News/ニュース

2014年8月アーカイブ

17634.jpg8月31日、三重県の鈴鹿サーキットで、スーパーGT第6戦「第43回インターナショナル鈴鹿1000km」の決勝が行われ、予選2番手からスタートした塚越広大と金石選手のKEIHIN NSX CONCEPT-GTはリタイアに終わった。

シリーズ最長の1000kmレースは、ドライバー交代を含めたピットストップが最低4回義務づけられ、鈴鹿サーキットを173周する。

予選2番手のKEIHIN NSX CONCEPT-GTは広大がスタートドライバー。オープニングラップを2番手で終えると、ポールポジションの36号車とともに3番手以下を引き離す。トップを争う2台は、周回遅れのマシンが出始めた7周目頃からさらに接近。10周目の130Rで36号車がGT300クラスのマシンを追い抜く際に詰まると、KEIHIN NSX CONCEPT-GTがシケイン立ち上がりでトップを奪う。レースリーダーとなった広大は、ここからリードを広げていった。

KEIHIN NSX CONCEPT-GTは34周目に1回目のピットストップ。金石選手に交代しトップのままコースインするが、アウトラップで、29周目に1回目のピットストップを行っていた36号車に先行され2番手に。その後、58周目に36号車、68周目にKEIHIN NSX CONCEPT-GTが2回目のピットストップを行う。戦略の違いで両車のピットストップのタイミングは異なり、その度にポジションを入れ替えながら2台はトップ争いを繰り広げていた。

しかし、87周終了時に36号車が3回目のピットストップに入った頃、広大がドライブするKEIHIN NSX CONCEPT-GTは高速コーナーの130Rでコースオフ。バリアにヒットしたマシンは右リアカウルなどを破損、翌周ピットに戻ったがそのままリタイアとなった。

2014gt6q.jpg8月30日、三重県の鈴鹿サーキットで、スーパーGT第6戦「第43回インターナショナル鈴鹿1000km」の予選が行われ、塚越広大と金石選手のKEIHIN NSX CONCEPT-GTは2番手につけた。

ドライコンディションで行われたノックアウト方式の予選は、全車(GT500クラスは15台)が出走するQ1で上位8台に残ればQ2へと進める。

KEIHIN NSX CONCEPT-GTはQ1を金石選手が担当し、最後に8番手タイムをマークしてQ2進出を決めた。

Q2では広大がアタックを行い、1分48秒8462の好タイムで予選2番手。決勝レースはフロントローからスタートする。

「明日の決勝を踏まえて予選のタイヤ選択をしたので、上位にいければすべてがプラスに働くと思っていました。マシンの状態はテストの時から調子がよかったので、不安を感じずにアタックしました。ポールポジションを取りにいったので、トップに届かなかったのは悔しいですが、今日のコンディションを考慮しても悪いポジションではないので、明日はフロントローから自分たちの仕事ができるようにがんばります。明日は最低でも表彰台に上がらないといけないし、このポジションからだったら勝つチャンスはあると思います。前戦の富士大会ではポールポジションからスタートして、勝ちたかったのにそれを成し得なかったので、今回はしっかり勝てるようにがんばります」

sf140824005L.jpg地元の栃木県ツインリンクもてぎで開催されたスーパーフォーミュラ(SF)第4戦で、今シーズン初めて入賞した塚越広大は「この結果は僕たちが望んでいるものにはまだまだ遠いですが、今後への大きな一歩になるはずです。このいい流れを後半戦のレースに生かしたい」とコメントしています。

「走りはじめから悪くありませんでした。今回から投入された新しいバージョンのエンジンもパフォーマンスが上がっており、いい手ごたえを感じながら走っていました。予選に関しては、残念ながらイメージ通りの走りができませんでしたね。自分たちの狙っていたセッティングが少し外してしまったということがありましたし、まだまだ一発のタイムを出すという点が僕たちにとって課題になっています。

決勝はスタートがうまく決まり、2~3つポジションをあげることができました。その後もいいペースで走ることができました。他のマシンが13周目ぐらいから早めにピットに入り、僕は20周過ぎまでピットインを引っ張りました。このピットインを引っ張っている間にいいペースで周回することができたので、ピットアウトした後にポジションをあげることができたと思います。

最後はセーフティカーでのチェッカーでしたが、すごく危ない状態だったので、あの判断は間違ってないと思います。

ようやく今季初入賞です。フォーミュラでの入賞は昨年のオートポリス以来となります。1年2カ月ですか、長かったですね。もちろん、この結果は自分たちが望んでいるものではありませんが、これまでのシーズン前半のことを考えれば、よかったと素直に思いますし、今後に向けての大きな一歩になります。このいい流れを途切れさせないように、次のレースにつなげていかなければなりません。今後も一歩一歩確実に前進していけるように、チームとともに全力を尽くしていきます。

来週はスーパーGTのレースが鈴鹿で開催されます。鈴鹿1000kmも全力で頑張りますので、引き続き応援をよろしくお願いします!」

sf140824006L.jpg8月24日、栃木県のツインリンクもてぎで、スーパーフォーミュラ第4戦の決勝が行われ、HP REAL RACINGの塚越広大は6位だった。

夕方から雨の予報が出ていたが、決勝はドライコンディションでスタート。14番グリッドの広大はオープニングラップで11番手にポジションアップした。レースは52周だが、12周目から早くもピットストップするなどレース序盤にピット作業を行うマシンが多かった。

広大はレース中盤の25周目にピットストップ。全車がピット作業を終えた40周目には7番手を走行する。しかし、突然激しい雨が降りコースは一瞬にしてヘビーウェットとなり、続々とピットに向かいレインタイヤにスイッチ。ここで広大は6番手でコースに戻ったが、コース上の水量が多くセーフティカーが導入されセーフティカーランのままチェッカー。6位で今シーズン初ポイントを獲得した。

sf140823021L.jpg8月23日、栃木県のツインリンクもてぎで、スーパーフォーミュラ第4戦の予選が行われ、HP REAL RACINGの塚越広大は14番グリッドから決勝レースを迎えることになった。

スーパーフォミュラシリーズでは、ひとりのドライバーにつき年間2基のエンジンの使用が認めらているが、シーズンの折り返しとなる今大会で、後半戦に向けた新仕様のエンジンを各社が投入。午前のフリー走行からホンダ勢も好タイムをマークしていたが、HP REAL RACINGの2台は15-16番手でこのセッションを終える。

予選はノックアウト方式で行われ、広大はQ1で16番手となり予選を終えた。しかし、予選セッション終了後に3台のマシンに車両規定違反の裁定が下され予選タイム抹消。その結果、広大の予選ポジションは2つ繰り上がり決勝は14番グリッドからスタートする。

1  2