News/ニュース

2018年7月アーカイブ

7月8日、静岡県の富士スピードウェイで2018全日本スーパーフォーミュラ選手権第4戦の決勝が行われ、REAL RACINGの塚越広大は13位でした。

決勝はドライコンディションで、スタート時のタイヤ選択はほぼ半々に分かれ、5番グリッドの塚越広大はミディアムタイヤを装着。上位4台はソフトタイヤでスタートしました。塚越広大はオープニングラップの100Rで他車と軽い接触もあり8番手に後退すると少しずつポジションを下げて11番手走行中の12周目にピットストップを行いました。

コースに戻った塚越広大は12番手。レース半ばからはソフトタイヤでスタートしていたマシンのピットストップも始まり、全車がピットストップを終えた終盤は14番手。54周目に2台が接触し12番手に上がりましたが、ファイナルラップで1台にパスされて13位でフィニッシュしました。

「予選は雨が降ったり止んだりというコンディションとなり、チームはどのタイヤを履かせて、どのタイミングでコースに出すのかなど、いろんな意味で難しい判断を求められたと思いますが、うまく対応してくれたと思います。そのおかげで難しいコンディションの中で、5番手という好位置につけることができました。予選に関しては、あの状況で自分たちのベストパフォーマンスを発揮できたと思います。

ただ決勝に関しては、非常に厳しい戦いを強いられることになりました。雨の中では見えなかった、マシンの地力の差が出てしまったと思います。次のもてぎ(8月18日~19日)までには、チームとともにセットアップを詰めて、ライバルとのギャップを少しでも縮められるように全力を尽くします」

7月7日、静岡県の富士スピードウェイで2018全日本スーパーフォーミュラ選手権第4戦の予選が行われ、REAL RACINGの塚越広大は予選5番手でした。

予選はノックアウト方式で行われ、全車が出走するQ1の上位14台がQ2へ。Q2の上位8台がQ3へと進むことができます。

セッション前に小雨が降りウェット宣言が出されましたが路面はほぼドライ。Q1は開始とともに全車スリックタイヤを履いてコースインして最初のアタックを終え一旦ピットイン。この時点で塚越広大は14番手でした。その後、2回目のアタックに向けて各車が再度コースイン、しかし、セクター3付近で雨が降っていたため多くのマシンがアウトラップでピットに戻りました。塚越広大は14番手でQ1を通過しました。

Q2はスタート時に雨は上がっていましたが微妙な路面状況でタイヤ選択はスリックとウェットに分かれ、塚越広大はスリックタイヤを装着してコースインしました。路面はドライ寄りで、レインタイヤ勢はピットに入りスリックに交換してアタックへ。塚越広大は1分24秒037の5番手でQ3進出を決めました。

8台で争われるQ3では再び雨が降り始め、1台がレインタイヤ、塚越広大を含む他7台はスリックタイヤを装着してコースイン。しかし、今度はQ2とは逆にスリック勢がアウトラップでピットに入りレインタイヤに交換する路面状況。塚越広大もレインタイヤにスイッチしてアタックを行い1分38秒927で5番手。決勝は5番グリッドからスタートします。

7月7日〜8日、富士スピードウェイでスーパーフォーミュラ第4戦が開催されます。塚越広大にとってはスーパーGTのタイからの連戦になりますが、疲れた様子も見せずに「富士は本当の意味で自分たちの速さが問われるレースになりますのでしっかりと結果を出したい!」と意欲的に語っています。

「スーパーフォーミュラの今シーズンは、調子が良かったレースと悪かったレースがはっきりと別れていたように感じます。富士では僕たちの良さを見せて、結果を残したいです。富士では全チームが同じようなタイヤ戦略になると思いますので、コース上でのオーバーテイクは簡単ではありません。しっかりと結果を残すためには、予選でいいポジションを獲得することが大事になります。そういう意味で、富士は自分たちの速さが問われると思います。コースコンディションにしっかりとマシンのセットアップと自分の走りをあわせて、まずは予選で少しでも上位のグリッドを獲得できるようにチームとともに準備していきたいと思います」

gt180701003L.jpg7月1日、タイ・ブリーラムのチャン・インターナショナル・サーキットで2018スーパーGT第4戦「Chang SUPER GT RACE」の決勝が行われ、塚越広大と小暮選手のKEIHIN NSX-GTは7位でした。

予選2番手のKEIHIN NSX-GTは小暮選手がスタートドライバーを担当。序盤は3番手につけていましたが選択したタイヤとコンディションが合わず厳しく、またウェイトハンデ42kgということもあって、少しずつポジションを下げて10番手走行中の25周目にピットストップを行いました。

レース半ばの33周目、KEIHIN NSX-GTの塚越広大は11番手。GT500クラス全車がピットストップを終えた時点で10番手でしたが、終盤に2台をパスして8番手に浮上。ファイナルラップで1台がストップしたため、KEIHIN NSX-GTは7位でフィニッシュしました。

「今年も例年どおりのケーヒンさんの応援団かたくさん駆けつける中で、レースは行われました。最初のフリー走行でマシントラブルを抱えて、きちんとセッションを走れませんでしたが、難しいコンディションとなった予選で2番手を獲得し、フロントローからスタートすることができました。

しかし決勝ではスタートを担当した小暮さんはレースが始まった直後からタイヤに問題を抱えてしまい、思うようなペースで走れず、ポジションをいくつか落とし、予定よりも早いタイミングでのピットインを強いられました。僕が担当した後半のスティントでもタイヤの状況はあまりよくありませんでした。それでも最終的に7位でフィニッシュしてポイントを獲得できたことは、タイトル争いの上では大きな意味を持つと思います。

次の富士(8月4日~5日)はウェイトハンデが50kgとなり、非常に難しい状況レースとなりますが、富士でも着実にポイントを重ねることが大事になります。チャンピオン獲得のために、しっかりと結果を残すことに全力を注ぎたいと思います」

1