News/ニュース

2006年10月アーカイブ

10月22日、ツインリンクもてぎで塚越広大のマカオGP出場が発表された。イタリアのチームからダラーラ・メルセデスのパッケージに参戦が予定されている広大。昨年はフォーミュラ・ルノー(FR)でマカオに出場しているが、今年のレースについて、こう目標を語っている。

「昨年はFRで3位になりましたが、自分の力を十分に発揮できなかった。今年はいい流れでレースをして、上位を狙いたいですね。それに今シーズンは全日本F3でも思い通りの成績を残せなかったので、その分、マカオではがんばります」。

10月22日、全日本F3の最終戦がツインリンクもてぎで開催された。広大はスタートでやや遅れたが、3位で1コーナーに飛び込む。しかし3コーナーでF・カルボーンと接触し、コースアウトを喫する。幸いコースに復帰するが、トップからは周回遅れになってしまう。広大は地元もてぎのレースを最後まで走りきるが、13位という不本意な結果に終わってしまう。

広大はレース後、「昨日はスタートがうまくいったので、同じように決めたかったのですが、アクセルを踏みすぎたようで、ちょっと失敗してしまいました。それでも3番手で1コーナーに進入できたので、そこから挽回しようと思っていたので、残念ですね。本当にいい形でシーズンを締めくくりたかったのですが…。今年の経験を糧に、来年ももてぎに帰ってきたいと思います」。

10月21日、快晴のツインリンクもてぎで全日本F3選手権の最終イベント(第17戦&第18戦)の予選セッションが開催され、広大は第17戦が1分46秒517で3番手、第18戦はPPからコンマ1秒遅れの1分45秒888で2番手になっている。

広大はセッション後、「今回の予選は接戦でした。ちょっとしたミスがありましたが、マシンの手ごたえは悪くない。チームの雰囲気もいいですよ。決勝では優勝を目指します」と語っている。

10月21日、午前中の予選に続いて、午後に全日本F3選手権の第17戦が開催され、予選3番手からスタートした塚越広大は2位でフィニッシュした。今回のレースでは「今季最高のスタートだった」と本人が語るように、1コーナーまでに2位に上がり、トップのマシンをテール・トゥ・ノーズで追いかける展開となった。しかし、あとわずかのところでトップに立つことができず、結局、2位のままでゴールしている。

広大はレース後、「最高のスタートを切って、前半戦でトップに立つつもりでしたが、石浦選手はミスをしなかった。僕もミスはなかったのですが、追い抜くことはできませんでした。悔しいですが、次のレースは勝ちますよ!」と語っている。

ホンダが年に1回開催する恒例のモータースポーツイベント『Honda Racing THANKS DAY』。今年も11月26日、ツインリンクもてぎで行われ、塚越広大がゲスト出演します。

このイベントは、F1マシン、インディカー、スーパーGT、MOTOGPなど、ホンダのモータースポーツ活動に携わるドライバー、ライダー、マシンが一堂に集結します。お時間のある方は、是非、お越しください。

詳細は以下のとおり。

Honda Racing THANKS DAY
【会場】 ツインリンクもてぎ(栃木県芳賀郡茂木町桧山120-1)
【開催日】 2006年11月23日(木)祝日 ※雨天決行
【時間】 8:30 イベント開始、17:00 終了予定

ホームページ:http://www.honda.co.jp/enjoyhonda/thanksday2006/

1