News/ニュース

2018年11月アーカイブ

G_Final111111.jpgツインリンクもてぎで開催された第8戦「MOTEGI GT 250km RACE GRAND FINAL」で、スーパーGTの2018シーズンは終了しました。KEIHIN REAL RACINGの塚越広大と小暮選手はドライバーズ・ランキング7位、KEIHIN REAL RACINGはチーム・ランキング6位でシーズンを終えました。最終戦を終えてのコメントです。

塚越広大「スタート直後の1コーナーで軽く他のマシンと接触したことが影響なのか、まだはっきりしていませんが、フロントのボンネットが外れかかってしまい、緊急ピットインをすることになりました。これで最後尾までポジションを落とし、チャンスを逃しました。その後も少しでも上位のマシンに追いつくために僕も小暮さんも懸命に走りましたが、同一周回でフィニッシュすることが精いっぱいでした。こんな形でシーズンを終えることになり、本当に残念としか言いようがありません。

2018年を改めて振り返ると、開幕戦の岡山で優勝し、いい形でシーズンに入ることができました。NSX-GTは特にエンジンが大きく進化しており、ほとんどのサーキットで速さがありました。タイトルを獲得するためには、どのレースでも大きく崩れず、シーズンを通してポイントを獲得していくことが大事でした。その安定感に関しては、チャンピオンを獲得した100号車やチームランキング3位の8号車と比較して、足りませんでした。それが最終戦のもてぎを含め、今シーズンの結果に反映されていると思います。僕自身はもちろんですが、チームとしての力不足を痛感しています。2018年シーズン、タイトルを獲得できませんでしたが、KEIHIN REAL RACINGを応援していただき、本当にありがとうございます。僕とチームを支えてくれたすべての方に改めて感謝の言葉を述べたいと思います」

11月11日に栃木県のツインリンクもてぎで、2018スーパーGTのシリーズ最終戦、第8戦「MOTEGI GT 250km RACE GRAND FINAL」の決勝が行われ、塚越広大と小暮選手のKEIHIN NSX-GTは15位でした。

最終戦のレース距離はシーズンで最も短い250km。予選5番手のKEIHIN NSX-GTは小暮選手がスタートドライバーを担当。オープニングラップで1つポジションを下げたKEIHIN NSX-GTはボンネットの右側が開き、浮き上がった状態になり2周目終了時に急遽ピットへ。修復作業を行いGT500クラス最後尾でコースに戻りましたが、先頭集団からは大きく離れてしまいました。

レースが1/3を過ぎたあたりからピット作業が始まり、KEIHIN NSX-GTは25周目にピットストップへ。後半は塚越広大が担当しましたが、全車がピットストップを終えてもポジションは変わらず、そのまま15位でフィニッシュしました。

この結果、塚越広大と小暮選手はドライバーズランキングで7位、KEIHIN REAL RACINGはチームラインキング6位でシーズンを終えました。

17NSX_5Pm1110.jpg11月10日に栃木県のツインリンクもてぎで、2018スーパーGTのシリーズ最終戦、第8戦「MOTEGI GT 250km RACE GRAND FINAL」の予選が行われ、塚越広大と小暮選手のKEIHIN NSX-GTは5番手でした。

シーズン最終戦は、スーパーGTの特徴でもある獲得ポイントに応じて搭載するウエイトハンデが適用されず、GT500クラスは全車ノーウエイト。予選はノックアウト方式で、GT500クラスでは全車が出走するQ1の上位8台がQ2に進出できます。

KEIHIN NSX-GTはQ1を小暮選手が担当し、1分36秒716で5番手となってQ2進出を決めました。Q2では塚越広大がアタックを担当。終盤に1分36秒153をマークしましたがトップタイムには届かず最終的に5番手でQ2を終え、今季最終戦の決勝は5番手からのスタートになります。

今週末、2018スーパーGTのシリーズ最終戦、第8戦『MOTEGI GT 250km RACE GRAND FINAL』が栃木県のツインリンクもてぎで開催されます。前戦の第7戦オートポリスの結果で、残念ながらタイトル獲得の可能性が消滅してしまったKEIHIN REAL RACINGですが、塚越広大は「開幕戦以来のシーズン2勝目を狙っていきます!」と力強く語っています。

「チャンピオン争いから脱落した状況で地元のもてぎに臨むことになり、すごく残念に感じていますが、最終戦ではとにかく勝つことにこだわっていきたいです。目標はポール・トゥ・ウインです。最終戦はホンダ勢を含めてタイトル争いをしているチームがいくつかありますので、そこに巻き込まれてしまうと、思い通りの走りができなくなる可能性があります。予選でポールポジションを取り、そのまま逃げてしまえば、(タイトル争いのことなど)他のことを気にせずに自分の走りに集中することができます。

今シーズンのNSX-GTはエンジンがすごく良くなっており、もてぎのような(ストップ&ゴーの)特性のコースでも十分に力を発揮できると思っています。まずは予選で最速タイム出してポールポジションを獲得できるようにしっかりと準備していきたいです」

鈴鹿サーキットで10月28日に開催された第7戦「第17回JAF鈴鹿グランプリ」で、全日本スーパーフォーミュラ選手権の2018シーズンは終了しました。REAL RACINGの塚越広大は開幕戦と最終戦で6位に入賞しドライバーズ・ランキング13位、REAL RACINGはチーム・ランキング10位でシーズンを終えました。最終戦を終えてのコメントです。

塚越広大「今シーズンの終盤は予選で連続してQ3に入ることができていましたが、最終戦の鈴鹿でも確実に速さを発揮して、これまでよりも楽にQ1(2番手)とQ2(3番手)と突破することができました。マシンは確実によくなっており、決勝も上位グループの中で戦うことができ、これまでよりも一つ上のレベルで戦うことができたという手ごたえがありました。特にタイヤの使い方をつかむことができたのが大きいです。でもチャンピオン争いをしていたチームは、そのあたりのノウハウをかなり前につかんでいたと思います。その差がレースの結果に反映しており、今シーズンの成績が僕たちの今の実力だったと感じています。

最終戦(6位)と、今シーズンの両方の結果(ドライバーズ・ランキング13位)には満足していません。シーズンを通して上位グループで戦い、チャンピオン争いができなかったという悔しさはあります。ただ一方で、チームも僕も開幕時点からは大きく進歩し、最終戦には上位勢に追いつくところまで力をつけてきたという思いがあります。あらためてシーズンを振り返ると、開幕戦と最終戦がともに6位という結果ですが、同じ6位でも内容が大きく異なっています。最終戦の鈴鹿はよりレベルの高いところでつかみ取った結果だと思っています。

2019年はマシンもタイヤも新しくなりますので、今シーズンつかんだノウハウはそのまま活かすことはできません。チームも僕も改善すべき点はいくつかあります。でも今シーズン終盤の調子を維持していけば、必ず結果が出せると思っています。

最後になりましたが、2018年シーズンもたくさんの応援やご支援をいただき、本当にありがとうございました。サーキットでの皆様の声援やサポートは僕にとって大きな力となりました。心より感謝を申し上げます」

1