News/ニュース

sf170527015L.jpg5月28日、岡山県の岡山国際サーキットで全日本スーパーフォーミュラ選手権第2戦のレース2が行われ、REAL RACINGの塚越広大は16位でした。

日曜日のレース2の予選はノックアウト方式ですが他大会のようにQ3までではなく、Q1とのQ2の2つのセッションで、Q1の上位10台がQ2に進みます。塚越広大はQ1で1分18秒104の12番手でした。

レース2決勝は51周(188.85km)で、4本のタイヤ交換が義務付けられています。12番グリッドの塚越広大はスタートで出遅れ後退し、1周目終了時にタイヤ交換を行いました。その後は17番手を走行し、レース終盤に1台のマシンがコースアウトしてセーフティカー導入へ。1つポジションが上がり16位でフィニッシュしました。

sf170527013L.jpg5月27日、岡山県の岡山国際サーキットで全日本スーパーフォーミュラ選手権第2戦のレース1が行われ、REAL RACINGの塚越広大は11位でした。

今大会は2レース制で今大会は2レース制で土曜と日曜に、それぞれ予選・決勝が行われます。土曜日のレース1は、20分間の計時予選でセッション中のベストタイムの順でグリッドが決定し、決勝は30周(111.09km)でタイヤ交換義務はありません。

レース1予選で塚越広大のベストタイムは1分14秒387で12番手。決勝はオープニングラップでポジションを上げて、11位でフィニッシュしました。