News/ニュース

スーパーGT第7戦もてぎ、予選10番手

1107_qualify006.jpg

11月7日、栃木県のツインリンクもてぎで2020スーパーGT第7戦の予選が行われ、塚越広大とベルトラン・バゲット選手のKEIHIN NSX-GTは10番手でした。

予選はノックアウト方式で、GT500クラスでは全車が出走するQ1の上位8台がQ2に進出できます。

レギュレーションにより第7戦はハーフウエイトでの一戦。現在、45ポイントを獲得してドライバーズランキング4位のKEIHIN NSX-GTはウエイトハンデ45kg。Q1はバゲット選手が担当して1分37秒328で10番手、Q2には進めず予選を終えました。

塚越広大「予選はQ1を突破できず厳しい結果になりましたが、もてぎはウエイトハンデが反映しやすいコースです。結果は受け止めていますが、マシンのフィーリングはいいです。日曜日は気温も暖かくなりそうなので、自分たちのマシンやタイヤに合っていると思います。タイトル獲得に向けて、しっかりと結果を出したいと思います」

Photo : © GTA