News/ニュース

9月29日、岡山県の岡山国際サーキットで2019全日本スーパーフォーミュラ選手権第6戦の決勝が行われ、REAL RACINGの塚越広大は14位でした。

スタート時のタイヤ選択は分かれ、予選17番手の塚越広大はソフトタイヤを装着してスタート。4周目には14番手に上がりました。

8周目、スピンした車両がグラベルにストップしたためセーフティカー導入へ。塚越広大は13番手でセーフティカーランを行っていました。今回は特別規則により、先頭車両が10周目の第1セーフティカーラインを交差する前に行ったタイヤ交換は、タイヤ交換義務を果たしたことにならないため、セーフティカーラン中の10周目終了時に塚越広大を含む多くのマシンがピットストップへ。塚越広大はミディアムタイヤに交換して、翌周もう一度ピットに入って再度ソフトタイヤに交換。2種類のタイヤ使用義務も果たして、15番手でコースに戻りました。

レースは13周目に再開。他車のピットストップで14番手に上がった塚越広大はしばらくポジションをキープしていましたが、前車から少しずつ離され逆に後続のマシンが近づいていました。33周目、他車のトラブルにより13番手に上がりましたが、38周目に1台にパスされて14番手に後退。終盤、さらに1台にパスされましたが、ファイナルラップで1台がストップし14位でフィニッシュしました。なお、レースは予定周回数の68周を前に最大規定時間1時間30分を迎えたため66周でチェッカーとなっています。

9月28日、岡山県の岡山国際サーキットで2019全日本スーパーフォーミュラ選手権第6戦の予選が行われ、REAL RACINGの塚越広大は17番手でした。

今大会の予選は通常のノックアウト方式とは一部異なるフォーマットで行われました。コース全長が短く、全20台が出走するQ1でのトラフィックの問題を緩和するため今回はQ1を10台ずつの2つのグループに分け、それぞれの上位6台がQ2に進出。Q2以降は通常どおりで、Q2の上位8台がQ3へと進みます。前日の抽選の結果、塚越広大はQ1のBグループに出走しました。

Q1はミディアムタイヤでのアタックが義務付けられていますが、塚越広大は1分15秒118でBグループの9番手でセッションを終え予選17番手。決勝は17番グリッドからスタート予定です。