News/ニュース

2016年4月アーカイブ

5月3日~4日、静岡県の富士スピードウェイでスーパーGT第2戦『2016 AUTOBACS SUPER GT Round2 FUJI GT 500km RACE』が開催されます。岡山で開催された開幕戦で、KEIHIN REAL RACINGのKEIHIN NSX CONCEPT-GTは11位に終わりましたが、塚越広大は第2戦での巻き返しを誓っています。

「ゴールデンウィークに開催される富士ラウンドは、シリーズで一番お客さんが集まるレースです。たくさんの方が応援に来てくれるので、いい結果を残したいですね。シーズンオフの富士での合同テストでは、いい感触をつかんでいますし、昨シーズンもこの時期の富士ではいいレースができていました(4位入賞)。開幕戦の岡山のような苦戦はしないだろうと思っています。

マシンの熟成が進んでいるライバルに比べて、ホンダ勢は遅れている点があることは事実ですが、新しいパートナーの小暮さんとはコミュニケーションも進み、ふたりにとってベストなセッティングの方向性も見つけることができてきました。チームとしてはいい方向に進んでいると思っています。

第2戦の富士では、ドライバーの自分ができることはすべてやって、最良の結果を出せるように全力で戦います」

SF_Rd1St0001.jpgスーパーフォーミュラ第1戦鈴鹿で、REAL RACINGの塚越広大は予選7番手、決勝は5位でした。開幕戦を終えてのコメントです。

塚越広大「久しぶりにちゃんとしたレースができましたね。予選ではQ3まで残り、スタートをうまく決め、レースではポジションをしっかりと守って完走し、ポイントを獲得することができました。レース後、足回りにトラブルを抱えていたことがわかりましたが、それがなかったら、レース後半はもっといいペースで走れ、さらに上のポジションも狙えていたと思います。

オフのテストでは大きなクラッシュがあったりして、十分な準備ができないままにレースを迎えることになっていましたので、正直、不安がありましたが、ようやくいい流れを取り戻すことができたのかなと思います。もちろん、今回の結果には満足はしていませんが、昨シーズンはノーポイントに終わっていたことも考えれば、悪くない開幕戦だったと思います。

まだ1戦が終わったばかりで今後のレースのことはわかりませんが、今回の結果をいいステップにして、これからのシーズンを戦っていきたいと思います」

sf160425028L.jpg4月24日、三重県の鈴鹿サーキットでスーパーフォーミュラ第1戦の決勝が行われ、REAL RACINGの塚越広大は5位でした。

曇りのドライコンディションで始まった2106スーパーフォーミュラの開幕戦。予選7番手の塚越広大はスタートで6番手に浮上、さらに1台のマシンがペナルティで後退したため、レース序盤で5番手に上がりました。

今戦の決勝レース周回数は43周で、11周目には早くもピットストップを行うマシンも現れはじめます。塚越広大は25周目終了時にピットに入り、給油とタイヤ交換を済ませて11番手でコースに戻りました。その後、30周目あたりで多くのマシンがピットストップへ。なかにはタイヤ交換を行わず給油作業のみでコースに戻るマシンもありましたが、全車がルーティンのピットストップを終えた段階で塚越広大は再び5番手のポジション。レースが終盤に入ってもミスなく走りきって5位でフィニッシュし開幕戦でポイントを獲得しました。

sf160423038L.jpg4月23日、三重県の鈴鹿サーキットで2016全日本スーパーフォーミュラ選手権が開幕し第1戦の予選が行われ、REAL RACINGの塚越広大は予選7番手でした。

今シーズンからタイヤがヨコハマタイヤとなったスーパーフォーミュラ。金曜日には占有走行が設けられ、各チームが開幕戦に向けて調整を行いました。塚越広大は占有走行を10番手、また土曜日のフリー走行を12番手で終え予選に臨みました。

予選はノックアウト方式で行われ、全車が出走するQ1の上位14台がQ2へ。Q2の上位8台がQ3へと進むことができます。

20分間のQ1はスピンしてコース上にストップするマシンもあり赤旗中断を挟みましたが、塚越広大は6番手でQ2進出。続く7分間のQ2でも赤旗中断がありましたが、残り3分でセッションが再開されると塚越広大は7番手タイムをマークしてQ3進出を決めました。

Q3は赤旗中断もなく7分間のセッションはスムーズに進行。塚越広大は先頭でコースインしてアタックを行い、ベストタイムは1分38秒367で7番手。決勝は7番グリッドからスタートします。

今週末(4月23日~24日)、三重県の鈴鹿サーキットで2016年シーズンのスーパーフォーミュラが開幕します。塚越広大は今シーズンもREAL RACINGに所属し、カーナンバー10番のマシンをドライブします。

今年からタイヤがヨコハマのワンメイクタイヤとなり、新たに海外の強豪ドライバーが参戦するなど、見どころが多い国内最高峰のスーパーフォーミュラですが、塚越広大は開幕戦を前に「全力で攻めて、レースを楽しみたい」と意気込みを語っています。

塚越広大「シーズンオフのテストでは、鈴鹿で大きなクラッシュがあったり、決して順調というわけではなかったのですが、最後の岡山でのテストではクルマのフィーングは悪くなかったです。僕自身、いい手ごたえを感じています。ここ数シーズンは自分の本来の走りができずに、歯がゆい気持ちを抱えながらレースをしていました。開幕戦の鈴鹿は結果がどうなるのかわかりませんが、とにかく全力でレースを戦いたい。目いっぱい攻めて、レースを楽しみたいと思っています」

SUPER FORMULA 2016シーズンプレビュー動画




●SUPER FORMULA
http://superformula.net/

1  2  3