News/ニュース

2017年5月アーカイブ

sf170527015L.jpg5月28日、岡山県の岡山国際サーキットで全日本スーパーフォーミュラ選手権第2戦のレース2が行われ、REAL RACINGの塚越広大は16位でした。

日曜日のレース2の予選はノックアウト方式ですが他大会のようにQ3までではなく、Q1とのQ2の2つのセッションで、Q1の上位10台がQ2に進みます。塚越広大はQ1で1分18秒104の12番手でした。

レース2決勝は51周(188.85km)で、4本のタイヤ交換が義務付けられています。12番グリッドの塚越広大はスタートで出遅れ後退し、1周目終了時にタイヤ交換を行いました。その後は17番手を走行し、レース終盤に1台のマシンがコースアウトしてセーフティカー導入へ。1つポジションが上がり16位でフィニッシュしました。

sf170527013L.jpg5月27日、岡山県の岡山国際サーキットで全日本スーパーフォーミュラ選手権第2戦のレース1が行われ、REAL RACINGの塚越広大は11位でした。

今大会は2レース制で今大会は2レース制で土曜と日曜に、それぞれ予選・決勝が行われます。土曜日のレース1は、20分間の計時予選でセッション中のベストタイムの順でグリッドが決定し、決勝は30周(111.09km)でタイヤ交換義務はありません。

レース1予選で塚越広大のベストタイムは1分14秒387で12番手。決勝はオープニングラップでポジションを上げて、11位でフィニッシュしました。

今週末(5月27日〜28日)、全日本スーパーフォーミュラ選手権第2戦が、岡山県の岡山国際サーキットで開催されます。今回は2レース制が採用され、土曜日曜両日ともに予選・決勝が行われます。開幕戦の鈴鹿で6位に入賞し、幸先のいいスタートを切った塚越広大。岡山でさらなる好成績を目指しています。

塚越広大「岡山は昨年、第2戦で予選3番手でしたし、カテゴリーは違いますが、スーパーGT開幕戦でもいい感触で走れました。いいイメージを持って岡山には臨むことができますね。それに、先日のスーパーGTオートポリスで2位という結果を残すことができましたので、この流れに乗って、スーパーフォーミュラでもしっかりと結果を出したいと思っています」

170521_06.jpg昨年は熊本地震の影響で開催がキャンセルされ2年ぶりの開催となったオートポリスでの一戦。2017スーパーGT第3戦「SUPER GT IN KYUSHU 300km」で塚越広大と小暮選手のKEIHIN NSX-GTは、ピットスタートから2位表彰台という結果でした。「応援ありがとうございました。マシンとのシンクロ率400%超!」とレース後にツイートしていましたが、改めてレースを振り返りました。

塚越広大「今回、オートポリスでNSX-GTが速かったのはミッドシップウェイトハンデが15kg軽減されたこともありますが、それだけが理由ではないと思います。マシンの仕上がりが良かったことや、NSX-GTとオートポリスの相性がいいことなど、さまざまな要素が組み合わされて、いい結果が出たと思っています。

予選に関しては、アクシデントがなかったら、ポールポジションを争えるだけの速さはあったと思います。僕たちはピットスタートということになりましたが、アクシデントが発生し、6周目にセーフティカーが導入。ピットスタートのタイムロスが解消されたことで、チャンスが巡ってきました。とはいえ、小暮さんのスティントでは硬めのタイヤを使っていたこともあり、順位を上げることができませんでした。そこで22周目にピットインして、ファーストスティントよりも柔らかいタイヤを履いたのでコース状況にも合って、僕はポジションを上げることができました。

レース後半は激しいバトルもあり、残り5周ぐらいになってからはタイヤも厳しかったですし、最後はガス欠にもなりかけていました。何とかしのぎ切りましたが、あと1周あったら、2位にはなれていなかったと思います。自分で言うのもなんですが、すごく頑張りましたし、僕らしいレースができたと思います(笑)。オートポリスは僕自身も好きなコースです。マシンの調子も良かったし、ウェイトハンデが軽減されたこともあったので、勝たなければならないレースだったと思いますので、悔しい気持ちはあります。でも同時に、2位表彰台というのは与えられた状況の中では最良の結果だったとも思います。

次のスポーツランドSUGOもNSX-GTにとっては相性のいいサーキットのひとつです。かなりウェイトを搭載することになりますが、これからのシーズンを考えると、できるだけ上位でフィニッシュし、ポイントを稼ぐことが大事になってきます。またSUGOはチームを支えてくれるKEIHINさんの地元でもあるので、全力を尽くします」

gt170522001L.jpg5月21日、大分県のオートポリスで2017スーパーGT第3戦「SUPER GT in KYUSHU 300km」の決勝が行われ、塚越広大と小暮選手のKEIHIN NSX-GTは2位でした。

前日の予選でコースアウトし予選15番手のKEIHIN NSX-GTは、タイヤ交換を行いピットスタートへ。小暮選手がスタートドライバーを務め、GT500クラスに続いてGT300クラスがホームストレート通過後にコースインしました。5周目、クラッシュにより2台のマシンがコース上にストップ。ここでセーフティカー(SC)が導入され、SCラン中のホームストレートでGT500クラス、GT300クラスに隊列が整えられた後、14周目にレースは再開されました。

リスタート後も14番手を走行していたKEIHIN NSX-GTは、レース距離が1/3を過ぎると早めにピットストップを行い、チームの素早い作業でピットアウトしていたKEIHIN NSX-GTは、序盤に先行されていた2台をピットストップで逆転。また、レース後半を担当する塚越広大も34周目の1コーナーで2台をまとめてオーバーテイクするなど着実にポジションを上げていて、GT500クラス全車がピットストップを終えた42周目には5番手に浮上しました。

そして、100号車を先頭にした3番手争いに追いついたKEIHIN NSX-GTは、45周目の1コーナーで46号車をオーバーテイクして4番手に浮上。さらに、首位争いをしていた1号車のストップにより52周目には3番手となったKEIHIN NSX-GTは、53周目の1コーナーで100号車に並びサイド・バイ・サイドのままヘアピンまで続いたバトルを制して2番手に上がりました。KEIHIN NSX-GTは燃料を使い切るほどのハードプッシュを続け、ファイナルラップではペースダウンをしましたが、ポジションを守りきってフィニッシュ。今シーズン初の表彰台に上がりました。




SUPER GT OFFICIAL WEBSITE

1  2