News/ニュース

スーパーGT第3戦鈴鹿、予選6番手

0821_007.jpg

8月21日、三重県の鈴鹿サーキットで2021スーパーGT第3戦の予選が行われ、塚越広大とベルトラン・バゲット選手のAstemo NSX-GTは6番手でした。

第3戦鈴鹿は当初は5月29、30日に開催予定でしたが、新型コロナウイルスの影響で延期。第4戦もてぎが先に開催され、今シーズンの4大会目として行われました。

現在、26ポイントを獲得してシリーズランキング5位につけるAstemo NSX-GTはサクセスウエイト52kg(燃料流量リストリクターを1段階絞って実搭載は35kg)で臨みました。予選はノックアウト方式で、GT500クラスでは全車が出走するQ1の上位8台がQ2に進出できます。

雨も心配されましたが予選セッションは曇り空のドライコンディションでスタート。Astemo NSX-GTは塚越広大がQ1を担当して、1分46秒028の7番手でQ2進出を決めました。Q2ではバゲット選手のアタックにより1分46秒155で6番手。Astemo NSX-GTは予選6番手という結果でした。

Photo : © GTA