News/ニュース

2009年8月アーカイブ

2009年8月30日、フォーミュラ・ニッポン(FN)第7戦の決勝がオートポリスで開催された。日曜日も天候は晴れ、気温30度、路面温度47度のドライコンディションでレースは始まった。

「スタートは、出だしは良かったのですが、ちょっとホイールスピンをさせすぎてしまいました」という広大は、1コーナーまでに順位を1つ落としてしまう。

11周目には早くもピットに向かうマシンが現れるが、広大は4番手をキープしたまま周回を重ね23周目にピットイン。スタート時に燃料を少なめに搭載していた広大は、給油などでやや時間がかかり、コースに戻ると10番手にポジションを落としている。

その後、2ストップ作戦のマシンが2度目のピットに向かうと広大は8番手に浮上。だが、マシンにトラブルを抱え全くペースの上がらない我慢の走りをしていた広大は、44周目に2台、46周目に1台と立て続けにパスされると、そのままピットに入りマシンを止めた。レース後の広大は以下のようにコメントしている。

「予選でのマシンのフィーリングは良く、3番手といういいタイムを出すことができたのですが、決勝では思うように走ることができませんでした。ペースが悪く、順位を下げてしまいました。最後はいきなりリアサスペンションにトラブルが発生し、マシンを止めることになりました。この数戦は予選での好結果をうまく決勝のリザルトに結びつけることができておらず、不完全燃料のレースが続いています。決勝でのセッティングやタイヤの使い方を含め、まだつかみ切れていないことがあります。次の菅生はFNの最終戦となりますので、絶対に結果を残したいです」

2009年8月29日、大分県のオートポリスでフォーミュラ・ニッポン(FN)第7戦の予選が行われた。

FNがオートポリスで開催されるのは2006年以来、3年ぶりということで、予選を前にした午前のフリー走行では、各チームが走り込みデータを収集しセッティングを煮詰めていった。広大は60分間のセッションで17周を走行。ベストタイムは1分33秒026で、トップから0.377秒差の3番手だった。

午前に続いて晴天となった予選セッション。広大は全車が出走する第1セッション(Q1)を8番手で通過すると、続く第2セッション(Q2)では4番手タイムをマークして、6戦連続で最終セッション(Q3)へと進出する。

Q3では終盤にアタックを行い、この日ベストとなる1分32秒867をマークしたがトップには0.311秒届かず、今季3度目の予選3番手。オートポリスの決勝はFNベストタイの3番グリッドからスタートすることになった。予選後に行われたトップ3会見で、広大は次のようにコメントしている。

「Q1では他車との間合いを見ていてタイヤの温め方が上手く行かなくて、いいタイムを出すことができませんでした。でも、Q2とQ3では思ったようにタイヤも温められましたし、クルマの本来の力を発揮することができたと思います。Q3ではロイック(・デュバル)選手が目の前で飛び出したこともあり、いつも通りに走れなかったので、それを取り戻そうとセクター3で頑張ったのですが、もう少しっていうところで伊沢選手に負けてしまいました。ですから、この記者会見に来るのは3回目なんですけど、今までで一番悔しいですね」

2009年8月23日、鈴鹿サーキットでスーパーGT第6戦の決勝が行われた。スタート直前に雨が少し落ちたが、路面コンディションはドライのまま700kmのレースは始まった。

14番手からスタートしたKEIHIN NSXは金石年弘選手がスタートドライバーを担当し、21周を終え1回目のピットイン。ルーティン作業を済ませ、広大がピットアウトした。

広大は安定したラップタイムを並べていたが、54周終了時にピットロード入り口で他車と接触してしまう。幸いにもマシンに大きなダメージはなく、そのままピットに入ると再び金石年弘選手が乗り込みコースに復帰した。その後、KEIHIN NSXは7番手に浮上。さらに上位を目指し周回を重ねていた。

しかし、85周目にタイヤ・バーストに見舞われスロー走行していたマシンの後部が炎上し、消火活動のためセーフティカー(SC)が導入される。SCランはしばらく続いたが、この頃ちょうど多くのチームがルーティンピットを予定しており相次いでピットイン。KEIHIN NSXもピットに入ったが、不運にもピット作業禁止のタイミングと重なり大きくタイムロスしてしまう。

再スタートが切られると、再び広大が乗るKEIHIN NSXは10番手。その後118周目に4回目のピットインを行い金石勝智選手に交代し、このレースで現役引退を表明している金石勝智選手が最終スティントを担当して10位でチェッカーをうけた。

レース後、広大は以下のようにコメントしている。

「レース序盤はすごくいい形で進みました。前が詰まっていたので早めに最初のピットインをしたこともあり、一時5番手まで浮上することができました。決勝でもクルマのフィーリングはすごく良くて、いい走りをできていたのですが、スローダウンしていた伊沢さんと接触してスピン。マシンにダメージはなかったのですが、ポジションを下げてしまいました。そのあと8号車のアクシデントによってセーフティカーがコースインしましたが、ピットインしたタイミングの不運もあり、かなりタイムをロスしていまいました。これが結果的に大きかったですね。普通に走っていれば4〜5位にはなれたと思いますので、アンラッキーでした。ナイトセッションはさすがに難しかったですね。十勝24時間レースのようにはいかなかったです(笑)。やはりスーパーGTは速度も速いし、鈴鹿は十勝に比べると、かなり暗いですから。次の富士では、今回の不運を吹き飛ばすような走りをしたいです」

2009年8月22日、三重県の鈴鹿サーキットでスーパーGT第6戦の予選が行われた。真夏の恒例となった鈴鹿での長距離レース。今年は「第38回インターナショナル ポッカGTサマースペシャル」ということでレース距離は700kmと通常よりも長く、KEIHIN NSXは金石勝智選手がサードドライバーとして加わり、金石年弘選手と広大の3名体制で臨む。

今回の予選はセッション1、セッション2、セッション3に分けられ、それぞれのセッションで上位タイムをマークしたチームのみが次のセッションへ出走するノックダウン方式が採用された。セッション1では金石年弘選手がタイムアタックを担当。広大は基準タイムをクリアすると、その後は金石年弘選手が走行し、ベストタイムは1分57秒495で予選14番手だった。広大は予選後、以下のようにコメントしている。

「クルマのフィーリングは相変わらず悪くありません。ただ予選での一発を出しづらいような印象を受けます。そこが課題かもしれません。とにかく明日は勝智さんの引退レースなので、全力で頑張りたいと思います」

2009年8月9日、フォーミュラ・ニッポン(FN)第6戦の決勝がツインリンクもてぎで開催された。雨の予想もされた日曜日だったが、決勝は曇り。真夏の太陽は顔を出さなかったが、蒸し暑いコンディションの中でレースは始まった。

広大はスタートでやや出遅れ、1コーナーまでにポジションを落としてしまった。さらにS字で他のマシンに接触されてコースをはみ出し、さらにポジションダウン。オープニングラップで8番手まで順位を下げてしまった。その後の追い上げが期待されたが、広大のマシンには電気系のトラブルが発生し、エンジンパワーが十分に発生しないという苦しい展開となった。そのためタイムが上がらず、広大は我慢の走りを強いられる。さらに終盤にはシフトダウンができないというトラブルも発生し、広大はスローダウン。チェッカーまでわずか4周というところでピットイン、そのままマシンを止めている。広大はレース後に以下のようにコメントしている。

「6月のもてぎでは悔しい思いをしたので、今回はいい結果を残したかったのですが、いろいろなトラブルもあり、残念な形で終わってしまいました。まずスタートをうまく決めることができず、他のマシンに押し出される格好でコースアウト。ポジションを落としてしまいました。そのあとにエンジンのパワーがなくなり、ペースが上がりませんでした。タイヤを交換しても、ペースは戻らなかったですね。終盤にギヤが動いたり、動かなかったりというトラブルが発生し、最後にはギヤがまったく落ちなくなってしまった。それでリタイアすることになりました。体力的にはまったく問題なかったんですけどね。地元でのレースとあって、たくさんのファンがサーキットに応援しにきてくれたのに、結果を残せず、本当に悔しいです。残りのレースはオートポリス、菅生の2戦。F3時代のレースを振り返ると、あまりいいイメージのないサーキットですが、きちんと結果を残したいと思います」

1  2