News/ニュース

SF_Rd1_st001.jpg4月23日、三重県の鈴鹿サーキットで2017全日本スーパーフォーミュラ選手権第1戦の決勝が行われ、REAL RACINGの塚越広大は6位でした。

今回のレースは周回数35周で、1本以上のタイヤ交換が義務付けられており、早い段階で多くのマシンがピットに向かいます。その際、給油の有無、タイヤ交換も1本のみ、2本交換、4本交換などチームによって戦略は別れ、序盤で順位が動きました。

予選5番手の塚越広大は序盤ではピットに入らず、一旦順位が落ち着いた5周目には3番手に浮上、ファステストラップをマークしながら周回を重ねました。そして、20周目終了時にピットストップし、4本のタイヤ交換と給油作業を行いました。直後の22周目、コース上でストップしたマシン回収のためセーフティカー導入へ。塚越広大は6番手でリスタートを迎え、そのままのポジションでフィニッシュ。6位入賞でポイントを獲得しました。

塚越広大「シーズンオフのテストから考えると、今回は最後まできちんとレースができましたし、ポイントも獲得できたという点では、良いレースでした。完走できたおかげでわかったこともあったりと、いろいろな意味で収穫があったレースです。スタートでポジションを落としてしまったのですが、途中、速いペースで走ることができたのは良かったですね。ただ、マシンのオーバーステアがきつくて、それ以上タイムが上げられなかったので、次の岡山に向けてはセットアップを改善し、さらに良い結果を残せるよう、チームと一緒に準備を進めていきたいと思います。」

sf170422006L.jpg4月22日、三重県の鈴鹿サーキットで2017全日本スーパーフォーミュラ選手権が開幕し、第1戦の予選が行われました。REAL RACINGの塚越広大は予選5番手でした。

予選はノックアウト方式で行われ、全車が出走するQ1の上位14台がQ2へ。Q2の上位8台がQ3へと進むことができます。

塚越広大はQ1を13番手、Q2を5番手で通過してQ3へと進出。Q3では1分36秒379をマークして予選5番手となり、決勝は5番グリッドからスタートします。