News/ニュース

8月18日、栃木県のツインリンクもてぎで2019全日本スーパーフォーミュラ選手権第5戦の決勝が行われ、REAL RACINGの塚越広大は18位でした。

決勝はフォーメーションラップでエンジンストールしたマシンがピットスタートに。さらに、1周の走行を終えグリッドにつく直前に2台がエンジンストールして赤旗が提示されました。この2台は最後尾グリッドにまわり、エキストラフォーメーションラップを行い、決勝は1周減算され51周になりました。

20番グリッドの塚越広大はソフトタイヤを装着してスタート。オープニングラップで12番手に浮上、2周目に10番手しました。一方でオープニングラップから早くもピットストップを行うマシンもあり順位は大きく変動。塚越広大は7番手を走行していた20周目にピットストップを行いました。再びソフトタイヤを装着した塚越広大は、コース復帰後、27周目には8番手に浮上して38周目に2回目のピットストップへ。最後はミディアムタイヤを装着して17番手でコースに戻りましたが、終盤に1台にパスされて18位でした。

8月17日、栃木県のツインリンクもてぎで2019全日本スーパーフォーミュラ選手権第5戦の予選が行われ、REAL RACINGの塚越広大は20番手でした。

予選はノックアウト方式で行われ、全車が出走するQ1の上位12台がQ2へ。Q2の上位8台がQ3へと進むことができます。塚越広大はQ1で1分34秒765の20番手。Q1で予選を終え、決勝は20番手からのスタート予定です。