News/ニュース

2009年9月アーカイブ

2009年9月27日、宮城県のスポーツランドSUGOでフォーミュラ・ニッポン(FN)第8戦の決勝が行われた。夏の日のような暑さだった前日から一転して日曜日の天候は曇り、気温17度とやや肌寒く、霧雨が舞うドライコンディションでシーズン最終戦は始まった。

広大はスタート直後にポジションを2つ下げてしまったが、2周目には前の2台をかわして3位のポジションを取り戻す。その後、スタート直前から降っていた雨が次第に強くなり、ドライタイヤで濡れた路面を走行するという難しいコンディションになったが、広大は素晴らしい速さで周回を重ね、首位のデュバル選手の背後に迫っていく。

20周目を過ぎると雨は強くなり、多くのマシンが相次いでウェットタイヤにスイッチするほど路面は滑りやすくなる。しかし広大はスリックタイヤのままで走行を続け、22周目にデュバル選手がオーバーランした隙にトップに躍り出る。

抜群のマシンコントロールでトップをキープする広大だが、雨脚は強さを増し、広大は上位勢の中でもっとも遅い31周目にピットイン。給油作業とともにウェットタイヤに交換した。7番手でコースに戻った広大は、ウェットタイヤにスイッチしても快調なペースで飛ばし続け、4位でフィニッシュ。今シーズン5度目の入賞を果たし、ドライバーズ・ランキング7位でFNのデビューシーズンを終えた。

「今回のレースは勝てるチャンスが十分にあったので、すごく悔しいです。その一方で最近の数レースに比べると、SUGOではドライでもウェットでもいいタイムで走ることができたので、その点に関しては良かったかな、と思っています。それにルーキー・オブ・ザ・イヤーのタイトルも獲得することができました。最後に今シーズン、僕をサポートしてくれた金石さんや田中監督を始めとするチーム・リアルのスタッフ全員、ホンダさん、そしていつも応援してくれたファンの皆さんに心から感謝をしたいと思います。本当にありがとうございました」

2009年のフォーミュラ・ニッポン(FN)最終戦のSUGOで4位入賞を果たし、今シーズンの総獲得ポイントは20点。この結果、ランキング2位の選手を7ポイント引き離し、見事にルーキー・オブ・ザ・イヤー(最優秀新人賞)のタイトルを手にすることになった広大。

ルーキー・オブ・ザ・イヤーのタイトル獲得について、広大本人は以下のようにコメントしている。

「最優秀新人賞のタイトルは、デビューイヤーの今年しかチャンスがないので、取れたことは素直にうれしいです。でもシーズンを通してみると、やっぱり勝つことや表彰台に上がることができなかったので、残念という気持ちが大きいです。自分自身にも足りないものが多いということも実感していますが、そんな中でも速さだけは見せられたとは思っています。今年FNで培った経験を、来年もフォーミュラに乗るチャンスがあれば、しっかりと生かしたいです。あらためて振り返ると、フォーミュラレースでは2007年鈴鹿のF3から勝ってないんですよね。いまシーズンが終わったばかりですが、とにかく早く表彰台の中央に立ちたいです。とりあえず、これからはスーパーGTに集中します。今年あと2レース残されていますので、GTでのドライビングに集中していきます!」

2009年9月26日、真夏を思わせる暑さとなったスポーツランドSUGOを舞台に、フォーミュラ・ニッポン(FN)の最終戦が開催された。

「クルマのフィーリングは悪くないです」という広大は、午前中のフリー走行で総合5番手となる1分7秒656というタイムをマークする。そして午後の予選でも広大は力強い走りを見せて、最終セッション(Q3)に進出する。Q3で広大は1分7秒003という好タイムを叩き出し、前回のオートポリスに続いて3番手グリッドを獲得した。予選後の広大は以下のように語っていた。

「今日はクルマが決まっていたので、予選のQ1、Q2、Q3と大きなセッティングの変更をしませんでした。アジャストをしたり、自分のドライビングを工夫したりしながらアタックを続けました。前回のオートポリスでは、予選が良くて、決勝でいい走りをできませんでした。今回のレースまでの間に、その原因を自分なりに考え、ドライバーとしできる範囲で対処してきました。明日のレースには、ルーキー・オブ・ザ・イヤーのタイトルがかかっていますので、それを確実にとりたいという気持ちがありますが、やっぱり最低でも表彰台に上がりたい。そしていい形でシーズンを締めくくりたいです」

広大が講師をつとめるカートのレーシングスクールが10月11日(日)、フォーミュランド・ラー飯能(埼玉県)で開催されます。スクールでは、広大が走行ルールやマナー、走行理論、実技まで、直接指導。中身の濃い内容となっています。興味のある方は、気軽にご参加を! スクールの詳細は以下の通りです。

日程2009年10月11日(日曜日)
場所フォーミュランド・ラー飯能
時間9:00〜17:00頃
料金ラー会員:10,500円
一般:13,000円
参加資格身長135cm以上で、ルール・マナーが守れて楽しく参加できる方
服装長袖、長ズボン、操作しやすい靴、ヘルメット(シールド付)、グローブ。
※ヘルメット、グローブは無料レンタルもあります。

申込方法 参加申込書に必要事項をご記入の上、参加料と合わせて提出してください。定員になり次第受付終了とさせて頂きます。なお参加受付後は、スクール開催ができなかった場合をのぞき、参加料の返金はできません。あらかじめご了承下さい。

参加ご希望の方は、ラー飯能にメールまたはお電話頂ければ、参加申込書を送らせて頂きます。なお参加の申し込みおよび問い合わせは以下まで。

■フォーミュランド・ラー飯能
TEL 042-977-3066
http://www.rahanno.com/

2009年9月13日、富士スピードウェイでスーパーGT第7戦の決勝が行われた。前日の雨も上がり快晴となった日曜日。午前のフリー走行では開始直後こそ路面の一部に雨が残っていたものの、セッションが進行するにつれてドライコンディションとなり、30分間の走行でKEIHIN NSXは晴れ用のセッティング作業を進めていった。

午後の決勝では金石選手がスタートドライバーを担当。KEIHIN NSXは9番手からスタートしたが、オープニングラップの1コーナーで先頭集団が接触し、混乱のなかでポジションを下げてしまう。しかし、金石選手はラップを重ねるごとに着実にポジションアップして、レース前半は7番手を走行する。

その後、26周目を過ぎたあたりから相次いでピット作業が始まるが、KEIHIN NSXはコースに留まり周回を重ねていく。そして先頭を走っていた34周目にピットイン。金石選手から広大にドライバーチェンジして、5番手でコースに復帰した。

ステアリングを握る広大は、アウトラップを終えると、安定したタイムを並べていく。47周目に前を走るマシンがアクシデントにより後退し、KEIHIN NSXは4番手に浮上。だが、3番手のマシンとの差は10秒以上と開いておりレース終盤は単独走行で、そのままチェッカーを受け、4位入賞を果たした。決勝後の広大のコメントは以下の通り。

「スタートドライバーをつとめた年弘さんのペースがよく、ポジションを上げて僕に引き継いでくれました。ピットではリアの2輪だけを交換し、作業時間を短くできたことも大きかったですね。僕はほとんど単独走行で、ポジションを守ることを考えながら走行しました。4位という結果は悪くありませんが、同じNSXのマシンが優勝していますからね。やっぱり自分自身、もっと予選を頑張って、スタートの順位を上げなくてならないと思います」

1  2