News/ニュース

2014年4月アーカイブ

sf2014rd01f.jpg4月13日、三重県の鈴鹿サーキットで、スーパーフォーミュラ第1戦の決勝が行われ、HP REAL RACINGの塚越広大は14位だった。

注目の決勝レースは曇り空のもと15時にスタート。14番グリッドの広大は、オープニングラップで1つポジションを上げたが、8周目にチームメイトのヴィタントニオ・リウッツィ選手にパスされて14番手となった。

15周目、逆バンク付近で1台のマシンがスピンしてコースを塞ぐような形でストップ。ここでセーフティカーが導入される。このタイミングで広大を含む多くのマシンがピットストップを行った。

リスタート後、広大は11番手を走行していたが、マシンにダメージを負っていたため再度ピットへ。ガレージでトラブルを修復後、コースに復帰。5周回遅れでフィニッシュし、14位という結果に終わった。

「スタートして1周目のシケインで他のマシンと接触し、インテイクにダメージを受けてしまいました。そのためストレートで他のマシンよりも時速10kmも遅いスピードで走らなければなりませんでした。ピットに入り、修理しようとしたのですが、完全に直すことができず、苦しい、苦しい開幕戦になってしまいました。

それでもレースを最後まで走り切り、たくさんの有益なデータをとることができました。また決勝のラップタイムを見ると、トラブルを抱えていたにもかかわらず、いいペースで走ることができました。ロングランのペースは悪くないんです。普通に走ることができれば、入賞することはできたと思います。これは次のレースに向けて、明るい話題です。

まだまだライバルとの差はありますし、予選のタイムを上げることなどの課題もありますが、開幕戦を最後まで走ったことは今後につながっていくと思います」

2014sf01q.jpg 4月12日、三重県の鈴鹿サーキットでスーパーフォーミュラ第1戦の予選が行われ、HP REAL RACINGの塚越広大は予選14番手だった。

今季、スーパーフォーミュラはシャシーとエンジンが一新され、シャシーはダラーラ社製のSF14となり、エンジンは2リッター直列4気筒直噴ターボになった。

予選はノックアウト方式で、3つのセッション(Q1、Q2、Q3)で構成され、Q1の上位14台がQ2へ、Q2の上位8台がQ3へと進むことができる。

午前中に行われたフリー走行で広大は11番手。ホンダ勢では最速となる1分38秒538をマークした。注目の予選は13時50分にスタート。広大はQ1を13番手で通過しQ2へと進み、Q2では1分38秒509とQ1の自身のタイムを上回ったがポジションは14番手。決勝は14番グリッドからスタートすることになった。

2014gt012.jpg4月6日、岡山県の岡山国際サーキットで、スーパーGT第1戦の決勝が行われた。

7番手スタートのKEIHIN NSX CONCEPT-GTは金石選手がスタートを担当。オープニングラップで2台がスピンするなど混乱もあったが、KEIHIN NSX CONCEPT-GTはうまくすり抜け序盤は6番手を走行する。

18周目前後からはコースの一部で雨が降り始めラップペースが一時落ちるが、ほとんどのマシンがドライタイヤのまま走行。雨はすぐに止み、KEIHIN NSX CONCEPT-GTはレース中盤にピットストップを行った。

全車がピット作業を終えたレース後半、塚越広大がドライブするKEIHIN NSX CONCEPT-GTは再び6番手のポジションで、順位に変動はなくそのままフィニッシュした。

「新しいマシンが導入された今シーズンの最初のレースでしっかりと完走し、(6位に入賞して)ポイントを獲得することができました。もっと上位を狙っていたので悔しい気持ちはありますが、まずまずのスタートを切れたと思います。

ただレース中はマシンのバランスがうまく決まらず、苦しい展開となりました。昨年まではレース中に自分でブレーキバランスやスタビライザーの調整できたのですが、今年からはそれができなくなりましたので、自分なりにドライビングで対応しようとしました。いろいろなトライをしたのですが、思うようにタイムを上げることができませんでした。

次の富士(5月3日~4日)までに、マシンに関してはやるべきことがまだまだたくさんあ ります。前向きに考えれば、のびしろはありますので、チームやホンダさんと協力しながら、確実にパフォーマンスを向上させるようにベストを尽くしたいと思います」

2014gt01.jpg2014年スーパーGT第1戦が、4月5日に岡山県の岡山国際サーキットで開幕し予選が行われ、KEIHIN NSX CONCEPT-GTは予選7番手だった。

予選はノックアウト方式で、塚越広大と金石選手のKEIHIN NSX CONCEPT-GTは、Q1を金石選手が担当して7番手タイムをマーク。上位8台で争われるQ2進出を決めた。

Q2では広大がタイムアタックを行い、ベストタイムは1分20秒176で予選7番手。決勝では7番グリッドからスタートすることになった。

「気温が下がったことで、選択したタイヤの部分で、トップとのタイム差が開いてしまいました。決勝ではポジションを上げていかなければいけませんが、このサーキットでの合同テストでは調子が良かったので、明日も積極的にプッシュしていきます」

今週末(4月5日~6日)、岡山国際サーキットでスーパーGTの開幕戦が行われ、国内のモータースポーツのシーズンが始まります。今シーズンもKEIHIN REAL RACINGに所属し、ニューマシンのHonda NSX CONCEPT-GTの17号車をドライブする塚越広大。開幕戦の岡山に向けて、以下のようにコメントしています。

「ついに2014年シーズンの国内のモータースポーツシーズンがスーパーGTの岡山からスタートします。岡山に関しては、昨年は2位になっていますし、過去3年間は表彰台に上がることができています。僕たちにとってはすごく相性のいいサーキットです。今シーズンのGTはクルマがまったく新しくなりますので、とにかく完走することが第一の目標ですが、最終的には表彰台を争えるポジションでフィニッシュしたいですね。そしてチャンピオン獲得に向け、いい形でシーズンをスタートできたらいいと思っています。皆さん、応援をよろしくお願いします」

1