News/ニュース

sf180422021L.jpg4月22日、三重県の鈴鹿サーキットで2018スーパーフォーミュラ第1戦の決勝が行われ、REAL RACINGの塚越広大は6位でした。

今季から全戦でドライタイヤはミディアムとソフトの2スペック制となり、決勝では両方のタイヤの使用が義務付けらています。5番グリッドの塚越広大はミディアムタイヤを装着してスタートしました。

スタートで4番手に上がった塚越広大は、シケインでも65号車をオーバーテイクして3番手でオープニングラップを終えると、3周目の1コーナーでアウト側から15号車を豪快にパスして2番手に浮上。序盤はトップの16号車と塚越広大の2台が、3番手以下のマシンを引き離す展開になりました。

2番手の塚越広大は19周目にピットストップ。ソフトタイヤにスイッチして10番手でコースに戻ると、他車よりも速いペースで周回を重ねます。その後、塚越広大の前を走るマシンが相次いでピットストップへ。32周目にはトップの16号車がピットストップを行い塚越広大の後ろでコースに復帰。これで塚越広大がトップに立ちますが、34周目に2回目のピットストップへ。再びソフトタイヤを装着して9番手でコースに戻り、他車のピットストップや1台をオーバーテイクするなどして6番手に浮上し、最後は65号車と激しいバトルになりましたが、そのまま6位でフィニッシュしました。

sf180421119L.jpg4月21日、三重県の鈴鹿サーキットで2018全日本スーパーフォーミュラ選手権が開幕し、第1戦の予選が行われました。REAL RACINGの塚越広大は予選5番手でした。

予選はノックアウト方式で行われ、全車が出走するQ1の上位14台がQ2へ。Q2の上位8台がQ3へと進むことができます。また、今シーズンからスーパーフォーミュラは全戦でドライタイヤはミディアムとソフトの2スペックが導入されますが、予選ではQ1はミディアムタイヤのみ使用が可能です。

Q1で塚越広大は1分37秒643の4番手タイムでQ2に進みました。Q2ではソフトタイヤを装着してアタックに入りましたが、1台のマシンがコースアウトして赤旗中断へ。この時点で塚越広大は計測ラップを終えていませんでしたが、残り3分間でセッション再開後に1分37秒638の4番手タイムをマークしてQ3進出を決めました。

Q3では赤旗中断の影響もあってユーズドのソフトタイヤでのアタックとなりベストタイムは1分37秒990で予選5番手。決勝は5番グリッドからスタートします。