News/ニュース

2011年7月アーカイブ

7月31日、スーパーGT第4戦の決勝がスポーツランドSUGOで行われた。

7番手グリッドのKEIHIN HSV-010は金石選手がスタートドライバーを担当。曇りのドライコンディションのなか安定した走りでポジションをキープして、レース中盤の33周目にピットに入る。

ここで広大にドライバーチェンジ。ルーティン作業を終えコースに戻ったKEIHIN HSV-010は、その後全車がピット作業を終えた時点で8番手につける。

終盤、広大は順位をひとつ上げてフィニッシュしたが、レース後に他車が30秒加算ペナルティを受けたため、6位に繰り上がった。

「今回は予選の時からタイヤを含めたセッティング面で苦労することが多かったのですが、それが最後まで響いてしまったという感じですね。それでもチームのみんなの頑張りで、何とか6位でフィニッシュすることができましたし、結果的にランキング2位の座も守ることができました。重いウェイトが搭載されていたことを考えると、それほど悪くない結果だと思っています。シーズンが終わったあとに、『厳しい状況の中、菅生で6位に踏ん張ることができたのが大きかった』と思えるようにしたいですね。そのためにも、残りの3戦は全力を尽くして、タイトル獲得を目指していきます」

7月30日、宮城県のスポーツランドSUGOでスーパーGT第4戦が開幕した。

土曜日の菅生は朝から雨。一時的に雨脚が強くなる中で行われたフリー走行でKEIHIN HSV-010は6番手タイムを刻む。

その後、雨は止み路面状況は回復。予選1回目はドライタイヤで走行を開始するが再び雨が降り始める。セッションはスピンしたマシンの回収作業などで赤旗中断を挟む荒れた展開になったが、KEIHIN HSV-010は7番手タイムをマークして各クラス上位10台で争われるスーパーラップに進出した。

スーパーラップ時も雨は強弱を繰り返していたが、金石選手がアタッカー役を務めKEIHIN HSV-010は予選7番手につけた。

7月17日、富士スピードウェイでフォーミュラ・ニッポン(FN)第3戦が行われた。

今大会は予選と決勝を同日に行うワンデー・イベント。土曜日は2回のフリー走行が設けられ、予選は日曜日の8時10分から始まった。広大は、今回もQ1、Q2をクリアして最終セッション(Q3)に進出。予選5番手につけた。

決勝は気温34度、路面温度50度のコンディションで14時40分にスタート。5番グリッドの広大は、オープニングラップで4番手にポジションアップした。

今回のレースは2回のタイヤ交換が義務づけられており、1周目終了時から早くもタイヤ交換を行うマシンが現れる。広大は14周目にピットに入り同時に給油も行う。上位陣が1回目のタイヤ交換を終えた時点で5番手につける広大は、レース中盤も安定したラップタイムを刻み続け26周目に再びピットイン。チームと広大は2回のピット作業をミスなくこなしたが、順位に変動はなく5位でチェッカーをうけた。

厳しいコンディションのなか、最後まで集中力を切らせることなく、ホンダ勢最上位でフィニッシュした広大は、次のようにコメントしている。

「チームも僕も、置かれた状況の中でベストを出せることができたと思います。ホンダ勢でトップという結果ですが、それに満足しているわけではありません。ただ内容は悪くなかったと思っています。自分としてはかなり攻めた走りができましたし、ピットストップもミスなくことなせました。レース序盤、もう少しいいペースで走ることができれば、最低限、表彰台を狙えたはずです。ガソリンを積んだ時のセットアップをもう少し煮詰める必要がありますね。それがきちんとできれば、次回のもてぎでは、トムスの連勝をストップさせることができると思っています。とにかく次のもてぎでは、ホンダ勢としての今シーズン初勝利を実現したいですね」

海の日の祝日にあたる7月18日(月)、ツインリンクもてぎで開催されるチャリティ・イベント「佐藤琢磨と元気に遊ぼう!」に広大も参加します。このイベントは、佐藤琢磨選手が立ち上げた東日本震災支援活動"With you Japan" と株式会社モビリティランドが共催するもので、被災地域(青森・岩手・宮城・福島・栃木・茨城・群馬・千葉の各県)在住の方を対象にした招待イベントです(被災地以外の方も参加できます)。当日は、ドライバーのトークショウやチャリティオークションを始め、カートコースでのデモンストレーション走行や森のクラフト体験など、いろいろなプログラムが用意されています。また、震災の被害から復活したツインリンクもてぎをF1マシンが疾走するという催しも予定されています。時間のある方は、ぜひ、ツインリンクもてぎに足を運んでみてはいかがでしょうか。

イベントの紹介はツインリンクもてぎのホームページまで。
http://www.twinring.jp/

●開催概要
イベント名称「佐藤琢磨と元気に遊ぼう!」
開催日程2011年7月18日(月・祝)
開催場所ツインリンクもてぎ園内
開催内容被災地域在住の方を広くご招待し、お子様を対象にした様々なイベントを中心に、佐藤琢磨選手本人をはじめ、レーシングドライバーとの交流をお楽しみいただきます。
ご招待対象青森・岩手・宮城・福島・栃木・茨城・群馬・千葉各県在住の方
入場料・駐車料を無料にて佐藤琢磨選手がご招待
※入場ゲートにて、住所を証明できる「免許証」「保険証」などをご提示いただきます。
※上記、ご招待対象地域以外の方は、一般参加としてご入場いただけます。(下記参照)
一般参加上記招待対象地域以外の地域にお住まいの方であっても、もちろん参加可能です。なお、当日7月18日(月・祝)は、入場ゲートで「元気もりもり!」のキーワードを言えば、子ども・幼児に限り入場が無料となるキャンペーンも実施しています。

1