News/ニュース

スーパーGT第8戦富士はリタイア

Rd8_race_028.jpg

11月28日、静岡県の富士スピードウェイで2021スーパーGT第8戦の決勝が行われ、塚越広大とベルトラン・バゲット選手のAstemo NSX-GTはリタイアでした。

今季最終戦となる第8戦は規定によりサクセスウエイトはなく全車ノーウエイト。予選10番手のAstemo NSX-GTはバゲット選手がスタートドライバーを担当しました。

オープニングラップで11番手に後退したAstemo NSX-GTは、3周目の最終コーナーで前車のイン側からオーバーテイクを仕掛けましたが、さらにアウト側にいたマシンも含め、3台が絡んでスピン。このアクシデントによりマシンを破損したAstemo NSX-GTはスロー走行でピットに戻りましたが、修復不可能でリタイアしました。

この結果、塚越広大とベルトラン・バゲット選手はドライバーズランキング6位、Astemo REAL RACINGはチームランキング5位でシーズンを終えました。

Photo : © GTA