News/ニュース

スーパーフォーミュラの最近のニュース

2021_SF_R5_017.jpg

8月29日(日)の栃木県・ツインリンクもてぎで全日本スーパーフォーミュラ選手権の第5戦の決勝レースが行われました。予選のQ2でマシントラブルのためにタイムアタックできず12番グリッドからのスタートになった塚越広大は、決勝のセットアップに手ごたえを感じており、入賞を目指してレースに臨みました。

しかし、好スタートを決めてポジションアップを目指して矢先にクラッシュに巻き込まれ、残念ながらリタイアに終わりました。「マシンは好調だったのですが、予選でも決勝でも完全燃焼できず、本当に悔しい」とレース後の塚越広大はコメントしています。

「前回のSUGOでは速さを発揮することができず、昨年の走行データを見直し、もてぎの前にチームとともにミーティングを重ねて、セットアップの方向性を見直してレースに臨みました。チームがしっかりと準備をしてくれたおかげで、今回のもてぎは走り始めからいいフィーリングで、タイムも悪くなかったと思います。

フリー走行の時から細かいトラブルがあったのですが、予選のQ1は4番手で通過することができました。でもQ2のアタックの際にシフトが変更できないというトラブルに見舞われ、タイムアタックできないままに予選を終えることになりました。マシンにはQ3に進めるだけのパフォーマンスがあったと思いますので、すごく残念でした。

でも決勝に向けてのセットアップも感触がよく、入賞を目指してレースに臨みました。スタートがうまく決まり、5コーナーから並走してポジションを上げることができていたと思いますが、スピンしたマシンに突然前を塞がれる形となり、避けることはできませんでした。

チームとしっかりと準備できたおかげで、今回はマシンの状態がよかったのですが、予選でも決勝でも最後まで戦うことができず、本当に悔しい思いがあります。でもマシンの競争力は明らかに向上し、自分もチームも得るものは大きかったです。

次のレースの出場は未定ですが、チャンスが来た時にいつでも力を発揮できるようにしっかりと準備をしていきます」

2021_SF_R5_117.jpg

8月29日、栃木県のツインリンクもてぎで、全日本スーパーフォーミュラ選手権第5戦の決勝が行われ、塚越広大はリタイアでした。

塚越広大は前戦に続いて、タチアナ・カルデロン選手の代役としてThreeBond Drago CORSE(スリーボンド・ドラゴコルセ)から参戦しました。

予選13番手の塚越広大は、他車のグリッド降格があり12番グリッドからのスタートしました。しかし、1周目のV字コーナーで、他車との接触によりハーフスピン状態になったマシンがコースを塞ぐような形となり、行き場を失った塚越広大はクラッシュ。軽く跳ね上がったマシンはダメージを負っており、そのまま直進してグラベルで止めてマシンを降りました。

2021_SF_R5_008.jpg

8月28日、栃木県のツインリンクもてぎで、全日本スーパーフォーミュラ選手権第5戦の予選が行われ、塚越広大は13番手でした。

塚越広大は前戦に続いて、タチアナ・カルデロン選手の代役としてThreeBond Drago CORSE(スリーボンド・ドラゴコルセ)から参戦しました。

予選はノックアウト方式でQ1は2つのグループに分けて行い、それぞれの上位7台がQ2に進出。続くQ2も2組に分けて行い、各グループの上位4台がQ3に進出します。

塚越広大はQ1グループBに出走して、1分32秒552をマークして4番手でQ2進出を決めました。しかし、Q2ではトラブルに見舞われ、まともにアタックできずタイムは1分46秒413で7番手。Q3には進めず予選13番手でした。

2021_SF_R3_062.jpg

8月28日(土)~29日(日)に全日本スーパーフォーミュラ選手権の第5戦がツインリンクもてぎで開催されます。塚越広大は第3戦のオートポリス、第4戦のスポーツランドSUGOに続いて、タチアナ・カルデロン選手に代わってThreeBond Drago CORSEから参戦することが決まりました。レースに向けて、塚越広大のコメントです。

「今回のもてぎもThreeBond Drago CORSEから参戦することが決まり、3戦連続となります。やっぱり抜擢していただいた以上、何としても結果を出さなければならないと思っています。

雨のオートポリスでは入賞圏内で走行できましたが、前回のSUGOではいいところを走れずに、すごく悔しい思いをしました。もてぎに向けてはチームとともにミーティングを重ね、セットアップについても僕の考えをしっかりと伝えています。

もてぎではいい走りができると思いますし、しなければなりません。チームのために全力で戦い、ポイントを獲得して、道上さんに恩返しをしたいです」

sf210620001_024H.jpg

6月19日~20日、スーパーフォーミュラ第4戦が宮城県のスポーツランドSUGOで行われ、塚越広大は前戦のオートポリスに続いてタチアナ・カルデロン選手の代役としてThreeBond Drago CORSE(スリーボンド・ドラゴコルセ)から参戦しました。

ウェットとなった土曜日の予選は16番手、ドライコンディションとなった決勝も16位でフィニッシュ。残念ながら入賞することはできませんでした。

「前戦のオートポリスはリタイアに終わりましたが、ウェットでの感触はよく、入賞圏内を走行することができました。オートポリスの時のような光る走りをSUGOでも再現することを目指していたのですが、難しいレースになってしまいました。ウェットでの土曜日の予選はいろいろなことを試し、セットアップを調整していきました。いい感触の時もあったのですが、安定せず、タイムを出すことができませんでした。ドライコンディションになった日曜日も限られた時間の中でいろいろと調整していきました。ちょっとずついい方向に行っていたと思いますが、予選の時と同様に安定しませんでした。原因はほんの小さいことだと思いますが、その積み重ねが大きな差となってしまうのが現在のスーパーフォーミュラです。ひとことで言うと、僕たちのマシンは地力が足りませんでした。今回は残念な結果に終わってしまいました。ここで学んだことを、今後に生かしていきたいと思います」

Photo : © Honda


1  2  3  4  5  6  7