News/ニュース

2019年5月アーカイブ

5月26日、三重県の鈴鹿サーキットで2019スーパーGT第3戦「SUZUKA GT 300km RACE」の決勝が行われ、塚越広大とベルトラン・バゲット選手のKEIHIN NSX-GTはリタイアでした。

予選8番手のKEIHIN NSX-GTはバゲット選手がスタートドライバーを務め序盤はポジションキープ。11周目に9番手に下がりましたが、17周目に1台をパスして8番手に戻りました。

17周目、130Rでコースオフしてクラッシュしたマシン回収のためセーフティカー導入へ。セーフティカーは22周目終了時に退きレース再開。同時にKEIHIN NSX-GTを含む多くのマシンがピットストップを行いました。

塚越広大に代わったKEIHIN NSX-GTは10番手でコースに復帰。全車がピットストップを終えた段階でKEIHIN NSX-GTは7番手を走行していました。しかし、31周目の最終コーナーでガードレールに接触しメインストレートに戻ってきて、コースサイドにマシンを止めてリタイアに終わりました。

塚越広大「今回のレースではQ1を担当しましたが、クルマの調子はよく、4番手タイムで通過することができました。Q2では小さなミスもあり8番手になり、残念な結果となりました。とはいえクルマの仕上がりには手ごたえを感じていましたので、期待を持って決勝に臨みました。

レース序盤はスタートのポジションと同様の8番手で周回を重ねることになりましたが、前のマシンを抜けそうで抜けないという、フラストレーションの溜まるレース展開となりました。一進一退の攻防の中、他のマシンのクラッシュによって17周目にセイフティカーがコースイン。数周にわたって走行し、セイフティカーがコースを離れるタイミングでピットインし、ドライバー交代をすることになりました。

僕がコースに戻った後も、1号車の後ろで走行することになり、チームにとっては前半戦と同様に自分たちのペースで走れない、我慢のレース展開となりました。そんな中、早く前に出たいという思いが、焦りを生んでしまいました。最終コーナーで1号車を追い抜こうとしてラインを変えた際にリアが滑り、コントロールを失いました。ガードレールに接触し、リタイアとなってしまいました。クルマのフィーリングが良かっただけに(前を抑えられて)冷静さを欠き、ドラビングミスにつながってしまいました。悔しいですし、チームにも申し訳ない気持ちです」

gt190525010L.jpg5月25日、三重県の鈴鹿サーキットで2019スーパーGT第3戦「SUZUKA GT 300km RACE」の予選が行われ、塚越広大とベルトラン・バゲット選手のKEIHIN NSX-GTは8番手でした。

予選はノックアウト方式で、GT500クラスでは全車が出走するQ1の上位8台がQ2に進出できます。KEIHIN NSX-GTは塚越広大がQ1を担当し、1分46秒350の4番手でQ2に進みました。Q2ではバゲット選手がアタックを行い1分46秒580で8番手。KEIHIN NSX-GTは予選8番手から決勝レースに臨みます。

Photo : Honda

塚越広大が6月の上旬に鈴鹿とツインリンクもてぎで開催されるふたつのサーキット走行会イベントにゲスト出演します。ともにナンバー付きの一般乗用車を使った走行会で、楽しみながらサーキット走行ができるイベントになっています。広大に直接ドライビングのテクニックを聞ける絶好のチャンスです。詳細は以下となっていますので、興味のある方はぜひご参加ください!

●ポテンザサーキットミーティング
開催日:6月1日(土曜日)
会場:鈴鹿サーキット南コース
問い合わせ先:http://www.procrews.co.jp/pcm/index.html

●もてぎチャレンジグランプリ
開催日:6月2日(日曜日)
会場:ツインリンクもてぎ国際レーシングコース
問い合わせ先:https://www.twinring.jp/challenge/

5月25日(土)~26日(日)、スーパーGT第3戦「SUZUKA GT 300km RACE」が鈴鹿サーキット(三重県)で開催されます。開幕からの2戦は悪天候もあり難しいレースを強いられましたが、塚越広大のドライブするKEIHIN REAL RACINGは前回の富士で5位入賞を果たしました。シーズン前半戦を締めくくる第3戦の鈴鹿を前に、塚越広大は「ここで大きくポイントを稼いで、中盤戦以降、波に乗っていきたい!」と力強く語っています。

「開幕からの2戦は、思うような結果を残せていないところがあります。それでもマシンのフィーリングはすごくいいですし、予選でも速さを見せることができていると思います。今回の鈴鹿は前半戦を締めくくる重要なレースとなります。タイトル獲得のためには、鈴鹿で上位入賞して大きくポイントを稼いで、中盤戦に臨めるようにすることすごく大事になります。そのために鈴鹿ではチーム一丸となって全力で戦います」

sf190519014L.jpg5月19日、大分県のオートポリスで2019全日本スーパーフォーミュラ選手権第2戦の決勝が行われ、REAL RACINGの塚越広大は15位でした。

天候も回復し曇り空のドライコンディションとなった決勝レース。スタート時のタイヤ選択は分かれ、6台がソフトタイヤ、その他はミディアムタイヤを選択。予選9番手の塚越広大はソフトタイヤを装着してグリッドに着きました。

塚越広大はスタートで7番手に浮上。1周目終了時から数台が早くもピットストップに入りました。2周目、スピンしたマシンがコース上にストップしたためセーフティカー導入へ。塚越広大はここでピットストップを行い11番手でコースに戻りました。

レースは8周目再開。リスタート後、ミディアムタイヤを履く塚越広大はソフトタイヤ勢とのバトルのなかで少しずつ順位を下げて16番手。終盤、1つポジションが上がり15位でフィニッシュしました。

塚越広大「今回のレースは悪天候のために十分に走行できないまま決勝を迎えることになりました。ただでさえ他の選手に比べて走行が少なかったうえに、戦略的にもうまく機能せず、厳しい復帰戦になってしまいました。そんな難しい状況の中でレースを最後まで走り切ることができ、SF19への理解を深めることができたのは大きな収穫でした。今回のレースを通して理解したことをチームとともにさらに進化させて、いち早く上位で戦えるようにし、結果として結びつけていかなければならないと思っています」

Photo : Honda

1  2