News/ニュース

スーパーGT第8戦富士を終えて

11月28日に静岡県の富士スピードウェイで2021スーパーGTのシリーズ最終戦となる、第8戦『FUJIMAKI GROUP FUJI GT 300km RACE』の決勝レースがで開催されました。塚越広大とベルトラン・バゲット選手のAstemo NSX-GTは予選10番手、決勝はリタイアでした。

この結果、塚越広大とベルトラン・バゲット選手はドライバーズランキング6位、Astemo REAL RACINGはチームランキング5位でシーズンを終えました。レース後の塚越広大のコメントは以下のとおりです。

「最終戦はフリー走行の走りだしから、マシンがそれほど決まっていたわけではなく、セットアップに苦労しました。それでも、いろいろと細かくセットを詰めていき、予選のQ1までにはマシンのバランスがだいぶよくなってきました。ただ満足するレベルまでマシンを仕上げることができませんでした。その結果、Q1を突破することができませんでした。

でも決勝は何が起こるかわかりません。さらにマシンのバランスを調整し、タイトル獲得のためにしぶとく最後まで走り切ろうという気持ちで臨みました。実際にレースは予期せぬ展開となりましたが、僕たちもアクシデントでリタイアに終わってしまいました。本当に残念ですし、悔しい気持ちしかありません。

2021年シーズンを振り返ると、昨年同様に常にチャンピオンを意識しながら1年間を戦うことができたのは良かったです。ただ、ポイントポイントで反省すべき点がいろいろあり、シーズンを通して好調をキープできませんでした。まさに最終戦の富士がそうだったと思います。シーズンを通して安定して強さを発揮できること。そこをチームとともに改善して、また来シーズンに臨みたいと思っています」