News/ニュース

2012年10月アーカイブ

スーパーGT第8戦ツインリンクもてぎは、他車と接触しリタイアに終わったKEIHIN HSV-010。レース後、広大はスーパーGTのシーズンを振り返り、次のようにコメントしています。

「他のマシンに接触されたのをモニターで見ていたのですが、それほど大きなダメージがあるとは思えませんでした。でもピットでマシンを調べてみると、かなり大きなダメージがありました。それでもスタッフの方が懸命にマシンを修復してくれて、いったんコースに出たのですが、無理だと判断しました。最終戦がこんな結果に終わってしまって、すごく残念です。シーズン終盤の悪い流れを断ち切ることができず、噛み合わないままでシーズンが終わってしまった印象です」

「マシン自体は悪くなかったと思います。開幕の1~2戦もいいパフォーマンスを発揮できていましたし、鈴鹿1000kmでもトップを快走することができていました。いい流れをつかみそうになるのですが、トラブルで結果を残せなかったりと、本当に歯車がうまく噛み合わないシーズンでした」

「でも今は、悪いことは今回のレースですべて出尽くしたと前向きに考えています。フォーミュラ・ニッポンの最終戦(11月3日~4日)ではきっちりと結果を残し、チャンピオンのタイトルをつかみ取りたいです。そして富士でのJAFグランプリ(11月16日~18日)で、もう一度、スーパーGTのマシンに乗るチャンスがあるので、そこでは本来の力をきっちりと出したいと思います。引き続き、応援をよろしくお願いします!」

10月28日、栃木県のツインリンクもてぎでスーパーGT第8戦の決勝が行われた。

朝のフリー走行はドライコンディションで行われたものの、決勝の天候は雨。セーフティカー先導でレースは始まった。予選10番手のKEIHIN HSV-010は金石選手がスタートドライバーを担当。一時は8番手までポジションを上げたが、20周目に他車と接触。追突されたマシンはダメージを負ってしまう。

KEIHIN HSV-010は、ピットで修復作業を行い再度コースインしたもののマシンの状態は厳しくレース続行は不可能で、シリーズ最終戦は惜しくもリタイアという結果に終わった。

10月27日、栃木県のツインリンクもてぎで、スーパーGT第8戦が開幕し予選が行われた。

今季のレギュレーションにより、ドライバー2人が同じチームで参戦8戦目になるとウエイトハンデが撤回されるため、GT500クラスでは36号車以外のマシンはノーウエイト。予選はノックアウト形式で行われた。

KEIHIN HSV-010は、Q1で広大が4番手タイムをマークしてQ2へと進んだが、Q2は10番手でQ3には進めず。決勝レースは予選10番手からスタートする。

SEVと広大のコラボ商品の発売が決定しました。ネックレス型のSEVルーパーtypeMに、広大のオリジナルキャラクター「こーでゅい」のイラストと名前が刻まれた逸品です。日常生活からスポーツする時まで、どんなシチュエーションにも合う、シンプルなデザインになっています。SEVオフィシャルオンラインショップ限定販売で、数がなくなり次第販売終了となりますので、購入希望の方は以下までお問い合わせを!

商品名 : SEVルーパーtypeM 塚越広大選手コラボレーションモデル

価格 : 29,400円(税込)

問い合わせ:http://www.sev-online.jp/shopdetail/002000000008/


「モータースポーツを通してクルマやバイクの魅力を伝えていく」ことを目指し、2006年から開催されている『モータースポーツジャパンフェスティバル』。日本最大級のモータースポーツイベントが、今週末の10月20日(土)~21日(日)、東京都のお台場特設会場で行われます。広大は、メーカー対抗カートリレーなどのプログラムに登場する予定になっています。入場料は無料(一部有料エリアがあります)ですので、お時間のある方は、ぜひ会場に足を運んでみて下さい。イベントの詳細は以下の通りです。詳しくはイベントの公式ウェブサイトをご覧ください。

名称モータースポーツジャパン2012 フェスティバル イン お台場
MOTORSPORT JAPAN 2012 Festival in ODAIBA
日程2012年10月20日(土)~21日(日)
開催時間9:00~17:00(2日間共通)
会場東京 お台場特設会場
青海地区NO区画(青海臨時駐車場)青海地区K区画(青海西臨時駐車場)
および公園地区(プロムナード)、近隣商業施設
入場料無料(一部有料エリア有)
公式ウェブサイトhttp://www.motorsport-japan.com/

1  2