News/ニュース

スーパーGT第6戦鈴鹿は予選9番手

1024_qualify_006.jpg

10月24日、三重県の鈴鹿サーキットで2020スーパーGT第6戦の予選が行われ、塚越広大とベルトラン・バゲット選手のKEIHIN NSX-GTは9番手でした。

予選はノックアウト方式で、GT500クラスでは全車が出走するQ1の上位8台がQ2に進出できます。

現在、ドライバーズランキング3位で44ポイントを獲得してウエイトハンデが累計88kg(積載ウエイトと燃料リストリクター制限が3段階)のKEIHIN NSX-GTはQ1を塚越広大が担当しました。

Q1はアタック中の1台がクラッシュして赤旗中断となり、残り5分でセッションは再開されました。ここで塚越広大は1分46秒529をマークしてQ2進出圏内にいましたが、最後に他車がタイム更新して9番手。Q2には進めず、KEIHIN NSX-GTは予選9番手でした。

Photo : © GTA