News/ニュース

2021年11月アーカイブ

11月28日に静岡県の富士スピードウェイで2021スーパーGTのシリーズ最終戦となる、第8戦『FUJIMAKI GROUP FUJI GT 300km RACE』の決勝レースがで開催されました。塚越広大とベルトラン・バゲット選手のAstemo NSX-GTは予選10番手、決勝はリタイアでした。

この結果、塚越広大とベルトラン・バゲット選手はドライバーズランキング6位、Astemo REAL RACINGはチームランキング5位でシーズンを終えました。レース後の塚越広大のコメントは以下のとおりです。

「最終戦はフリー走行の走りだしから、マシンがそれほど決まっていたわけではなく、セットアップに苦労しました。それでも、いろいろと細かくセットを詰めていき、予選のQ1までにはマシンのバランスがだいぶよくなってきました。ただ満足するレベルまでマシンを仕上げることができませんでした。その結果、Q1を突破することができませんでした。

でも決勝は何が起こるかわかりません。さらにマシンのバランスを調整し、タイトル獲得のためにしぶとく最後まで走り切ろうという気持ちで臨みました。実際にレースは予期せぬ展開となりましたが、僕たちもアクシデントでリタイアに終わってしまいました。本当に残念ですし、悔しい気持ちしかありません。

2021年シーズンを振り返ると、昨年同様に常にチャンピオンを意識しながら1年間を戦うことができたのは良かったです。ただ、ポイントポイントで反省すべき点がいろいろあり、シーズンを通して好調をキープできませんでした。まさに最終戦の富士がそうだったと思います。シーズンを通して安定して強さを発揮できること。そこをチームとともに改善して、また来シーズンに臨みたいと思っています」

Rd8_race_028.jpg

11月28日、静岡県の富士スピードウェイで2021スーパーGT第8戦の決勝が行われ、塚越広大とベルトラン・バゲット選手のAstemo NSX-GTはリタイアでした。

今季最終戦となる第8戦は規定によりサクセスウエイトはなく全車ノーウエイト。予選10番手のAstemo NSX-GTはバゲット選手がスタートドライバーを担当しました。

オープニングラップで11番手に後退したAstemo NSX-GTは、3周目の最終コーナーで前車のイン側からオーバーテイクを仕掛けましたが、さらにアウト側にいたマシンも含め、3台が絡んでスピン。このアクシデントによりマシンを破損したAstemo NSX-GTはスロー走行でピットに戻りましたが、修復不可能でリタイアしました。

この結果、塚越広大とベルトラン・バゲット選手はドライバーズランキング6位、Astemo REAL RACINGはチームランキング5位でシーズンを終えました。

Photo : © GTA


11月27日、静岡県の富士スピードウェイで2021スーパーGT第8戦の予選が行われ、塚越広大とベルトラン・バゲット選手のAstemo NSX-GTは10番手でした。

今季最終戦の第8戦は規定によりサクセスウエイトはなく全車ノーウエイトでの一戦。予選はノックアウト方式で、GT500クラスでは全車が出走するQ1の上位8台がQ2に進出できます。

午前の公式練習で14番手タイムだったAstemo NSX-GTは、塚越広大がQ1を担当しましたが1分26秒860で10番手。Q2には進めず予選10番手でした。

11月27日(土)~28日(日)に静岡県の富士スピードウェイでスーパーGTの今季最終戦となる第8戦『FUJIMAKI GROUP FUJI GT 300km RACE』が開催されます。ランキング首位とは8点差で最終戦を迎える17号車のAstemo NSX-GT(塚越広大/ベルトラン・バゲット)。塚越広大はチャンピオン獲得に向けて「勝つために全力を尽くします!」とコメントしています。

「僕たちにはチャンピオン獲得の可能性は残されており、タイトルを手のするためにはいろいろな条件があることはわかっていますが、僕自身は、最終戦の富士で優勝しなければタイトルを手にすることはできないと考えています。レース前にチームとともに準備できることはすべてやりました。あとは予選でポールポジションを取って、決勝で勝利するための組み立てをしっかりとするだけです。そのために自分のすべてをかけて戦います」

gt211107002_009H.jpg

1月7日(日)、スーパーGT第7戦『MOTEGI GT 300km RACE』の決勝レースがツインリンクもてぎで開催され、塚越広大とベルトラン・バゲット選手がドライブする17号車のAstemo NSX-GTは4位でフィニッシュしました。チャンピオン争いを演じる塚越とベルトラン・バゲット選手の獲得ポイントは52で、ランキングトップとは8点差で最終戦を迎えることになりました。レース後の塚越広大のコメントは以下のとおりです。

「今回のもてぎはチャンピオン獲得のためには重要な1戦になります。サクセスウェイト(44㎏)はかなりあったのですが、マシンの調子は走り出しから悪くなかったです。その後、周回を重ねてセットを合わせ、細かく調整し、いい手ごたえを感じて予選を迎えることができました。

今回の予選ではQ1を担当することになりました。それなりに重いマシンにもかかわらず、いい走りをすることができ、トップタイのタイムをマークすることができました。Q2を担当したバゲット選手もいい走りをしていましたが、コース外を走行したとのペナルティがあり、最速タイムを取り消されてしまいました。

また決勝前のウォームアップで他車のスピンに巻き込まれるという不運もあり、リアカウルを大きく破損しました。それでもホンダさんや無限さんの協力に加え、メカニックの皆さんが素晴らしい仕事をしてくれたこともあり、何とかスタートには間に合いました。そのために僕はぶっつけ本番でレースの臨むことになりましたが、クルマの調子はすごく良かったので、自信をもって決勝に臨むことができました。

実際、決勝のマシンのフィーリングはよく、ドライバー交代をしたあとはオーバーテイクを決めて、4位まで順位を上げることができました。特に14号車とのサイドバイサイドのバトルは、お互いにスペースを残してクリーンな走りができました。しかも最小限のタイムロスで追い抜くことができたので、いいバトルだったと思います。

レースを振り返ると、表彰台を狙えるチャンスはあったと思いますが、今回、トップとのポイント差を16点から8点にまで縮めることができました。チャンピオン獲得のチャンスは十分にあります。ライバルとのポイント差などは考えず、最終戦の富士で勝って、タイトルを獲ること。それだけに集中して、チームとともにしっかりと準備をしたいと思います」

Photo : © Honda


1  2