News/ニュース

2013年8月アーカイブ

gt100819018H.jpg8月18日、三重県の鈴鹿サーキットでスーパーGT第5戦「第42回インターナショナル ポッカサッポロ1000km」の決勝が行われた。

予選6番手の塚越広大と金石選手のKEIHIN HSV-010は、広大がスタートドライバーを担当。序盤一時は5番手に浮上するなどしたが、その後4回のピットストップで金石選手、広大、金石選手、広大とドライバーチェンジして173周を走り7位でフィニッシュした。

gt130817006H.jpg8月17日、三重県の鈴鹿サーキットで、スーパーGT第5戦「第42回 インターナショナル ポッカサッポロ1000km」が開幕し、予選が行われた。

予選はノックアウト方式で、塚越広大と金石選手のKEIHIN HSV-010は最初のQ1を金石選手が担当し8番手。上位8台で争われるQ2進出を決めた。 Q2では広大がアタックを行い1分52秒993で予選6番手となった。

sf130804015Hh.jpg8月4日、栃木県のツインリンクもてぎで、スーパーフォミュラ第4戦の決勝が行われた。

決勝はスタート5分前に降った小雨の影響で滑りやすい路面状況となり、11番手からスタートしたHP REAL RACINGの塚越広大は、混乱したオープニングラップで12番手にポジションダウンしてしまう。

その後、雨は上がりコース上は乾き始め、広大は前車との差を詰めていた17周目にピットストップ。同時に前を走っていたマシンもピットに入ったが、両者の位置関係は変わらないままコースに復帰した。終盤、9番手まで順位を上げた広大は前車に1秒以内に迫っていたが、そのまま9位でチェッカーをうけた。

「オープニングラップの90度コーナーのブレーキングでコースアウトしてしまいましたが、それ以降のレース内容は悪くなかったと思います。自分の置かれた状況の中でベストを尽くしました。でも今回も結果に結びつけることができませんでした。それが本当に悔しいです。ただ開幕戦から第4戦のもてぎまで、クルマは確実に進歩しているのも事実です。今は辛抱の時です。次のレースでは結果を出すために、チームとともにできることすべてに全力で取り組みます。これからも応援をお願いします!」

sf130803006H.jpg8月3日、栃木県のツインリンクもてぎでスーパーフォーミュラ(SF)第4戦の予選が行われた。

今回の予選はノックアウトではなくスペシャルステージ方式を採用。全車が出走して30分間のQ1を行い、Q1のトップ8が1台ずつアタックを行うスペシャルステージに進出し上位グリッドを決める。

HP REAL RACINGの塚越広大はQ1で11番手となり、この時点で決勝のスターティンググリッドが確定した。

tk500.jpg塚越広大オリジナルグッズの新アイテム、チケットホルダーが今週末から販売が開始されますが、新アイテムがもうひとつ完成しました。「こーでゅい」君がデザインされたタンブラーです。チケットホルダーと同様に、今週末(土曜日の午前10時)からオンラインの塚越広大オリジナルグッズショップと、スーパーフォーミュラ第4戦の会場となるツインリンクもてぎでも販売されます。カラーはピンクとブラックの2種類。価格は500mlが1300円、350mlが1100円となります。購入希望の方は以下のオンラインショップにアクセスを! サーキットにお越しの方は、ツインリンクもてぎのショップに足を運んでみて下さい。

東日情報処理センター・塚越広大オリジナルグッズ ショップ
http://www.p-select-ec.net/tsukakoshikoudai/

1