News/ニュース

スーパーフォーミュラ第2戦岡山、予選14番手

line_66860811135314.jpg

9月27日、岡山県の岡山国際サーキットで、全日本スーパーフォーミュラ選手権第2戦の予選が行われ、塚越広大は14番手でした。

塚越広大は、タチアナ・カルデロン選手の代役として第2戦にスリーボンド・ドラゴコルセ(ThreeBond Drago CORSE)から参戦しました。

今季のスーパーフォーミュラは予選と決勝を同日に行うワンデー開催です。予選はノックアウト方式ですが、全車が出走するQ1は開幕戦に続いて2組に分けて実施。それぞれの上位7台がQ2に進出し、Q2の上位8台がQ3に進みます。塚越広大はQ1グループB(10台)に出走しました。

塚越広大はQ1で1分13秒695の6番手タイムをマークしてQ2進出。Q2では1分13秒644で14番手となって、午後に行われる決勝では14番グリッドからのスタート予定です。