News/ニュース

Rd5_race_047.jpg

9月12日(日)、スーパーGT第5戦『SUGO GT 300km RACE』の決勝が宮城県のスポーツランドSUGOで開催されました。塚越広大とベルトラン・バゲット選手がドライブするAstemo NSX-GTは、今大会で優勝した12号車と争う場面もありましたが、最終的には3位でゴール。今シーズン2度目の表彰台に立ちました。レース後の塚越広大は以下のようにコメントしています。

「今回は予選でQ1を担当することになり、Q2に進出することが僕の役目で、それを果たすことができました。Q2を走行したバゲット選手も4番手のタイムを出し、いい流れで決勝に臨むことができました。

重いサクセスウェイトにもかかわらず、決勝は3位表彰台でフィニッシュすることができ、結果としては悪くなかったと思います。ただ今回のSUGOでは前のマシンを追いつき、ポジションを上げるだけのペースがありませんでした。

タイヤ交換をした後、35周目には12号車に追い抜きを仕掛けたのですが、ポジションを上げることができませんでした。その後、フルコースイエロー(FCY)の解除のタイミングでの再スタートに手間取り、タイトルを争うライバルに先行され、そこから抜き返すことができませんでした。決勝のペース改善が僕たちにとっての課題だと思います。

結果的に、課題と反省の多いレースになってしまいました。それでもランキングではチャンピオンを狙える位置につけていると思います。次のオートポリス(決勝10月24日)も、サクセスウェイトが重くても上位入賞できるチャンスがあるサーキットです。僕たちにとってはチャンピオンを獲得する上で重要な一戦になります。今回の反省を生かして、しっかりと結果を残せるようにしっかりと準備していきます」

Photo : © GTA


Rd5_race_046.jpg

9月12日、宮城県のスポーツランドSUGOで2021スーパーGT第5戦の決勝が行われ、塚越広大とベルトラン・バゲット選手のAstemo NSX-GTは3位でした。

昨年は新型コロナウイルスの影響で中止され、SUGOでのスーパーGT開催は2年ぶりです。現在、30ポイントを獲得してシリーズランキング5位につけるAstemo NSX-GTはサクセスウエイト60kg。予選4番手からバゲット選手がスタートドライバーを務めました。

Astemo NSX-GTは序盤は4番手。15周目の3コーナーで12号車をパスして3番手に浮上。20周目に1つポジションを落としましたが、21周目に再び3番手に上がり、29周目にピットストップを行いました。

塚越広大に代わったAstemo NSX-GTは、全車ピットストップを終えた段階で3番手を走行していましたが、47周目に最終コーナーでエンジンから出火して止まった車両回収のためセーフティカー導入へ。これで、後続との間に築いていた10秒以上のマージンはなくなりました。また、首位の車両がドライブスルーペナルティで後退し、Astemo NSX-GTは2番手に上がって55周目にレースは再開されました。

リスタート後もAstemo NSX-GTは2番手をキープ。しかし、64周目に1コーナー手前でストップした車両回収のために導入されたフルコースイエロー(FCY)の解除のタイミングでAstemo NSX-GTの加速が鈍り後続にパスされて3番手に後退。その後は順位に変動はなくAstemo NSX-GTは3位でフィニッシュして、今シーズン2度目の表彰台に立ちました。

Photo : © GTA