News/ニュース

2012年5月アーカイブ

5月27日、大分県のオートポリスでフォーミュラ・ニッポン(FN)第3戦の決勝が行われた。

シリーズ唯一の九州開催となるオートポリスは快晴に恵まれて気温26度、路面温度50度のコンディションで始まった。

ポールシッターの広大は好スタートを決めてポジションをキープ。また、2番手にはチームメイトの伊沢選手が浮上して、DOCOMO TEAM DANDELION RACING(ドコモ・チーム・ダンディライアン・レーシング)のワン・ツー体制に。前日の予選後、「思いっきりいく!」と話していた広大は、言葉どおり序盤からプッシュし続けてリードを広げた。

54周のレースは、15周目あたりからルーティンのピット作業を行うマシンが現れたが、広大はレース後半の39周目にピットストップ。チームも12.5秒の完璧なピット作業で広大を送り出した。

終盤に入っても広大の集中力は途切れることなく安定したラップタイムを刻み続け、ポール・トゥ・ウィンでFN初優勝。11ポイントを加算した広大は、ドライバーズランキングでトップに浮上した。

「去年のオートポリスでもポールポジションを獲得できましたが、決勝では結果を出せずに悔しい思いをしました。だから今年は絶対に結果を出したいと思っていました。スタートは伊沢さんが上手なので前に行かれてしまうかなとも思っていましたが、うまくスタートを切れました。その後は少しでも前に行けるように全力でプッシュしました。

優勝するまで本当に時間がかかってしました。でも今回、ホンダさんに勝利をプレゼントすることができ、僕もうれしいです。また素晴らしいマシンを作ってくれたチームにも感謝したいです。そして最後まで応援してくれたファンの皆さんにも感謝したいです。これからもっと勝てるように全力で頑張ります。引き続き応援をお願いします」

大分県のオートポリスで開催されたフォーミュラ・ニッポン(FN)第3戦で、念願のFN初優勝を飾った広大。レース後、本人から応援していただいてるファンの皆さんへのメッセージが届きました。

「本当はもっと早く勝たなければならなかったのですが、今回のオートポリスでやっと勝つことができました。これまで応援してくれた、たくさんの方々にやっと少しだけ恩返しできたかなと思います。でも、この勝利はあくまでひとつのステップにすぎません。僕の目指すべきものはフォーミュラ・ニッポンのシリーズチャンピオンです。そのためには、もっともっと勝たなければなりません。今回の優勝に慢心することなく、これからも気を引き締めて戦っていきます。僕にとっては皆さんのサポートや応援が本当に大きな力となっています。引き続き、応援をよろしくお願いします」

5月26日、大分県のオートポリスでフォーミュラ・ニッポン(FN)第3戦が開幕し、フリー走行と予選が行われた。

今年の春にオートポリスは路面を再舗装。フリー走行ではマシンセッティングを詰める作業なども行い、自己ベストは1分29秒530。3番手でセッションを終えたが、広大は予選に向けて手応えをつかんでいた。

予選はノックアウト方式で14時にスタート。広大はQ1、Q2をトップタイムで通過すると、Q3では2番手を0.419秒引き離す1分28秒523をマークして、今季初、FNオートポリスでは2年連続でポールポジションを獲得した。

オートポリスでのフォーミュラ・ニッポン(FN)第3戦で、FN2度目のポールポジションを獲得した広大は、予選後に次のようにコメントしている。

「昨年もオートポリスではポールポジションを獲得していますし、チャンスは十分にあると思って臨みました。フリー走行では完璧なセッティングではありませんでしたが、修正するポイントをつかんでいたので、予選ではセッティングを修正して臨みました。それがうまく働き、Q1からQ3まで路面状況の変化にも対応できました。特にQ3でベストタイムが出たのは良かったと思います。改装された路面は走りやすくなって、さらに攻めがいのあるサーキットになりましたね。今日は乗っていて楽しかった。ポールポジションは決勝に向けての通過点に過ぎませんので、このいい流れをキープしてスタートから思いっきり走ります! 優勝目指して全力で頑張ります!」

5月13日、ツインリンクもてぎでフォーミュラ・ニッポンの第2戦が開催された。快晴に恵まれた決勝日には、たくさんの広大ファンが訪れ、サーキット内で販売されている『SAMURAI JEANS』と広大のオリジナルキャラクター『こーでゅい』のコラボグッズを身につけて応援する姿が見られた。

午後2時半からの決勝前、「予選は頑張りすぎて、ミスが出てしまった。決勝は楽しんでレースをしたい」とコメントしていた広大。まずまずのスタートを決め、レース序盤は5番手につけて周回を重ねていった。30周目のピットストップもミスなくこなして走り続けたが、広大は52周のレースを5位でフィニッシュしている。レース後の広大は以下のようにコメントしている。

「決勝のスタートはまずまずで、ポジションをキープすることができました。最初にピットインするまで燃料をセーブしながら走行していましたが、その中でもじょじょにタイムを詰めることができました。でもトップグループに追いつくまでペースを上げることができませんでした。

ピットインしたあともペースを上げることができず、接戦の中でワンミスで大きく順位を下げるという我慢のレース展開になりました。その中で最後まで走りきることができましたが、開幕戦の鈴鹿で勝てなかった借りを返すことができませんでした。今回は地元のもてぎなので、たくさんの方が応援に来てくれました。そこでいい走りができず、残念ですし、本当に悔しいです。8月のもてぎでは、しっかりと皆さんの声援に応えたいです。

それに次のオートポリス(5月26日〜27日)は昨年ポールポジションを獲得したコースです。チャンスは十分にあると思っていますので、引き続き、応援をお願いします!」

1  2


  • ニュース内検索