News/ニュース

2009年3月アーカイブ

3月22日、2009年スーパーGT開幕戦が岡山国際サーキットで行われ、広大のドライブするKEIHIN REAL NSXは5位入賞を飾った。前日の予選で7番グリッドから決勝レースに臨 むことになったREAL NSX。日曜日の決勝は雨となり、ウェットコンディションの中で始まった。レース序盤、REAL NSXのスタートドライバーを務める金石年弘選手が安定したペースで ラップを刻み周回を重ねていく。REAL NSXはピットインのタイミングを遅らせる作戦で、多くのマシンがピット作業を終えてもコースに留まり続け2番手まで順位を上げて、51周を終えたところでピットイン。給油とタイヤ交換のルーティン作業を行い、広大が金石選手からステアリングを引き継ぎピットアウトした。

コースに復帰するとREAL NSXは5番手のポジションに。冷えた状態のタイヤで走るアウトラップは非常に滑りやすく、慎重に1周を走り終えた広大は、タイヤが温まるにつれてペースアップ。難しいウェットコンディションとなったGT初レースを5位でフィニッシュした。広大はレース後、このように語っている。

「初めてのGTレースということで、やっぱり緊張もしました。それに雨という難しいコンディションになりましたが、年弘さんがかなり引っ張ってくれましたので、僕は30周ぐらいドライブするだけでした。とにかく最後まで走ってゴールするという目標を達成できましたし、開幕戦で入賞し、ポイントもきちんと取ることができました。これからもスーパーGTでは確実に入賞を重ねていきたいです。再来週にはフォーミュラ・ニッポンも富士で開幕します。そこでも、いい結果を残したいと思います」

3月21日、岡山国際サーキットで今シーズンのスーパーGT選手権が開幕した。ドライとなった土曜日、予選1回目で1分25秒791の8番手タイムをマークしたREAL NSXは、上位8台が1台ずつタイムアタックを行い、 トップ8グリッドを決めるスーパーラップに進出。広大が乗り込み、GT500クラスで最初にタイムアタックを行った。ここでマークしたタイムは1分26秒156。その後、トップタイムは更新されREAL NSXは7番グリッドから決勝に臨む ことになった。

「今回、予選でアタックドライバーをやらせてもらいました。まだまだ攻め切れなかった部分もありましたが、自分の持っている力を出すことができ、スーパーラップにも残ることができましたので、とりあえず課題はクリアできたと思います」と広大はセッション終了後に語っている。



3月13日〜14日、ツインリンクもてぎで今年になって2回目となるフォーミュラ・ニッポン(FN)の合同テストが開催された。前回の富士では雪のために、十分な走行ができなかった広大。「もてぎではたくさん走って、いろいろ試したいですね」と語っていたように、初日は午前と午後で約90周を走りこみ、総合で8番手となる1分34秒731のベストタイムをマークした。翌日は朝から強い雨となり、コースアウトやスピンするマシンが続出する。広大も午前のセッション開始直後にコースアウト。マシンがダメージを受けてしまい、その修復のために午前のセッションはほぼ走行できずに終わる。それでも午後には天候も徐々に回復し、広大も精力的に走行を重ねる。最終的には1分48秒523のベストタイムをマークしている。広大は今回のテストをこのように振り返っている。

「富士のテストではいい感触をつかめましたが、もてぎではちょっと歯車が噛み合わないような感じでした。初日は新しいマシンに合わせて、自分なりに考えて、いろいろドライビングを試してみました。でも2日目は、コース上の川に乗ってしまいスピンを喫し、いきなりマシンをぶつけてしまいました。それからは、自分自身の走りができませんでしたね。あとクラッシュした時に、ちょっと手首もいためてしまったこともあり、自分のリズムで走れませんでした。でもマシンのセッティングはいろいろ試すことができました。今回のテストの内容を頭の中で一回整理しなければなりません。それで気持ちを切り替え、今週の岡山でのスーパーGT開幕戦(決勝3月22日)に臨みます」

3月7日〜8日、岡山国際サーキットでスーパーGTの公式テストが開催された。今シーズン、17号車のKEIHIN NSXをドライブし、金石年弘選手とともにスーパーGTに初めてフル参戦する広大。2日間のテストで広大と金石選手がステアリングを握る17号車のベストタイムは1分26秒677。GT500クラスで総合14番手という結果に終わっている。広大は最初のテストを終えて、このように語っている。

「とりあえず、最初のテストで大きなトラブルもなく、無事に終えることができました。2日間のテストではロングランやタイヤの比較を行い、2日目の午後には新品タイヤでタイムアタックの練習もすることができました。僕自身、GTのマシンにも慣れてきましたし、タイヤの温め方など、いろいろ学ぶことがありました。でもマシンも僕自身も詰めるところがまだまだあると思います。GTはフォーミュラと異なり、ひとりで戦うレースではありませんので、これからも年弘さんや勝智さんからいろいろ学んで、もっとマシンを速く走らせるように頑張っていきます」

3月3日〜4日、富士スピードウェイでフォーミュラ・ニッポンの第1回合同テストが開催された。しかしテスト期間中、富士の周辺は雪が降っており、3日の午後のセッションと4日は午前・午後ともにキャンセルされた。結局、テストは3日の午前中だけとなった。広大も「トータルで1時間ぐらいしか走れなかったと思います」と語っていたが、今回から投入された09年仕様のタイヤを装着して1分24秒023のベストタイムをマーク。総合6番手となっている。広大は今回のテストについて、こう語っている。

「雪のためにあまり走れませんでしたが、チームスタッフのみんながいろいろと改良してくれたので、前回のシェイクダウンの時に比べて、マシンの動きがすごく良かったですね。走り始めから、すごくフィーリングが良かったです。今回あまり走れなかったので、次回のもてぎではレースに向けてロングランをしたり、いろんなメニューをこなしたいです」

なおもてぎでの第2回公式合同テストは、以下のスケジュールで行われる。
3月13日(金):9:00〜12:00、14:00〜17:00。
3月14日(土):9:00〜12:00、14:00〜17:00。

1  2