシデントによりセーフティカーが導入されました。このタイミングは僕たちにとっては不利になりました。リスタート後、ポイント圏内に順位を上げるため37号車を抜きに行った際、130Rで外側にコースアウトし、最後尾に落ちてしまいました。 しかし、その後も粘り続く走り、他車のトラブルもあり11番手まで戻して、39号車との10番手争いに入って行きました。僕たちのマシンはコーナーは速いのですが、ストレートで抜けるチャンスがなく苦労しましたが、46周目の逆バンク手前で300クラスに詰まった39号車を抜きました。 入賞圏内に上がり、そのまま最後まで凌ぎ切り10位でゴールしました。今回の結果でランキングはトップから2ポイント差になっています。

Koudai's Voice/塚越広大コメント

今回のレースでもアンダーステアに悩む結果になってしまいました。この点はチームとともに改善を試みたのですが、まだいいセッティングが見つかっていないので、今後に向けては作業が必要になります。 次回のもてぎから、ウェイトハンデが半分になるため、燃料リストリクターの制限はなくなります。残り2戦、チャンピオン獲得するためには強いレースをする必要があります。引き続きチームとともにベストを尽くします。