News/ニュース

2014年3月アーカイブ

今シーズンの開幕が迫り、慌ただしい日々を送っている塚越広大。富士スピードウェイ3月15日~16日にはスーパーフォーミュラ(SF)の公式テスト、3月19日~20日にはスーパーGTの公式テスト、3月23日~24日にはメーカー合同テストに参加。25日には都内で開催された2014年スーパーフォーミュラ選手権概要発表会に出席しています。

2014年の国内のモータースポーツは4月5日~6日に開催されるスーパーGT(岡山国際サーキット)で幕開けしますが、広大のオフのテストについてあらためて話を聞きました。

「スーパーGTもスーパーフォーミュラも開幕前の公式テストがすべて終わりました。トラブルもありましたが、自分のなかではできることはすべてやってきました。まずスーパーGTはマシンも新しくなり、カラーリングもカッコよくなりましたよ(笑)。テストではロングランは悪くありませんでした。ただ一発のタイムがまだ十分とはいえませんので、開幕前までにそこを解消できるように、チームやホンダさんとともにしっかりと準備を進めていきたいと思います。

スーパーフォーミュラは富士のテストでは僕のマシンにトラブルがあり、あまり走りこむことができませんでした。でもチームメイト(ヴィタントニオ・リウッツィ)が周回を重ねて、雨でホンダ勢としては最速のタイムを出しています。シャシー面に関しては、いい方向にクルマも決まってきした。調子は決して悪くありません。ホンダさんもライバルとの差をつめるためにがんばってくれています。スーパーフォーミュラもマシンが新しいので信頼性が鍵になりますので、そこはチーム一丸になっていい方向に進めるようにベストを尽くしたいと思います」

2014cal.jpg 3月19日(水曜日)より、塚越広大オリジナルグッズとしては初となるシーズンカレンダーが発売されることになりました。2014シーズンのSuper Formula、Super GTの全レース日程を網羅! 広大選手の誕生日ももちろんクレジットされています。デザインも一新され、シーズンカレンダーは必見です。さらに3月中にご注文頂いた方には発売記念ポストカードのプレゼントもあります。ぜひ以下のアドレスにアクセスし、ご購入下さい。

東日情報処理センター・塚越広大オリジナルグッズショップ
http://www.p-select-ec.net/tsukakoshikoudai/


今シーズンのスーパーフォーミュラ開幕戦『鈴鹿2&4レース』(4月12~13日)の開催を前に、鈴鹿市を起点として三重県を貫く「中勢バイパ ス」が開通します。それを記念して、3月21日(金)に中勢バイパス開通記念イベントが開催されることが決まりました。

イベントではSF14と全日本ロードレースマシンの夢の競演が実現します! 鈴鹿市にファクトリーを構えるREAL RACINGの2014年型スーパーフォーミュラマシンを塚越広大がドライブ。そして鈴鹿8耐で3度の優勝を誇る鈴鹿のTSRの全日本ロードレース参戦マシンが公道を走ります。

また中嶋悟氏のトークショーも開催されるほか、マシン展示やファミリーウォークなど中勢バイパスを舞台にイベントが行われます。お時間のある方はぜひイベントに足を運んで下さい。イベントの詳細は以下です。(右の写真をクリックするとPDFが開きます)

日時2014年3月21日(金・祝)13:00~16:30
※雨天決行
場所中勢バイパス鈴鹿(稲生)工区道路上
主催中勢バイパス開通式典実行委員会
イベント詳細鈴鹿市ホームページ
中勢バイパス開通記念イベントの開催について

3月3~4日、スーパーフォーミュラ(SF)の今シーズンの最初のテストが鈴鹿サーキットで開催されました。富士スピードウェイで予定されていた第1回の公式合同テスト(2月18~19日)が、大雪によって中止されたため、今回のテストが初めての本格的な走行になります。

今シーズンもHP REAL RACINGの10号車をドライブする広大は、2日目の午後のセッションでホンダ勢最速の1分38秒455をマーク。総合11番手で2日間のテストを終えています。広大の今回のテストについて以下のようにコメントしています。

「富士でのテストが中止になったので、今回がシェイクダウンになります。今年のクルマに対してチームといろいろな準備を進めてきましたが、プログラムも順調にこなすことができましたし、全体的にいい方向に進んでいると思います。新しいSF14はコーナーリングが速いですね。クルマの動きもクイックで、昨年までのSF13に比べると、よりフォーミュラカーらしい動きをすると思います。

チームメイトのリウッツィとのコミュニケーションもうまくいっています。彼はすごくいいヤツです。まだ日本の環境に慣れていないところもありますが、感覚を取り戻してくれば速くなると思います。まずはふたりで力を合わせて、クルマを仕上げていきたいです。

今回はホンダ勢のタイムが出ていません。僕らももっと頑張る必要がありますが、ホンダさんにも頑張ってもらい、次回のテストまでにはトヨタ勢とのギャップを詰められるようにしたいです」

sp2013-2014.jpg ファンの皆さんからの質問に塚越広大が直接答える特別企画「Koudai on Koudai 2013-2014」を公開しました。今回で8回目となった当企画には、たくさんの方から質問が寄せられました。プライベートに関すること、レースについてのことなど、さまざまな質問を広大にぶつけています。

http://www.tsukakoshikoudai.net/special/

1