News/ニュース

スーパーGT第1戦岡山は5位

0411_Race_021.jpg

4月11日、岡山県の岡山国際サーキットで2021スーパーGT第1戦の決勝が行われ、塚越広大とベルトラン・バゲット選手のAstemo NSX-GTは5位でした。

予選9番手のAstemo NSX-GTはバゲット選手がスタートドライバーを担当して、7周目には7番手に浮上しました。直後の8周目、ヘアピンの内側でストップした車両回収のためセーフティカーが導入され、レースは13周目に再開されました。リスタート後もAstemo NSX-GTは7番手を走行。29周目からはピットストップを行うマシンも次第に現れていましたが、33周目にGT300車両がクラッシュしてストップ。ここで、多くのマシンが一斉にピットに向かいました。

ピットロードが大混雑するなか、Astemo NSX-GTもピットストップを行い、後半を担当する塚越広大は7番手でコースに戻りました。レースは40周目に再開され、塚越広大は42周目に6番手に上がると少しずつ前車との差をつめて62周目から5番手争いを展開。そして、68周目にパスしてAstemo NSX-GTは5位でフィニッシュしました。

Photo : © GTA