News/ニュース

スーパーフォーミュラの最近のニュース

9月29日、岡山県の岡山国際サーキットで2019全日本スーパーフォーミュラ選手権第6戦の決勝が行われ、REAL RACINGの塚越広大は14位でした。

スタート時のタイヤ選択は分かれ、予選17番手の塚越広大はソフトタイヤを装着してスタート。4周目には14番手に上がりました。

8周目、スピンした車両がグラベルにストップしたためセーフティカー導入へ。塚越広大は13番手でセーフティカーランを行っていました。今回は特別規則により、先頭車両が10周目の第1セーフティカーラインを交差する前に行ったタイヤ交換は、タイヤ交換義務を果たしたことにならないため、セーフティカーラン中の10周目終了時に塚越広大を含む多くのマシンがピットストップへ。塚越広大はミディアムタイヤに交換して、翌周もう一度ピットに入って再度ソフトタイヤに交換。2種類のタイヤ使用義務も果たして、15番手でコースに戻りました。

レースは13周目に再開。他車のピットストップで14番手に上がった塚越広大はしばらくポジションをキープしていましたが、前車から少しずつ離され逆に後続のマシンが近づいていました。33周目、他車のトラブルにより13番手に上がりましたが、38周目に1台にパスされて14番手に後退。終盤、さらに1台にパスされましたが、ファイナルラップで1台がストップし14位でフィニッシュしました。なお、レースは予定周回数の68周を前に最大規定時間1時間30分を迎えたため66周でチェッカーとなっています。

9月28日、岡山県の岡山国際サーキットで2019全日本スーパーフォーミュラ選手権第6戦の予選が行われ、REAL RACINGの塚越広大は17番手でした。

今大会の予選は通常のノックアウト方式とは一部異なるフォーマットで行われました。コース全長が短く、全20台が出走するQ1でのトラフィックの問題を緩和するため今回はQ1を10台ずつの2つのグループに分け、それぞれの上位6台がQ2に進出。Q2以降は通常どおりで、Q2の上位8台がQ3へと進みます。前日の抽選の結果、塚越広大はQ1のBグループに出走しました。

Q1はミディアムタイヤでのアタックが義務付けられていますが、塚越広大は1分15秒118でBグループの9番手でセッションを終え予選17番手。決勝は17番グリッドからスタート予定です。

8月18日、栃木県のツインリンクもてぎで2019全日本スーパーフォーミュラ選手権第5戦の決勝が行われ、REAL RACINGの塚越広大は18位でした。

決勝はフォーメーションラップでエンジンストールしたマシンがピットスタートに。さらに、1周の走行を終えグリッドにつく直前に2台がエンジンストールして赤旗が提示されました。この2台は最後尾グリッドにまわり、エキストラフォーメーションラップを行い、決勝は1周減算され51周になりました。

20番グリッドの塚越広大はソフトタイヤを装着してスタート。オープニングラップで12番手に浮上、2周目に10番手しました。一方でオープニングラップから早くもピットストップを行うマシンもあり順位は大きく変動。塚越広大は7番手を走行していた20周目にピットストップを行いました。再びソフトタイヤを装着した塚越広大は、コース復帰後、27周目には8番手に浮上して38周目に2回目のピットストップへ。最後はミディアムタイヤを装着して17番手でコースに戻りましたが、終盤に1台にパスされて18位でした。

「今回のもてぎに向けては、事前にチームとともにセットアップについていろいろ話し合って、それをトライしてみたのですが、結果としては走り始めからパフォーマンスの向上につながりませんでした。予選で20番手となってしまったので、レースでは2ストップ作戦を選択して、少しでも前に行こうと思っていました。でも、自力の速さがなく、物足りない結果に終わってしまいました。もてぎが終わり、今シーズンは残り2戦となってしまいましたが、次の岡山(決勝9月29日)では、まずは予選での一撃の速さを見せられるようにしたい。それができれば、決勝でのペース向上にもつながっていくと思っています」

8月17日、栃木県のツインリンクもてぎで2019全日本スーパーフォーミュラ選手権第5戦の予選が行われ、REAL RACINGの塚越広大は20番手でした。

予選はノックアウト方式で行われ、全車が出走するQ1の上位12台がQ2へ。Q2の上位8台がQ3へと進むことができます。塚越広大はQ1で1分34秒765の20番手。Q1で予選を終え、決勝は20番手からのスタート予定です。

sf190714026L.jpg7月14日、静岡県の富士スピードウェイで2019全日本スーパーフォーミュラ選手権第4戦の決勝が行われ、REAL RACINGの塚越広大は18位でした。

朝からの雨は一度は止んでいましたが、スタート進行時から再び降り始め路面は完全なウェットコンディション。決勝は全車ウェットタイヤを装着してセーフティカー先導で始まりました。セーフティカーは3周目終了時に退き、4周目からレースは本格的にスタートしました。予選11番手の塚越広大は序盤はポジションをキープしていましたが、少しずつ順位を下げて20周目には16番手、レース半ばの27周目には17番手に後退しました。34周目、塚越広大はピットに入ってタイヤ交換。再びウェットタイヤを装着して18番手でコースに戻りました。レースは55周の予定でしたが、その前に規定時間95分を迎え53周目終了時でチェッカーとなり、塚越広大は18位でした。

レース後に広大は以下のようにコメントしています。

「予選に関しては今回も(11番手と)まずまずのポジションを獲得することができましたが、決勝は苦しい展開となりました。復帰してからずっとオーバーステアに悩まされており、その対策をするためにチームとともに話し合いを続けてきましたが、今回の雨のレースでもセットアップが万全とはいきませんでした。 加えて、僕たちとしてはドライになっていくことを期待してマシンをセットアップしていたのですが、コンディションもうまくはまりませんでした。そのためにタイヤの摩耗に苦しみ、予定外のタイヤ交換を強いられることになってしまいました。 スタートからゴールまで、本当に厳しいレースとなりました。そんな中で完走して得たデータをセットアップが少しでもいい方向に行くように生かさなければならないと思っています」
Photo : Honda

1  2  3  4  5  6  7