News/ニュース

スーパーGT第8戦もてぎ、5位

gt191103001L.jpg11月3日に栃木県のツインリンクもてぎで、2019スーパーGT最終戦、第8戦「MOTEGI GT 250km RACE」の決勝が行われ、塚越広大とベルトラン・バゲット選手のKEIHIN NSX-GTは5位でした。

予選5番手のKEIHIN NSX-GTは塚越広大がスタートドライバーを担当。オープニングラップで4番手に上がると、6周目に1台をパスして3番手にポジションアップ。しかし、19周目に1つ順位を下げて再び4番手になりました。レース距離の1/3を過ぎた19周目から早くも数台がルーティンピット作業に向かいましたが、KEIHIN NSX-GTはしばらく走行を続け暫定トップに浮上。そして、24周目にピットストップを行いバゲット選手に交代しました。5番手でコースに戻ったKEIHIN NSX-GTはアウトラップで6番手に後退。ポジションキープの走行が続いていましたが、40周目に4番手走行中のマシンがトラブルで急遽ピットイン。KEIHIN NSX-GTは1つ順位を上げて5位でフィニッシュしました。

この結果、塚越広大とベルトラン・バゲット選手はドライバーズランキング6位、KEIHIN REAL RACINGはチームラインキング7位でシーズンを終えました。

「最終戦もてぎでは予選はQ2を担当しました。今回はレクサス勢の速さが際立っていましたが、それに対抗できるようにチームとともにベストを尽くしました。バゲット選手がQ1を突破し、僕が担当したQ2ではミスなく走り5番手でした。

決勝はスタートドライバーを担当することになりました。スタートはうまく行き、ポジションを2つあげて3番手で走行していきました。優勝を狙っていましたが、決勝でもレクサス勢のペースがよく、6号車にポジションを明け渡すことになりましたが、まずまずのペースで走行することができました。ただピットインのタイミングが予定通りにできずタイムをロスしてしまい、バゲット選手がコースに戻った時にはポジションを落としてしまい6番手となってしまいました。それでも最終的には予選と同じ順位の5位、ホンダ勢の中では最上位でフィニッシュすることができました。

今シーズンはいろいろ反省すべく点はありましたが、後半戦はいい走りもすることができました。優勝はできませんでしたが、2度のポールポジションを獲得し、NSX-GTの速さを引き出すことができました。ポイントランキングでもホンダとしては最上位の6位になれました。後半戦の勢いを来シーズンにつなげていきたいと思っています。今年も応援ありがとうございました」

Photo : Honda