News/ニュース

2016年10月アーカイブ

sf161030017L.jpg10月30日に三重県の鈴鹿サーキットで、2016全日本スーパーフォーミュラ選手権最終戦の第7戦鈴鹿「第15回JAF鈴鹿グランプリ」の決勝が行われ、REAL RACINGの塚越広大はレース1は12位、レース2は11位でした。

シリーズ最終戦は2レース制で、レース1の周回数は19周、レース2の周回数は35周です。レース2では1セット(4本)のタイヤ交換が義務づけられています。

レース1は9時45分にスタート。14番手グリッドの塚越広大はオープニングラップで13番手にポジションアップして周回を重ねました。その後、14周目に他車により1台のマシンが後退し、塚越広大は12位でフィニッシュしました。

14時45分から始まったレース2。9番グリッドの塚越広大はスタートで7番手に浮上。タイヤ交換義務のあるレース2では、オープニングラップ終了時から多くのマシンがピットに向かいました。翌周以降も数台のマシンがピットストップを行い、塚越広大は4番手まで上がり15周目終了時にピットストップを行いました。

24周目、クラッシュしたマシン回収のためセーフティカー導入へ。この時点で塚越広大は6番手でしたが、リスタート後に5番手に上がります。さらに、29周目に再度クラッシュが発生し2度目のセーフティカー導入となりました。レースは残り4周で再開。リスタートと同時に塚越広大は前車と4番手争いを展開。2台は並んで1〜2コーナーに入りましたが、2コーナーでアウト側にいた塚越広大は行き場が無くグリーン上にマシンを落とし、オーバーランしたマシンをコントロールしてコースに戻りました。しかし、直後のS字コーナーで後続車と接触してスピン。コースオフして14番手に後退しましたが、2つポジションを上げて12位でフィニッシュしました。

この結果、ドライバーズランキング11位、REAL RACINGはチームランキング7位でシーズンを終えました。

sf161029031L.jpg10月29日に三重県の鈴鹿サーキットで、2016全日本スーパーフォーミュラ選手権の最終戦となる第7戦鈴鹿「第15回JAF鈴鹿グランプリ」の予選が行われ、REAL RACINGの塚越広大はレース1は予選14番手、レース2は予選9番手でした。

予選はノックアウト方式で、全車が出走するQ1の上位14台がQ2へ、Q2では上位8台がQ3に進むことができます。シリーズ最終戦は2レース制が採用されており、Q1の順位がレース1のグリッドになります。また、通常のQ1〜Q3までの結果でレース2のスターティンググリッドが決まります。

塚越広大はQ1で1分38秒761の14番手でQ2進出。Q2では1分38秒175で9番手となり予選を終えました。この結果、レース1は14番、レース2は9番グリッドからのスタートになりました。

gt161009028L.jpg10月9日、タイ・ブリーラムのチャン・インターナショナル・サーキットで、スーパーGT第7戦「BURIRAM SUPER GT RACE」の決勝が行われ、塚越広大と小暮選手のKEIHIN NSX CONCEPT-GTは6位でした。

予選9番手のKEIHIN NSX CONCEPT-GTは小暮選手がスタートドライバーを担当し好スタートでポジションを上げますが、5コーナーで37号車と接触して後退。その後、37号車にはドライブスルーペナルティが科せられました。

最後尾まで順位を落としたKEIHIN NSX CONCEPT-GTでしたがラップペースは安定しており序盤で13番手まで順位を挽回。28周目からピットストップが始まると、KEIHIN NSX CONCEPT-GTは8番手走行中の33周目にピットストップを行いました。

その後、全車ピットストップを終えた段階でKEIHIN NSX CONCEPT-GTは10番手でしたが、レース後半を担当する塚越広大は41周目に2台、46周目に1台をオーバーテイクして7番手に浮上。快調なラップを刻み続けるKEIHIN NSX CONCEPT-GTはレース終盤に前の集団に追いつき、さらに1台をオーバーテイクして6位でフィニッシュしました。

gt161008032L.jpg10月8日にタイ・ブリーラムのチャン・インターナショナル・サーキットで、スーパーGT第7戦「BURIRAM SUPER GT RACE」の予選が行われ、塚越広大と小暮選手のKEIHIN NSX CONCEPT-GTは9番手でした。

予選はノックアウト方式で、GT500クラスでは全車が出走するQ1の上位8台がQ2に進出できます。KEIHIN NSX CONCEPT-GTはQ1を塚越広大が担当し1分24秒985で9番手。決勝レースは9番グリッドからのスタートになりました。

gt160503044L.jpg 今週末、10月8日〜9日にタイのブリーラムにあるチャーン・インターナショナル・サーキットでスーパーGT第7戦が開催されます。昨年のタイでは、KEIHIN REAL RACINGは3位表彰台に上がっており、塚越広大自身も「好きなコース」と語っています。

塚越広大「昨年のタイは苦しい状況の中でもしっかりと走って3位に入ることができました。自分にとってもチャーン・インターナショナル・サーキットは相性のいいサーキットだと思っていますので、ベストを尽くします。 またチームにとってタイは大事な一戦となります。現地にKEIHINの工場があるので、タイの従業員の方がたくさん応援に来てくれます。昨年はKEIHINの大応援団からすごくパワーをもらいました。今年もしっかりと結果を残して、皆さんの応援に応えたいと思っています」

1