News/ニュース

2016年11月アーカイブ

scnkok20162017.jpgファンの皆さんからの質問に塚越広大が答えるスペシャル企画「Koudai on Koudai 2016-2017」の質問の受付を開始しました。

今回も、応募された方の中から抽選で直筆サイン入りのスペシャルグッズをプレゼントいたします。詳しくは以下のページをご覧下さい。

https://www.tsukakoshikoudai.net/special2016-2017/

gt161113024L.jpg11月12日〜13日のツインリンクもてぎでの2イベントで、2016年シーズンのSUPER GTは終了しました。残念ながら、塚越広大と小暮卓史選手のドライブするホンダNSX CONCEPT-GTは優勝することができませんでした。

その結果、塚越広大と小暮卓史選手はドライバーズランキング11位、KEIHIN REAL RACINGはチームラインキング11位でシーズンを終えることになりましした。

塚越広大「2016年、ホンダ勢は一度も優勝することができず、非常に厳しいシーズンとなってしまいました。それでもシーズンを振り返ると、第5戦の富士では表彰台を獲得し、第4戦のSUGOでは予選で2番手になることもできました。また第7戦のタイでも、優勝を狙えるほどのいい走りができました。もっと上位に入れるチャンスはあったと思っています。

2017年に向けてレギュレーションが変更され、クルマも大きく変わります。すでに新型マシンNSX-GTのテストは始まっており、僕もマシンをドライブしました。新しいマシンはカッコいいですし、10月下旬にオートポリスで実施された最初のテストではいいフィーリングで走ることができました。その一方で、やるべきことはまだたくさんあります。オフシーズンは意外に短いので、ホンダ、チームとともに全力を尽くして、いいマシンに仕上げていきたいと思っています」

gt161113025L.jpg2016スーパーGTの最終戦は、ツインリンクもてぎで2レースが行われました。塚越広大と小暮選手のKEIHIN NSX CONCEPT-GTは、土曜日の第3戦は予選13番手、決勝リタイア。日曜日の第8戦は予選10番手、決勝11位でした。

塚越広大「もてぎでのイベントは、正直、ホンダ勢にとってはかなり厳しい戦いになってしまいました。今シーズンの開幕戦、岡山のような結果になってしまいました。第3戦の予選は小暮さんがステアリングを握り、予選は13番手となりました。決勝で、スタートを担当した小暮さんはピットインするまでは、まずまずのペースで走っていたのですが、ピットアウトするためにジャッキを下した時にトラブルが発生し、コースに戻ることができませんでした。僕もコックピットには収まったのですが、結局、第3戦では走ることができませんでした。

第8戦は、予選までに自分はドライではまったく走行できなかったので、少し不安に感じていたのですが、ホンダ勢としてはトップとなる10番手のタイムをマークできました。決勝では、スタートで8号車の先行を許しタイムロスすることになってしまいましたが、ピットストップのタイミングで前に出ることに成功し、その後はホンダとてしはトップのポジションを守ることができ、11位でフィニッシュしました。シーズン最終戦は厳しい戦いになってしまい、すごく悔しいですし、残念な気持ちです。でも与えられた環境の中ではベストの走りができたとも感じています」

gt161113001L.jpg11月13日、栃木県のツインリンクもてぎで、2016スーパーGTのシリーズ最終戦となる第8戦「MOTEGI GT GRAND FINAL」が行われ、塚越広大と小暮選手のKEIHIN NSX CONCEPT-GTは11位でした。

第8戦の予選は塚越広大が担当。KEIHIN NSX CONCEPT-GTは1分37秒741で予選10番手でした。

決勝は小暮選手がスタートドライバーを務め、レース序盤は11番手を走行します。そして、19周目終了時にピットストップ。その後、GT500クラス全車がピットストップを終えた36周目の時点で、塚越広大のKEIHIN NSX CONCEPT-GTは11番手となって、そのままのポジションでチェッカーを受けました。

この結果、塚越広大と小暮選手はドライバーズランキング11位、KEIHIN REAL RACINGはチームラインキング11位でシーズンを終えました。

gt161112024L.jpg11月12日、栃木県のツインリンクもてぎで、スーパーGT第3戦が行われ、塚越広大と小暮選手のKEIHIN NSX CONCEPT-GTはリタイアに終わりました。

熊本地震の影響で5月のオートポリスでの開催が中止され、代替え開催となるツインリンクもてぎでのシリーズ第3戦。今週末は12日(土)に第3戦、13日(日)に第8戦と2レースが開催され、それぞれ午前に予選、午後に決勝が行われます。また、予選はノックアウト方式ではなく、土曜/日曜とも15分間のセッションで、それぞれ別のドライバーが担当します。

KEIHIN NSX CONCEPT-GTは第3戦の予選を小暮選手が担当。セッションは前日の雨の影響でウェットコンディションでスタートしました。KEIHIN NSX CONCEPT-GTは1分47秒860で13番手でした。

決勝はドライコンディションで、KEIHIN NSX CONCEPT-GTは小暮選手がスタートドライバーを担当。3周目にGT300クラスのクラッシュによりセーフティカーが導入され、8周目のレース再開後からKEIHIN NSX CONCEPT-GTはポジションを上げて11番手まで浮上しました。そして、レースが周回数の1/3を過ぎた18周目前後から各チームのピットストップが始まりました。同じ頃、KEIHIN NSX CONCEPT-GTもピットに入っていましたが、ギアボックストラブルのためリタイアとなりました。

1  2