News/ニュース

2013年11月アーカイブ

gt131124001H.jpg11月24日、JAF Grand Prix FUJI SPRINT CUP(JAFグランプリ富士スプリントカップ)のスーパーフォーミュラの決勝が行われ、HP REAL RACINGの塚越広大は10位。また、KEIHIN HSV-010はスーパーGT500クラスの総合優勝を飾った。

スーパーフォーミュラ決勝は、走行距離100kmのスプリントレースでピットストップはない。14番手スタートの広大は、オープニングラップ直後の1コーナーでのアクシデントもあり一時8番手に上がったが、最終的に10位でフィニッシュした。

また、前日のレース1で広大が優勝しているスーパーGTは、レース2では金石選手がKEIHIN HSV-010をドライブ。金石選手は6位に入り、KEIHIN HSV-010はレース1とレース2の総合でトップとなり、JAFグランプリのタイトルを獲得した。

スーパーGTレース1で優勝も飾った広大は、JAFグランプリを終えて次のようにコメントしています。

「久しぶりに優勝できて、本当にうれしかったです。スーパーGTでは今シーズン、何度も勝てそうで勝てないというレースがあり、ずっと悔しい思いがありました。特に後半に入ってクルマが良くなり、優勝にあと一歩というレースが続いていただけに、最後のJAFグランプリで優勝という結果を残すことができ、チームのスタッフの方々、ホンダさん、ケーヒンさんを始めとするスポンサーの皆さん、そして応援してくれたファンのみんなにやっと恩返しできました。

HSV-010は、僕にとってすごく思い入れのあるマシンです。スーパーGTに初めて参戦した時から今まで、ずっとこのマシンで戦ってきました。HSV-010にとって最後のレースで勝てたこともすごくうれしいです。今回はマシンがすごく調子がよく、タイヤの選択もうまく決まりました。最終的に総合優勝も飾ることができ、最高の締めくくりになりました。

スーパーフォーミュラ(SF)に関しては、最後のJAFグランプリも厳しい結果に終わってしまいました。今シーズン、SFでも結果を出すために、チームとともに何度もミーティングを重ね、本当にいろいろな作業を繰り返してきました。その成果をJAFグランプリで出したいと思っていたのですが......本当に悔しいです。今シーズンの苦労したことを、来年、必ず活かさなければいけないと思っています」

gt131123002H.jpg11月23日、JAF Grand Prix FUJI SPRINT CUP(JAFグランプリ富士スプリントカップ)のスーパーGTレース1決勝が行われ、KEIHIN HSV-010の塚越広大は優勝を飾った。

シリーズ戦で行われているローリングスタートではなく、スタンディングスタートで始まった決勝レース。5番グリッドの広大はオープニングラップでポジションダウンするが、序盤から速さをみせて12周目には3番手に浮上した。

広大の他を大きく引き離すラップペースは終盤になっても落ちることなく、16周目に100号車をオーバーテイクして2番手に上がると、17周目には38号車から首位の座を奪う。その後は独走でトップチェッカー。圧倒的な速さでレース1を制した。

なお、日曜日のスーパーGTレース2では金石選手がKEIHIN HSV-010をドライブ。レース1とレース2の合計で、JAFグランプリ富士スプリントカップのスーパーGTは総合順位が決定する。

「シリーズ戦で負けた2台に勝てたのは嬉しい。マシンの調子がとても良かったので、トップ争いに加われば、最後に勝負できるという自信はありました。速いマシンに仕上げてくれたチームのみんなに心から感謝しています。今季は勝てそうで勝てなかったので、優勝で締めくくれたことは良かったです。HSV-010にはデビューから4年間乗り続けてきました。時にはダメージを与えたり、アクシデントもあったりもしましたが、最後の最後でマシンに感謝の気持ちを表すことができて本当によかったです。また、応援してくれたみなさん、本当にありがとうございました」

11月23日、静岡県の富士スピードウェイで、JAF Grand Prix FUJI SPRINT CUP(JAFグランプリ富士スプリントカップ)が開幕し予選が行われた。

塚越広大はスーパーフォーミュラとスーパーGTにダブルエントリー。スーパーGTはシリーズ戦とは異なり、富士スプリントカップではクラス別にレース1とレース2が行われ、それぞれを一人のドライバーが走りきる。KEIHIN REAL RACINGは広大がレース1、金石選手がレース2に出場する。

スーパーGTの予選は20分間のタイム計測で、GT500クラスのレース1予選で広大は5番手。また、スーパーフォーミュラの予選は25分間で行われ、HP REAL RACINGの広大は13番手だった。

スーパーGT第8戦もてぎ、スーパーフォーミュラ第7戦鈴鹿のレースレポートを更新しました。

・レースレポートをみる

sf2013072.jpg11月10日、三重県の鈴鹿サーキットで、スーパーフォーミュラ(SF)第7戦の決勝が行われ、HP REAL RACINGの塚越広大はレース1、レース2ともリタイアに終わった。

シリーズ最終戦は2レース制。レース1は朝からの雨でウェットコンディションとなり、全車ウェットタイヤを装着してスタートしたが、8番グリッドの広大はスタート直後の混乱に巻き込まれてしまった。

午後からのレース2では、路面も乾き始めておりタイヤ選択は分かれたが、多くのマシンがレインタイヤでスタート。14番手スタートの広大も早めにスリックタイヤへとスイッチして周回を重ねていたが、24周目のシケインで他車と接触してレースを終えた。

1  2