News/ニュース

2015年6月アーカイブ

gt150621006H.jpgスーパーGT第3戦タイで、塚越広大と武藤選手のKEIHIN NSX CONCEPT-GTは3位入賞。この結果、現在ドライバーズランキングはトップから11ポイント差の6位、チームランキングでKEIHIN REAL RACINGは5位に上がりました。レース後の塚越広大のコメントです。

「土曜日のフリー走行でトラブルが発生したためにほとんど走れず、十分な準備をできないままに予選を迎えましたが、Q1でトップタイムを出すことができました。僕は武藤さんにつなぐことだけを考えて、集中して走っていたのですが、このトップという結果でフリー走行を走れずに不安に感じていたチームのみんなも『行ける!』と思ったはずですし、いい流れをもたらすことができたと思います。

決勝にはタイのKEIHINさんの応援団がたくさん駆けつけてくれたので、すごく気合いが入りました。スタートドライバーは武藤さんが担当し、6番手で僕がコースに戻りました。決勝のペースは、スティントの前半はあまりよくありませんでしたが、徐々にペースを上げることができ、レース終盤に3位争いのグループに追いつきました。そして2台を抜いて、今季初の表彰台を獲得することができました。

武藤さんと一緒に表彰台に上がるのは初めてのこと。第3戦で武藤さんと表彰台を獲得できて、今後にいい弾みがついたと思います。これからもふたりで力を合わせて、チャンピオンを目指して戦っていきます」

gt150621001H.jpg6月21日にタイ、ブリーラムのチャーン・インターナショナル・サーキットでスーパーGT第3戦「BURIRAM SUPER GT RACE」の決勝が行われ、塚越広大と武藤選手のKEIHIN NSX CONCEPT-GTは3位に入りました。

7番手スタートのKEIHIN NSX CONCEPT-GTは武藤選手がスタートを担当。オープニングラップで8番手に後退しましたが、10周目には早くも4番手まで浮上して、31周目にピットストップを行いました。その後、GT500クラス全車がピットストップを終えた38周目の段階で、広大がドライブするKEIHIN NSX CONCEPT-GTは6番手のポジション。そして、43周目に上位のマシンがリタイアし5番手に上がりました。

KEIHIN NSX CONCEPT-GTの前方では、3番手を争う2台のマシンがいましたが、広大はこれらより速いペースで周回を重ね追いつくと、KEIHIN NSX CONCEPT-GTを含む4台による争いになりました。その集団のなかで広大は56周目、57周目に1台ずつ攻略し3番手に浮上。集団を抜け出すと最後は後続との差を広げて、KEIHIN NSX CONCEPT-GTは3位チェッカーを受け、今季初の表彰台に上がりました。

gt150620006H.jpg6月20日、タイ・ブリーラムのチャーン・インターナショナル・サーキットで、スーパーGT第3戦の予選が行われ、塚越広大と武藤選手のKEIHIN NSX CONCEPT-GTは予選7番手でした。

予選はノックアウト方式で行われ、Q1の上位8台がQ2に進めます。

KEIHIN NSX CONCEPT-GTはQ1を広大が担当し、1分25秒549のトップタイムでQ2進出を決めました。

Q2では武藤選手がアタックを行い7番手となり、KEIHIN NSX CONCEPT-GTは7番グリッドから決勝レースに臨みます。

塚越広大「公式練習ではマシントラブルでしっかり走ることができず、少し不安を残しながらの予選となりました。Q1に向けて数少ないデータをもとにセットを変えましたが、それが奏を功しました。マシンはとても素直でしっかりプッシュできたので、よい予選になったと思います。ここはオーバーテイクできるサーキットですし、明日は昨年同様に現地KEIHINの大応援団が来てくれるので、かっこいいところを見せて優勝を目指します」

screen20150615.jpgプロフィールに、パーソナルQ&Aを追加しました。

http://www.tsukakoshikoudai.net/profile/

1