News/ニュース

0718_race_014.jpg

今季のスーパーGTは第3戦鈴鹿が8月下旬に延期され、ツインリンクもてぎで開催された第4戦がシーズン3戦目となりました。塚越広大とベルトラン・バゲット選手のAstemo NSX-GTはサクセスウエイト52kgで臨み、予選14番手から決勝では入賞圏内まで順位を上げていましたがマシントラブルに見舞われ14位でした。レース後の塚越広大のコメントです。

「走り始めのフリー走行からクルマのバランスはそれほどよくなくて、コースコンディションに合わせるための作業は大変でした。それでもチームと協力しあい、徐々にバランスが改善することができました。予選ではサクセスウエイトの影響もあり、14番手という結果となりました。

決勝に関しては、重い状況にもかかわらず、なんとか前の集団についていくことができ、ポイント圏内まで浮上することができました。苦しい中でもいい流れで走ることができていたのですが、突然、ギヤ操作ができなくなり、マシンを止めざるを得ませんでした。残念ですが、トラブルの原因はすでに突き止められています。

今回のレースではポイント圏内までポジションを上げることができましたが、マシンが重い状態でのパフォーマンスはまだ改善していく必要はあります。これからも重い状態でのレースが続いていきます。いつも言っていますが、そこでいかに多くのポイントを積み重ねていくのかが、チャンピオン獲得の上では大事になります。今回のデータをもとに、パフォーマンスアップのために、チームとともに準備していきます」

Photo : © GTA


0718_race_013.jpg

7月18日、栃木県のツインリンクもてぎで2021スーパーGT第4戦の決勝が行われ、塚越広大とベルトラン・バゲット選手のAstemo NSX-GTは14位でした。

第3戦鈴鹿の開催が5月下旬から8月下旬に延期され、今シーズン3戦目の開催となった第4戦もてぎ。Astemo NSX-GTはサクセスウエイト52kgで予選は14番手。スタートドライバーはバゲット選手が務めました。

バゲット選手はスタートで1つ順位を上げ、20周目には12番手に上がりました。23周目からはGT500クラスのピットストップも始まり、Astemo NSX-GTは25周目にピットに入りました。そして、GT500クラス全車がピット作業を終えた33周目、後半を担当する塚越広大のAstemo NSX-GTは10番手につけました。

45周目、GT300クラスと接触した車両がストップして、Astemo NSX-GTは1つ順位を上げて9番手を走行。また、ストップした車両回収のためこの日2度目のフルコースイエロー(FCY)が導入されました。FCY解除後、塚越広大はさらに上位を目指して走行していましたが、マシントラブルが発生してスローダウン。Astemo NSX-GTはガレージ戻りマシンを止めましたが、規定周回(周回数の70%)を満たしていることから14位完走扱いでした。

Photo : © GTA