News/ニュース

2016年5月アーカイブ

sf160529002L.jpgスーパーフォーミュラ第2戦岡山で、REAL RACINGの塚越広大は予選3番手、決勝は2位に入り、2012年フォーミュラニッポン第7戦鈴鹿以来となる表彰台に上がりました。

塚越広大「今回のレースは大雨のために8周で終わってしまいました。雨の中でたくさんのお客さんが来ていただけていましたし、テレビを見ていて応援してくれていた方もいたと思いますので、すごく残念です。

でもセイフティカーの先導でレースがスタートしたあと、雨はどんどん強くなっていましたし、タイヤの状況もよくなかったので、あのままレースが始まったとしたら、すごく厳しかったと思います。主催者の判断は間違っていなかったと思っています。

レースが8周で終わってしまったのは残念ですが、フォーミュラで久しぶりに表彰台に上がることができ、素直に喜んでいます。今回の表彰台は、やっぱり予選で3番手になれたことが大きかったと思います。正直、走り始めはあまりよくなくて、金曜日の占有走行では17番手とタイムがなかなか出ませんでした。(チームメイトの)伊沢さんのほうが調子がよかったのですが、担当エンジニアの田坂さんと話し合いながらクルマを調整していくと、どんどんタイムが上がっていき、予選でトップ3に入ることができました。

これで開幕の2戦が終わりました。まだまだ課題はありますが、与えられた状況の中でマシンを合わせ込み、2戦ともにQ3に進出し、決勝でもしっかりとポイントを獲得できています。いい流れでレースができていますので、この勢いをさらに加速して、優勝を目指していきたいと思います」

sf160529005L.jpg5月29日、岡山県の岡山国際サーキットでスーパーフォーミュラ(SF)第2戦の決勝が行われ、REAL RACINGの塚越広大は2位でした。

決勝はウェットコンディション。フォーメーションラップ開始前から雨脚が強まったためセーフティカー先導でスタートしました。6周目、2番手のマシンがマシントラブルに見舞われストップ。予選3番手の塚越広大は2番手に繰り上がりました。

しかし、雨はさらに激しくなり路面状況は悪化。セーフティカーランが9周目に入ったところで赤旗が提示されレースは中断されました。その後、天候の回復が見込めないためレース終了が決定。8周目終了時の順位でレース成立となり、塚越広大は2位。2戦連続で入賞を果たしました。

なお、今回のレースは周回数が規程周回数の75%を満たしていないため、通常のハーフポイントが与えられることになります。

sf160528001L.jpg5月28日、岡山県の岡山国際サーキットでスーパーフォーミュラ第2戦の予選が行われ、REAL RACINGの塚越広大は予選3番手でした。

予選はノックアウト方式で行われ、全車が出走するQ1の上位14台がQ2へ。Q2の上位8台がQ3へと進むことができます。

塚越広大はQ1を4番手、Q2を5番手で通過。開幕戦に続いてQ3進出を決めました。Q3ではラストアタックで1分13秒893をマークして0.273秒差の3番手となり、決勝レースは3番グリッドからスタートします。

gt160504028L.jpgスーパーGT第2戦富士で、塚越広大と小暮選手のKEIHIN NSX CONCEPT-GTは予選12番手、決勝12位でした。塚越広大はスタートドライバーを務め、セカンドスティントを小暮選手が担当。最後は再び塚越広大がドライブ。KEIHIN NSX CONCEPT-GTはレース終盤のアクシデントにより94周でマシンを止め、16周遅れの12位完走扱いという結果でした。レース後の塚越広大のコメントです。

塚越広大「シーズンオフのテストではいい感じで走れていたのですが、レースウィークを通して、期待していたパフォーマンスを発揮できませんでした。予選では、固めのタイヤを選択したこともあり、Q1を突破することができませんでした。

それでも決勝では、苦しい中でもいいレースをすることができていたと思います。最初のスティントでは混戦状態の中で他のマシンと接触したり、すごく大変な戦いだったのですが、何とかしのぎ切って、小暮さんにつなぐことができました。

その後、クラッシュによりセイフティカーが入ったのですが、僕たちのピットストップのタイミングと重なっていたために、ガソリンが持つのかどうか危ないところだったのですが、ギリギリのタイミングでピットに入ることができました。結果的に、非常にいいタイミングでピット作業ができました。

最後のスティントはペースがよく、8号車を抜いて8番手に上がり、さらに前を走る15号車にもどんどん近づいていきました。93周目の最終コーナーで仕掛けたのですが、うまく抜くことができず、接触してリタイアに終わってしまいました。

現在のマシン状況などを考えれば、ベストのポジションまで上がることができていたと思いますので、最後のオーバーテイクをうまく決めることができたら......と残念な気持ちでいっぱいです。今回の富士では追い抜きやタイヤの選択など、いくつかの課題がありました。今回の教訓を必ず活かし、今後のレースではしっかりと結果を残さなければならないと強く思っています」

gt160504023L.jpg5月4日、富士スピードウェイでスーパーGT第2戦「FUJI GT 500km RACE」の決勝が行われ、KEIHIN NSX CONCEPT-GTは12位でした。

予選12番手のKEIHIN NSX CONCEPT-GTは塚越広大がスタートドライバーを務めレース序盤は10番手。そして、32周目あたりから1回目のピットストップが始まると、33周目にピットに入りタイヤ交換と給油作業を済ませ小暮選手に交代しました。

レース中盤、KEIHIN NSX CONCEPT-GTは再び10番手につけます。しかし、72周目に、1台のマシンの左リアタイヤがバーストし、破損したマシンのパーツがコース上に散乱。回収のためセーフティカーが導入されました。

レース再開は78周目。リスタートと同時にKEIHIN NSX CONCEPT-GTは2回目のピットストップを行い、塚越広大に交代してレース終盤は8番手を走行していましたが、他車との接触によりマシンにダメージを受けてガレージへ。チェッカーを受けることはできませんでしたが、12位完走扱いとなりました。

なお、第3戦は5月21日(土)、22日(日)に大分県のオートポリスで開催される予定でしたが、熊本地震による震災の影響で中止が決定しました。そのため、次戦は宮城県のスポーツランドSUGOで開催される第4戦となり、7月23日(土)に予選、24日(日)に決勝が行われます。

1  2