News/ニュース

スーパーGTの最近のニュース

新型コロナウイルスの感染拡大によって国内外のモータースポーツは開催の延期や中止が余儀なくされています。塚越広大もスーパーGTのイベントやテストが延期となり、自宅待機という形になっています。そこで本人に今、どんな気持ちで日々を過ごしているのかを聞いてみました。

Q:新型コロナウイルスの影響でスーパーGTの開催は延期となっています。現在はどのように過ごしているのですか?
「開幕戦の岡山が延期になって、その後、変更スケジュール検討案が発表されました。それによると7月11日(土)〜12日(日)に開幕戦が岡山で行われることになっていますが、いつでも走れるように準備しておかないといけませんので、まずは体調管理をしっかりとすること。トレーニングに関しては行けるところが限られていますので、基本的には家の中でやっている状況になります。あとは最近、シミュレーターを自宅に導入しましたので、それで練習をしています」

Q:これまでの岡山で2回テストをしていますが、新しいNSX-GTの印象を教えてください。
「これまで岡山でメーカーテストと合同テストをそれぞれ1回ずつしています。ニューマシンは2回目のテスト(3月14日〜15日)でGT500クラスの専有走行で、(ベルトラン・)バゲットがトップタイムをマークしました。リザルト的にも良かったですが、ロングに関しては他メーカーのマシンが速そうだったので、そのあたりの課題はまだありそうです。もう少し詰めていかなければと思っています。
新しいFRのNSX-GTは、これまでのミッドシップのマシンとドライブしたフィーリングとあまり変わっていないんです(笑)。僕自身、もう少し変わるのかなと思っていたのですが、それほど大きな違いはありません。ただ、タイヤの摩耗に関しては全然違いますので、そこはもっとデータを蓄積していく必要があると思っています。テストが開催されたら、まずタイヤの使い方にフォーカスしてやっていこうと思っています」

Q:スーパーGTを統括するGTA(GTアソシエイション)の発表では、6月27日(土)〜28日(日)に富士スピードウェイでテストが開催予定と発表されていますが、それ以外のスケジュールは立っているのですか?
「イベントやテスト、チームやスポンサーの方とのミーティングなど、あらゆるスケジュールが延期となっています。チームとはメールや電話で連絡を取り合っていますが、今のところ確定的なスケジュールは何もありません。今は早くこの新型コロナウイルスが終息して、一日でも早くレースをしたい、車を走らせたいという気持ちが強いし、レースができることに対してあらためて感謝の気持ちが芽生えています。
昨年、スーパーフォーミュラのシートがなくなった時に、スーパーフォーミュラに乗れることがどんなに幸せなことなのかとあらためて感じました。ましてや今は自分が乗る乗れないという問題ではなく、もっと大きな問題に世界中の人が直面しています。今はそれぞれが自分のできることをやって、元の生活が一日でも早く戻るようにしていくことが大切だと思っています。
今回の新型コロナウイルスの感染拡大によって、人々の生活が大きく変わり、あらためて気づかされたり、再発見することがあったると思っています。僕は少しでも多くの人が、レースは面白いよね、レースがある日常が早く戻ってほしいと思ってくれたらうれしいなと感じています」

Q:ところで新型コロナウイルス感染拡大の影響で在宅勤務や自宅待機をする人が増えていますが、どんなふうに息抜きをしているのですか?
「僕はひたすら掃除をしていますね(笑)。もともと月に1回、大掃除をすることを決めていました。僕にとってやらなければならないことを後回しにするのが一番のストレスなんです。大掃除というのは一年間さぼっていた掃除を年末にまとめてするわけですよね。だったら毎日掃除していたら、年末の大掃除は必要ないですよね。だから最低でも月に1回は大掃除しようと心がけていたので、それができる日が増えたのかなと思っています」

Q:最後にファンの方のメッセージをお願いします。
「僕たちのレースが延期になりましたが、それよりも今は世界が大変な状況になっていますので、早く新型コロナウイルスが終息してほしいという気持です。繰り返しになりますが、そのためにできることをそれぞれがやって、乗り越えていかなければならないと思っています。
今回の経験が僕たちレース関係者はもちろんですが、すべての人にとって新しいアイデアを見つけたり、生み出すためのいいきっかけになるかもしれません。例えばスーパーGTでもスケジュールや開催方法などを再考するためのいいチャンスになるかもしれません。僕自身も日常生活が戻った時に自分がひとつステップアップした状態で過ごせるようになったらいいなと前向きに考え、日々を過ごしています。
レースに関してはまた皆さんにお会いして、再び走ることを本当に楽しみにしています。まずは皆さんが新型コロナウイルスに感染しないように体調管理をしっかりとして、気を付けて過ごしてほしいと願っています。そしてファンの皆さんと再びサーキットで会えるのを楽しみにしています」

202001201.jpg1月10日、Hondaが2020年のモータースポーツ参戦体制と普及活動計画について発表を行い、塚越広大は今シーズンもKEIHIN REAL RACING(ケーヒン・リアル・レーシング)に所属し、ベルトラン・バゲット選手とともに17号車の新型NSX-GTをドライブすることになりました。発表後、ホンダは東京オートサロンで『2020 SUPER FORMULA / SUPER GTキックオフミーティング』を開催。その会場で、塚越広大に今シーズンに賭ける意気込みを聞きました。

「2020年もKEIHIN REAL RACINGに所属することになり、これで12年目のシーズンとなります。バゲット選手とコンビを組むのは2年目となりますが、ホンダ勢ではラインナップが変わらない唯一のチームとなります。僕たちは昨シーズン終盤、強さと速さを見せられたと思いますので、その勢いを2020年につなげていきたいです。

2020年はマシンの駆動方式が変わり、新たにFRのNSX-GTをドライブすることになります。僕たちは積極的にチャレンジしていかなくてはならないと思っていますが、チームを引っ張っていき、ホンダとともにチャンピオン獲得を目指していきます。引き続き応援をお願いします。

スーパーフォーミュラに関しては。参戦に向けて活動を続けています。現時点では発表できることはありません」

なお、塚越広大は東京オートサロンで11日(土曜日)、12日(日曜日)にイベントに出演することが決まっています。ぜひ会場にお越しの方は、ぜひ足を運んでください。詳細は以下の通りです。

●KEIHIN REAL RACINGトークショー
日時1月12日(日曜日)13:00~
場所ホンダ・ブース
内容KEIHIN REAL RACINGの金石勝智監督、ベルトラン・バゲット選手、塚越広大の3人が2020年シーズンの抱負を語ります。

●N-ONE OWNER'S CUP年間表彰式
日時1月11日(土曜日)12:30~
場所ホンダ・ブース
内容Hondaの軽自動車「N-ONE」によるナンバー付きワンメイクレース "N-ONE OWNER'S CUP"の表彰式のプレゼンターをつとめ、トークショーもおこないます。

●塚越広大トークショー
日時1月11日(土曜日)15:00~
1月12日(日曜日)15:00~
場所GENDAI OILブース(北ホール10)
内容2019年を振り返るとともに、2020年シーズンの意気込みなどを語ります。

●塚越広大×フォーミュランド・ラー飯能トークショー
日時1月11日(土曜日)11:00~/17:00~
1月12日(日曜日)11:00~
場所GENDAI OILブース(北ホール10)
内容塚越広大がオーナーを務めるフォーミュランド・ラー飯能でカートレースを始め、ステップアップを目指す若手ドライバーとのトークショーを行います。

TOKYO AUTO SALON 2020
https://www.tokyoautosalon.jp/2020/

202001202.jpg塚越広大は2020年シーズンもKEIHIN REAL RACINGに所属し、新型NSX-GTをドライブすることが発表されましたが、現在、幕張メッセで開催中のTOKYO AUTO SALONでKEIHIN REAL RACINGの金石勝智監督、ベルトラン・バゲット選手、塚越広大の3人がトークショーを行います。TOKYO AUTO SALONにご来場の方は、ぜひホンダ・ブースまで足を運んでください!

●KEIHIN REAL RACINGトークショー
【日時】1月12日(日曜日)13:00~
【場所】ホンダ・ブース
【内容】KEIHIN REAL RACINGの金石勝智監督、ベルトラン・バゲット選手、塚越広大の3人が2020年シーズンの抱負を語ります。

TOKYO AUTO SALON 2020
https://www.tokyoautosalon.jp/2020/

gt191124_021L.jpg11月24日、SUPER GT x DTM 特別交流戦のレース2が富士スピードウェイで開催されました。ウェットコンディションで行われた予選でREAL RACINGの塚越広大6番手。決勝はグリッド降格のマシンがあり5番手からスタートしました。レース後半には2番手に浮上しましたが、終盤のリスタート後に集団の中で他車と接触してマシンを止めました。

「予選はレインでフィーリングは悪くなかったですが、1回目はアタックするタイミングが悪くレース1と同様に6番手になりました。それでもグリッド降格があり、5番手スタートになりました。

レースではペースがよく、前半から中盤にかけて順調にポジションを上げて2番手まで浮上しました。そのままトップの選手と一騎打ちに持ち込めば勝てるチャンスは十分にあったと思います。でもセイフティカーをうまく利用することができませんでした。

リスタート後のAコーナーの競り合いで他車と接触し、クルマにダメージを受けてリタイアに終わってしまいました。残念な結果に終りましたが、DTMとの初めてのレースで自分なりにパフォーマンスを発揮できたと思います。

これで今シーズンのレースはすべて終わりました。みなさん応援ありがとうございました」

Photo : Honda

IMG_2306.JPG日本初のSUPER GT x DTM 特別交流戦が富士スピードウェイで開催され、11月23日にレース1の予選と決勝が行われました。雨となった予選でREAL RACINGの塚越広大6番手でした。決勝は曇り空の中でスタートし、オープニングラップを5番手で終えた塚越広大は序盤からオーバテイクを繰り返し序盤に2番手に浮上。終盤、セーフティカーが導入されリスタート後、トップのマシンを追いましたが2位でフィニッシュ。表彰台に上がりました。

「雨の予選では最初のアタックではうまくポジションを取ることができませんでしたが、決勝に向けて6番手につけることができました。

決勝は微妙なコンディションでチームやエンジニアとギリギリまでミーティングをして、ドライタイヤを履いて、セットアップはドライとウエットの中間で行くことを決めました。レースでのペースはよく2番手まで順位を上げ、終盤にセイフティカーが導入され、再開された後はトップのニック(・キャシディ)を追いかけましたが、届きませんでした。

今回は日本での日本初のDTMとの交流戦になりましたが、これからどんどん交流を深めてほしいと思っています。個人的には、子どもの頃に憧れていたゲルハルト・ベルガーさんからトロフィーを渡していただいて、すごく嬉しかったです」

1  2  3  4  5  6  7