News/ニュース

2010年8月アーカイブ

2010年8月22日、スーパーGT第6戦「第39回 インターナショナル ポッカ GT サマースペシャル」が鈴鹿サーキットで行われ、KEIHIN HSV-010は4位入賞を果たした。

2006年からスーパーGTシリーズの一戦として開催されるようになった伝統ある真夏のイベントは、気温34度、路面温度49度という厳しい暑さのなかで15時にスタート。700kmの長丁場のレースは始まった。

KEIHIN HSV-010は金石選手のドライブでスタートし、34周目に1回目のピットイン。ルーティン作業を行い広大が乗り込む。GT500クラスの全車が1回目のピット作業を終えた時点での順位は8番手。安定したラップを重ねた広大は64周目にピットに入った。

再び、金石選手へとドライバー交代したKEIHIN HSV-010は、その後も順調に走行しポジションを上げていく。そして、6番手走行中の92周目に3回目のピットイン。最後のスティントは広大が担当し、ナイトセッションのなか猛プッシュを重ね4位でチェッカーを受けて、シリーズランキング3位に浮上した。広大はレース後、以下のようにコメントしている。

「前回のレースで優勝し、ウェイトを積んだ状態の中でいいレースができました。他のマシンとのバトルによってタイムをロスし表彰台に上がれなかったのは残念ですが、長く厳しい鈴鹿700kmで上位でゴールすることができ、ランキング3位に浮上しました。今シーズンのスーパーGTは残り2戦。次の富士でも上位でフィニッシュできれば、最終戦は得意の鈴鹿ですので、タイトル獲得のチャンスはあると思います。気を引き締めて、残りのレースに臨みたいです!」

スーパーGT第6戦が8月21日に鈴鹿サーキットで開幕し予選が行われた。

前戦SUGOで優勝しているKEIHIN HSV-010は、予選1回目で2番手タイムをマークして、ノックダウン方式の予選2回目に臨んだ。

最初のセッション1は金石選手が2番手で通過。セッション2に進むと今度は広大が3番手タイムを刻んで最終セッションへ進出する。セッション3では再び金石選手がアタックを行い、KEIHIN HSV-010は予選5番手のポジションにつけた。

8月8日、広大の地元・栃木県のツインリンクもてぎで、フォーミュラ・ニッッポン(FN)第4戦の決勝が開催された。午後2時のスタート時には、気温は35.5度、路面温度は60度近くまで上昇。うだるような猛暑の中でレースは始まった。

オープニングラップを11番手で通過した広大。その後、数台のマシンを追い抜き、8番手まで浮上する。そして27周目にピットインするが、ピットアウトの際にエンジンの回転数を落としてしまいストール。大きくタイムをロスし、最後尾まで順位を下げる。

何とかコースに復帰した広大は、再び数台のマシンをパスするが、10位で52周のレースをフィニッシュ。残念ながら、地元のもてぎで結果を残すことができなかった。レース後の広大は以下のようにコメントしている。

「クルマ自体には大きな問題もなく、決して調子は悪くなかったです。今回、結果を出せなかった最大の要因は、自分のドライビングです。前回の富士の時からタイムが出なかったこともあり、自分なりにドライビングの仕方をいろいろと試しながら走っていました。結果として、それがよくなかったことがわかりました。タイムを出そうと頑張りすぎたことで、逆にクルマ本来のポテンシャルを引き出すことができず、タイムを失っていたのです。次回の菅生(9月25日〜26日)までは時間がありますので、この部分をしっかりと見直していきたいです。またスタートもうまく決めて、ドライビングの精度をもっとあげて、菅生ではきちんと結果を出します!」

8月7日、栃木県のツインリンクもてぎで、フォーミュラ・ニッッポン(FN)第4戦が開幕し、フリー走行と予選が行われた。

シーズン2度目となるもてぎでのFN。第2戦では5番グリッドから2位表彰台に上がっている広大だが、前回とは気温、路面温度などコンディションが大きく異なる。

フリー走行13番手タイムだった広大は、予選の第1セッション(Q1)を11番手で通過。第2セッション(Q2)へと進んだが、トップ8に残れずQ2敗退で予選9番手に終わった。

スーパーGT第5戦の菅生で、劇的なGT初勝利を飾った広大。今週末にはツインリンクもてぎを舞台にフォーミュラ・ニッポン(FN)第4戦が開催される。FNでの初勝利にも意欲を見せる広大が、地元でのレースを前に意気込みを語ってくれた。

「表彰台の中央に立ったのは久しぶりでしたので、もちろん、うれしいという感情はありますが、それよりもKEIHIN REAL RACINGのチームの一員として責任を果たせたという気持ちのほう が大きかったです。今週末のFNでも当然、優勝を狙っていきます。前回のもてぎラウンド(5月)では予選のQ2で最速タイムを出すことができましたが、最終セッションのQ3でトップタイムを出せずにポールポジション(PP)を逃しました。

前から何度も言っていますが、まずは予選で1番を取ること。それを目指して、全力でいきたいです。あとレースウィークはすごく暑くなると思いますが、先週から今週の頭にかけて福岡でみっちりトレーニングをしてきましたので、その成果を出すためにも、気をひきしめて臨みたいです。

ブログやツイッターには、ファンの方から、GTとFNの2連勝を期待している声がたくさん届いています。GTとFNは違うレースですが、僕としてもいい流れを継続させて、きっちりと結果を残したいです。引き続き応援をよろしくお願いします!」

1