News/ニュース

2011年11月アーカイブ

今シーズンのフォーミュラ・ニッポン、スーパーGT選手権が終わったばかりだが、広大が力を入れているレーシングスクールが11月26日(土曜日)に開催されます。走行ルール&マナーから、走行理論、実技まで、広大が直接指導してくれる、中身の濃いスクールです。基本からしっかり学びたい方、いまいちタイムに伸び悩んでいる方、レースで勝ちたい方などなど、皆様のご参加お待ちしています。広大本人は「タイヤの使い方を中心に、カートはもちろんカート以外のモータースポーツでも十分に勉強になるスクールです!」と語っていますので、お時間がある方は、ぜひ参加してみてください。

●レーシングスクールの詳細
日程2011年11月26日
場所フォーミュランド・ラー飯能(埼玉県飯能市赤沢1117)
時間9:00〜16:00頃
料金ラー会員:1万500円/一般:1万3,000円
参加資格身長135cm以上で、ルール・マナーが守れて楽しく参加できる方。
定員14名
服装長袖、長ズボン、操作しやすい靴、ヘルメット(シールド付)、グローブ。
注)ヘルメット、グローブは無料レンタルもあります。
内容 【1】ルール・マナー講習(※これを受講した会員の方はコースライセンスが無料で取得できます)。
【2】走行理論 【3】実技
※【1】【2】は午前中に、【3】の実技は午後にアドバイスを交えて行います。
申込方法参加申込書に必要事項をご記入の上、参加料と合わせて提出してください。定員になり次第受付終了とさせて頂きます。
※参加受付後は、スクール開催ができなかった場合以外、参加料の返金は出来ませんので、あらかじめご了承下さい。
※参加申ご希望の方は、メールまたはお電話頂ければ、参加申込書を送らせて頂きます。
●スクールへの申し込み&問い合わせ
なお、イベントの問い合わせや詳細は以下まで。
フォーミュランド・ラー飯能 TEL 042-977-3066
http://www.rahanno.com/

11月13日、静岡県の富士スピードウェイで、JAF Grand Prix SUPER GT & Formula NIPPON FUJI SPRINT CUP 2011(JAFグランプリ スーパーGT&フォーミュラ・ニッポン 富士スプリントカップ2011)のフォーミュラ・ニッポンの決勝が行われた。

前日の予選では4番手タイムながら最高速度が伸びず、12番グリッドからスタートした広大は、オープニングラップからポジションを上げると、5周目には16号車をオーバーテイクして7番手に浮上したが、その後は単独走行が続き7位のままフィニッシュした。

「JAF GPはうまくかみ合わず、いいレースをすることができませんでした。でもシーズン中と異なり、レースを楽しむことはできました。いいイベントになったと思います。これで今シーズンはすべて終了することになりましたが、振り返ってみると、結果には満足していませんが、いいシーズンだったと思います。今年いろいろ学んだことを、来シーズンにしっかりと生かすため、オフもしっかりと過ごしていきたいと思います」

JAF Grand Prix SUPER GT & Formula NIPPON FUJI SPRINT CUP 2011(JAFグランプリ スーパーGT&フォーミュラ・ニッポン 富士スプリントカップ2011)の開催2日目、広大はフォーミュラ・ニッポン(FN)の予選と、スーパーGTレース1の決勝に出走した。

午前に行われたFNの予選はスーパーラップ方式だが、1周のタイムと最高速度を組み合わせるという変則的なもの。広大は4番手タイムをマークしたが最高速度は伸びず、最終的に予選12番手のポジションで、決勝は12番グリッドからスタートする。

スーパーGTレース1の決勝は15時15分からシリーズ戦とは異なりスタンディングスタートで始まった。14番グリッドからスタートした広大は、オープニングラップで10番手に浮上。序盤からファステストラップを叩き出す走りで6番手まで順位を上げた。

しかし、6周目のメインストレートで広大の前を走っていた24号車がトラブルから急に失速。スリップに入っていた広大のマシンはフロント部分にダメージを負ってしまう。その後はペースを上げることができず、ピットインしてタイヤ交換を行い12番手でフィニッシュ。レース後、他車がタイム加算ペナルティを課せられたため、広大の順位は11位に繰り上がった。

11月11日、静岡県の富士スピードウェイで、JAF Grand Prix SUPER GT & Formula NIPPON FUJI SPRINT CUP 2011(JAFグランプリ スーパーGT&フォーミュラ・ニッポン 富士スプリントカップ2011)が開幕し、フリー走行と予選が行われた。

昨年に引き続き開催されるスプリントカップは、フォーミュラ・ニッポン(FN)とスーパーGTという2つの国内最高峰カテゴリーが同日に行われるイベントで、広大はフォーミュラ・ニッポンとスーパーGTのレース1にエントリーしている。

初日の天候は雨。スーパーGTのフリー走行で金石選手と広大の駆るKEIHIN HSV-010は13番手。続くフォーミュラ・ニッポンのフリー走行で、広大はセッション中盤にトップタイムをマークしたが、雨脚の弱まった終盤に他車がタイムを更新し、2番手でセッションを終えた。

スーパーGTレース1の予選は、途中から雨が激しくなりコンディションが悪化。序盤に好タイムを記録したマシンが上位を占め、広大は予選14番手だった。

なお、レース1の予選終了後に予定されていたレース2(KEIHIN HSV-010は金石選手が出走)の予選は悪天候のため土曜日に延期されている。

また、明日(12日土曜日)の広大は、フォーミュラ・ニッポンの予選とスーパーGTのレース1決勝に出場する。

11月6日、栃木県のツインリンクもてぎでフォーミュラ・ニッポンの決勝レースが開催された。今回のイベントは2レース制となるが、土曜日に行われたレース1の予選で2番手グリッドを獲得している広大。「地元なので勝利を目指したい」と語り、今季初優勝に意欲を見せていた。

決勝前、軽く雨が降っていたが、レース直前に雨は完全に止み、広大を始めトップグループはほぼ全員ドライタイヤでスタートすることになった。広大はやや出遅れ、オープニングラップで4番手に順位を下げる。さらにウェットタイヤを装着した16号車にも抜かれ、一時、5番手までポジションを下げてしまった。しかし路面が乾いてくるとすぐに16号車を抜き返す。さらに1号車にドライブスルーペナルティが課され、表彰台圏内の3番手に浮上。

その後は、7号車とバトルを繰り広げながら周回を重ね、一時はポジションを下げる場面もあったが、3位でフィニッシュ。表彰台にあがった。

「スタートで順位を下げてしまい、チャンスを逃してしまいました。路面が乾いてからも思うようにペースが上がらず、苦しいレース展開になってしまいました。最終的には表彰台に上がることができましたが、内容的には良くなかったですね。レース2では優勝したいので、レース1の走りをもう一度しっかりと見直して、頑張りたいと思います」

1  2