News/ニュース

2019年9月アーカイブ

9月29日、岡山県の岡山国際サーキットで2019全日本スーパーフォーミュラ選手権第6戦の決勝が行われ、REAL RACINGの塚越広大は14位でした。

スタート時のタイヤ選択は分かれ、予選17番手の塚越広大はソフトタイヤを装着してスタート。4周目には14番手に上がりました。

8周目、スピンした車両がグラベルにストップしたためセーフティカー導入へ。塚越広大は13番手でセーフティカーランを行っていました。今回は特別規則により、先頭車両が10周目の第1セーフティカーラインを交差する前に行ったタイヤ交換は、タイヤ交換義務を果たしたことにならないため、セーフティカーラン中の10周目終了時に塚越広大を含む多くのマシンがピットストップへ。塚越広大はミディアムタイヤに交換して、翌周もう一度ピットに入って再度ソフトタイヤに交換。2種類のタイヤ使用義務も果たして、15番手でコースに戻りました。

レースは13周目に再開。他車のピットストップで14番手に上がった塚越広大はしばらくポジションをキープしていましたが、前車から少しずつ離され逆に後続のマシンが近づいていました。33周目、他車のトラブルにより13番手に上がりましたが、38周目に1台にパスされて14番手に後退。終盤、さらに1台にパスされましたが、ファイナルラップで1台がストップし14位でフィニッシュしました。なお、レースは予定周回数の68周を前に最大規定時間1時間30分を迎えたため66周でチェッカーとなっています。

9月28日、岡山県の岡山国際サーキットで2019全日本スーパーフォーミュラ選手権第6戦の予選が行われ、REAL RACINGの塚越広大は17番手でした。

今大会の予選は通常のノックアウト方式とは一部異なるフォーマットで行われました。コース全長が短く、全20台が出走するQ1でのトラフィックの問題を緩和するため今回はQ1を10台ずつの2つのグループに分け、それぞれの上位6台がQ2に進出。Q2以降は通常どおりで、Q2の上位8台がQ3へと進みます。前日の抽選の結果、塚越広大はQ1のBグループに出走しました。

Q1はミディアムタイヤでのアタックが義務付けられていますが、塚越広大は1分15秒118でBグループの9番手でセッションを終え予選17番手。決勝は17番グリッドからスタート予定です。

gt190922005L.jpg9月22日、宮城県のスポーツランドSUGOでスーパーGT第7戦「SUGO GT 300km RACE」の決勝が行われ、塚越広大とベルトラン・バゲット選手のKEIHIN NSX-GTは5位でした。

スタート進行の頃から霧雨が降り始め多くのマシンがウェットタイヤを選ぶなか、GT500クラスではポールポジションのKEIHIN NSX-GTを含む4台がスリックタイヤを装着して、レースはセーフティカー先導でスタートしました。その間にも雨は降り続き路面はウェットタイヤが優勢な状況へ。セーフティカーは3周目終了時に退きレースは4周目から本格的に始まりましたが、スリックタイヤでは厳しく、塚越広大がスタートドライバーを務めるKEIHIN NSX-GTは1コーナーで3台にパスされると、このラップで12番手まで後退しました。

9周目、KEIHIN NSX-GTはウェットタイヤに交換して14番手でコースに復帰。22周目には12番手を走行していましたが、レース距離が1/3を過ぎた27周目から他チームのピットストップが始まると、コースに留まっていたKEIHIN NSX-GTは8番手に浮上しました。38周目、グラベルでストップしたマシン回収のためセーフティカーが導入され各クラスごとに隊列を整え、43周目終了時にセーフティカーが退きレース再開。7番手のKEIHIN NSX-GTはリスタートと同時にルーティンのピットストップを行い、バゲット選手に交代して8番手でコースに戻りました。その後、2回目のタイヤ交換を行うチームやペースが上がらないマシンもあるなか安定したラップを重ねたKEIHIN NSX-GTは52周目に6番手に浮上し、終盤に1つポジションを上げて5位でフィニッシュしました。

塚越広大「予選に関しては前回のオートポリス同様に走り始めから調子がよく、Q1ではバゲット選手が3番手タイムでQ2進出を決めました。Q1終了後、バゲット選手とは『翌日の決勝は雨になるかもしれないのでポールポジションは取りたいね』と話して、Q2のアタックに臨みました。Q2でもマシンのフィーリングはよく、NSX-GTの性能を存分に引き出すことができ、コースレコードをマークして2戦連続でポールを獲得することができました。

決勝ではスタートでスリックタイヤを装着したこともあり、序盤から厳しいレース展開になってしまいました。それでもレインタイヤに履きかえてからのペースはよく、5位まで順位をあげることができました。優勝を狙えたはずなので、もちろん反省する点はあります。しかしチーム一丸となって5位までポジションを上げて、しっかりとポイントを獲得することができたということは、大きな意味があったと思っています。

今回のレース終了時点で、僅差ではありますが、ホンダ勢の中では最上位です。後半戦に入り、マシンの調子はすごくいいので、最終戦のもてぎでは今度こそ勝利をつかみ取りたいです。そのためにチームとともに万全の準備をしていきます」

Photo : Honda

9月21日に宮城県のスポーツランドSUGOで、2019スーパーGT第7戦「SUGO GT 300km RACE」の予選が行われ、塚越広大とベルトラン・バゲット選手のKEIHIN NSX-GTは2戦連続でポールポジションを獲得しました。

予選はノックアウト方式で、GT500クラスでは全車が出走するQ1の上位8台がQ2に進出できます。KEIHIN NSX-GTはバゲット選手がQ1を担当し、1分10秒535の3番手でQ2に進みました。

Q2では塚越広大がアタックを行い、残り2分をきって1分09秒676でトップに立つと最後まで他車に更新されることなく、KEIHIN NSX-GTが2戦連続、今季2度目のポールポジションを獲得しました。

9月21日~22日、宮城県のスポーツランドSUGOでスーパーGT第7戦「SUGO GT 300km RACE」が開催されます。塚越広大とベルトラン・バゲット選手のKEIHIN NSX-GTは前戦オートポリスでは予選でポールポジションを獲得し、2位表彰台にあがっています。この勢いに乗って、塚越広大は「スポーツランドSUGOでは優勝を狙っていきます」と力強く語っています。

「前回のオートポリスは予選から圧倒的な速さがあったので、決勝の2位という結果はうれしさ半分、くやしさ半分という気持ちです。でも、レース直前にマシンにトラブルが出たり、決勝では天候がコロコロ変わり難しい状況になりましたが、きちんと結果を出せたのはチームの強さだと思っています。

スポーツランドSUGOはチームのメインスポンサーであるKEIHINさんの工場が宮城県にあり、たくさんの従業員の方が毎年応援に来てくれます。皆さんの声援に応えるためにも、ぜひとも結果を残したいです。8月の公式テストでもいいタイムを出せましたので手ごたえを感じています。チーム一丸となって優勝を目指し、全力で戦っていきたいと思っています」

1  2