News/ニュース

スーパーGTの最近のニュース

Rd5_race_047.jpg

9月12日(日)、スーパーGT第5戦『SUGO GT 300km RACE』の決勝が宮城県のスポーツランドSUGOで開催されました。塚越広大とベルトラン・バゲット選手がドライブするAstemo NSX-GTは、今大会で優勝した12号車と争う場面もありましたが、最終的には3位でゴール。今シーズン2度目の表彰台に立ちました。レース後の塚越広大は以下のようにコメントしています。

「今回は予選でQ1を担当することになり、Q2に進出することが僕の役目で、それを果たすことができました。Q2を走行したバゲット選手も4番手のタイムを出し、いい流れで決勝に臨むことができました。

重いサクセスウェイトにもかかわらず、決勝は3位表彰台でフィニッシュすることができ、結果としては悪くなかったと思います。ただ今回のSUGOでは前のマシンを追いつき、ポジションを上げるだけのペースがありませんでした。

タイヤ交換をした後、35周目には12号車に追い抜きを仕掛けたのですが、ポジションを上げることができませんでした。その後、フルコースイエロー(FCY)の解除のタイミングでの再スタートに手間取り、タイトルを争うライバルに先行され、そこから抜き返すことができませんでした。決勝のペース改善が僕たちにとっての課題だと思います。

結果的に、課題と反省の多いレースになってしまいました。それでもランキングではチャンピオンを狙える位置につけていると思います。次のオートポリス(決勝10月24日)も、サクセスウェイトが重くても上位入賞できるチャンスがあるサーキットです。僕たちにとってはチャンピオンを獲得する上で重要な一戦になります。今回の反省を生かして、しっかりと結果を残せるようにしっかりと準備していきます」

Photo : © GTA


Rd5_race_046.jpg

9月12日、宮城県のスポーツランドSUGOで2021スーパーGT第5戦の決勝が行われ、塚越広大とベルトラン・バゲット選手のAstemo NSX-GTは3位でした。

昨年は新型コロナウイルスの影響で中止され、SUGOでのスーパーGT開催は2年ぶりです。現在、30ポイントを獲得してシリーズランキング5位につけるAstemo NSX-GTはサクセスウエイト60kg。予選4番手からバゲット選手がスタートドライバーを務めました。

Astemo NSX-GTは序盤は4番手。15周目の3コーナーで12号車をパスして3番手に浮上。20周目に1つポジションを落としましたが、21周目に再び3番手に上がり、29周目にピットストップを行いました。

塚越広大に代わったAstemo NSX-GTは、全車ピットストップを終えた段階で3番手を走行していましたが、47周目に最終コーナーでエンジンから出火して止まった車両回収のためセーフティカー導入へ。これで、後続との間に築いていた10秒以上のマージンはなくなりました。また、首位の車両がドライブスルーペナルティで後退し、Astemo NSX-GTは2番手に上がって55周目にレースは再開されました。

リスタート後もAstemo NSX-GTは2番手をキープ。しかし、64周目に1コーナー手前でストップした車両回収のために導入されたフルコースイエロー(FCY)の解除のタイミングでAstemo NSX-GTの加速が鈍り後続にパスされて3番手に後退。その後は順位に変動はなくAstemo NSX-GTは3位でフィニッシュして、今シーズン2度目の表彰台に立ちました。

Photo : © GTA


9月11日、宮城県のスポーツランドSUGOで2021スーパーGT第5戦の予選が行われ、塚越広大とベルトラン・バゲット選手のAstemo NSX-GTは4番手でした。

現在、30ポイントを獲得してシリーズランキング5位につけるAstemo NSX-GTはサクセスウエイト60kgで今大会に臨みます。予選はノックアウト方式で、GT500クラスでは全車が出走するQ1の上位8台がQ2に進出できます。

Astemo NSX-GTはQ1を塚越広大が担当して1分10秒617をマークして7番手でQ2進出を決めました。Q2ではバゲット選手がアタックを行い1分10秒279で4番手。Astemo NSX-GTは予選4番手でした。

9月11日~12日、2021 AUTOBACS SUPER GT第5戦『SUGO GT 300km RACE』が、宮城県のスポーツランドSUGOで行われます。昨年は新型コロナウイルスの感染拡大により開催が中止になったために、SUGOでは2年ぶりの開催となります。

チャンピオンを狙う塚越広大は「今回のSUGOと次のオートポリスがタイトル争いでは非常に重要となります。SUGOでは悪くても表彰台に上がらなければならないと思っています」と語り、SUGOでの活躍を誓っています。

「SUGOはシーズンの5戦目となり、後半戦のスタートとなります。ここまでの前半戦を終えてドライバーランキングで5位に位置につけていますが、今回のSUGOと次のオートポリス(10月23日~24日)がチャンピオンを争ううえで非常に重要になると思います。

特にSUGOはサクセスウェイトがあるマシンでも上位で戦えるサーキットだと思っています。サクセスウェイトの効果が出やすいストレート区間が短いので、コーナーを速く抜けることができれば勝機は十分にあります。もちろん優勝を目指しますが、最低でも表彰台でフィニッシュする。そしてランキングの首位、あるいは上位につけてシーズンを戦うようにしなければならないと思っています。

前回の鈴鹿では7位でフィニッシュしましたが、もっと上位でゴールできるだけのクルマのポテンシャルはありました。鈴鹿のようなクルマのポテンシャルがあれば、SUGOでは本当にいいレースができるはずです。鈴鹿以上にいい成績が出せると思っていますので、チームとともにしっかりと戦っていきたいです」

Rd3_race_017.jpg

8月21日、22日に鈴鹿サーキットで開催されたスーパーGT第3戦。塚越広大とベルトラン・バゲット選手のAstemo NSX-GTはサクセスウエイト52kgで臨み予選6番手、決勝は7位でした。レース後の塚越広大のコメントです。

「鈴鹿は予選でから調子が良くて、チームとしては久しぶりにQ1を突破してQ2に進出することができました。決勝もサクセスウェイトはありましたが、ポテンシャルは感じました。

レースではスタートをバゲット選手が担当し、ピットインの際にバゲット選手とは異なるタイヤを装着しました。ペースは決して悪くなかったのですが、16号車に前をふさがれて、いい流れをつかむことができませんでした。また1号車との接触もあり、マシンの空力パーツが破損してダウンフォースを失い、タイヤの摩耗も進んでしまいました。その結果、マシンのポテンシャルを引き出せませんでした。でも、やっぱり接戦の中でいい流れが作れなかったことが響きました。重いマシンで7位でフィニッシュしてしっかりとポイントを稼げたことは大きいですが、もっと上位でゴールできたはずなので、悔しいレースになりました。

まだまだチャンピオンは狙えるポジションにつけていますので、これからのレースはしっかりとチームともに準備していきたいと思います」

Photo : © GTA


1  2  3  4  5  6  7