News/ニュース

今年初のスーパーGT公式テストを終えて

i-FXJXgGt-X3.jpg

3月6日~7日、今年初めてのスーパーGT公式テストが岡山国際サーキットで開催されました。両日ともに曇りのドライコンディションでの走行になりましたが、各チームのタイム差は非常に接近していました。新たに赤いAstemoカラーとなったHonda NSX-GTをドライブした塚越広大とベルトラン・バゲット選手は2日間で約260周を走行しました。ベストタイムは初日の1分18秒512でした。塚越広大はシーズン初の公式テストを終えて、以下のようにコメントしています。

「今年初めての公式テストが開幕戦の舞台となる岡山で行われましたが、タイムは非常に僅差になりました。僕たちの17号車は、カラーリングは新しくなりましたが、マシンに関しては今シーズンは開発が制限されています。細かい部分をどう煮詰めていけるのかがポイントになると思います。僕たちの課題は、昨シーズンは気温の低い時に十分なパフォーマンスを発揮できなかったことだと思っています。そこを改善し、さらにマシン全体を熟成させることを目指しています。チャンピオンを獲得するためには開幕戦(4月10日~11日)で優勝することが大事になってきます。テストのタイム差を見ると、ミスの許されない熾烈な勝負になると思っています。今回のテストのデータをチームとともに見て、これから開幕戦までしっかりと準備を進めていきたいと思います」

Photo : © GTA