News/ニュース

2010年7月アーカイブ

2010年7月25日、スーパーGT第5戦の決勝が宮城県のスポーツランドSUGOで行われた。前日の予選を10番手で終えたKEIHIN HSV-010は、金石選手がスタートドライバーを担当。レース序盤からスピンや接触が多発するなか、安定した走りで着実にポジションを上げて、25周目には5番手まで浮上した。

30周目、2番手の18号車がピットイン。ここからGT500クラスのルーティンのピット作業が始まると、KEIHIN HSV-010は4番手走行中の37周目にピットイン。金石選手から広大へとドライバーチェンジを行いコースに復帰した。

広大は、55周目に6号車をオーバーテイク。3番手に上がったKEIHIN HSV-010は、ここから好タイムを連発し、前を走る18号車に一気に迫る。すると、73周目にトップを走っていた23号車が突然スローダウン。これで18号車と広大のサイド・バイ・サイドの緊迫したバトルはトップ争いへと変わった。

ラスト5周、最終コーナーや1コーナーなどで果敢に仕掛ける広大。だが、18号車も巧みな走りで隙を与えず、広大は2番手のままテール・トゥ・ノーズ状態でファイナルラップに突入したが、最終コーナーで前に300クラスのマシンが現れた瞬間、広大は18号車のアウト側にラインをとって、並走のままフルスロットル。全開でストレートを駆け上がった広大の駆るKEIHIN HSV-010が、僅か0.025秒差でトップチェッカーを受け、劇的な優勝を飾った。GT初勝利の広大はレース後、以下のようにコメントしている。

「まずは、ここまで僕とチームを応援してくれた、すべての方々に心から感謝したいです。ありがとうございました。レースを振り返ると、10番手という厳しいポジションからのレースでしたが、前半は(金石)年弘さんがすごくいい走りをして、大きく順位を上げて僕にバトンを渡してくれました。年弘さんの走りを見て、今日のマシンの出来はいいと思っていましたが、実際にドライブしてみても、本当にフィーリングがすごく良かったです。その後、2番手まで順位を上げて、前を走る(18号車の)小暮さんに何度も仕掛けたのですが、なかなか前に出ることができませんでした。でも最終ラップに小暮さんが300クラスのマシンに引っかかったチャンスを見逃さず、ストレートの加速で優勝をつかむことができました。追い抜くチャンスは、あの場面しかなかったと思いますので、すごくうれしかったし、ラッキーだったと思います。この調子で、これからのGTとフォーミュラ・ニッポンのレースも頑張りたいです! 引き続き、応援をよろしくお願いします」

2010年7月24日、スーパーGT第5戦が宮城県のスポーツランドSUGOで開幕し予選が行われた。KEIHIN HSV-010は、午前のフリー走行で8番手タイムを刻んでいたが、予選1回目を10番手で終え、上位8台が出走するスーパーラップには進出することはできなかった。

フォーミュラ・ニッッポン(FN)第3戦の予選が、7月18日に富士スピードウェイで行われた。

今戦は予選と決勝が同日開催というスケジュール。予選は日曜日の午前に始まった。前日の2回のフリー走行を11番手、6番手で終えていた広大は、予選の第1セッション(Q1)を11番手で通過し、第2セッション(Q2)へと進む。

しかし、Q2では僅かの差でトップ8に入ることはできず、今季初めて予選Q2敗退。午後に行われる決勝レースは、11番グリッドからスタートすることになった。

2010年7月18日、真夏を思わせる熱い日差しが照りつける富士スピードウェイでフォーミュラ・ニッポン(FN)第3戦の決勝が行われ、11番グリッドからスタートした広大は、11位でフィニッシュした。

今回のレースは予選・決勝1デー開催で、決勝レースの走行距離は200km。予選でFN今季ワースト・グリッドからスタートした広大は、集団のなかで接近戦を繰り広げる。だが、全車がノーピット作戦を採ったこともあり状況は劇的に変わることもなく、最後まで厳しいレース展開で、予選ポジションと同じ11位でフィニッシュ。FNでは今季初めてノーポイントに終わった。それでも広大はレース後の以下のように前向きなコメントをしている。

「土曜日のフリー走行の時から、タイムを出すことができませんでした。それが日曜日の予選・決勝でも続いてしましました。すごく残念なレースでしたし、これまでの自分のレースの中でもワーストに近い結果になってしまいました。でもレース中にはブレーキバランスやライン取りなど、いろんなことを試しながら戦うことができました。リザルトは11位というものでしたが、自分なりにレースの間にいろんなトライをすることができたので、価値のある44周でした。この経験が今後のレースにきっと生きると思っていますし、生かさないといけないと感じています。それにシーズンの間には、こんなレースもあります。この結果を糧にして、次回のもてぎでしっかりと結果を残したいと思っています」

1