News/ニュース

2009年7月アーカイブ

7月26日、宮城県のスポーツランドSUGOでスーパーGT第5戦の決勝が行われた。スタート時点での天候は晴れだが、予報では夕方には雨が降るという難しいコンディションのなかでレースは始まった。

14番手からスタートしたKEIHIN NSXは、金石選手がスタートドライバーを担当。コース幅が狭く、距離が短いSUGOのコースで、序盤の混戦のなかを金石選手は安定した走りで周回を重ねていった。

しかし、26周を過ぎた頃から雨が落ち始め、30周過ぎには本格的な雨になる。この状況にスリックタイヤでの走行は厳しくなり各マシンが相次いでピットイン。KEIHIN NSXも給油とタイヤ交換を行い広大が乗り込んだ。

雨はその後も降り続けていたが、50周を過ぎたあたりから霧雨に変わり、レコードラインは乾きはじめる。この時点でKEIHIN NSXは10番手を走行していたが、レース終盤にかけてポジションをひとつずつ上げていくと、再び雨が落ち始めていた77周目に6番手に浮上。後方スタートながら6位に入り、今シーズン4度目の入賞を果たした。レース後の広大は以下のようにコメントしている。

「ドライバー交換の時は他のチームも一斉にピットに入り、すごくバタバタしたので、多少焦りました。でもチームが的確な判断で、浅溝のウェットを選択したことが大きかった。ブリヂストンのウェットはすごく安定しており、予選からクルマのフィーリングは本当に良かったので、最後まで思いっきり攻めることができました。レースの走りはテレビにはあまり映ってなかったようですが(笑)、コース上で4台以上はオーバーテイクすることができたと思います。結果的に6位入賞を果たすことができましたし、いいレースでした。僕にとって次のレース、フォーミュラ・ニッポンのもてぎ(8月8日〜9日)に向けても、いい流れをつかむことができました。もてぎの前にはチームのファクトリーでミーティングをしますので、チームとともにクルマをさらにいい方向にまとめていきたいですね。そして前回のもてぎで手にできなかった優勝で目指します」

7月25日、宮城県のスポーツランドSUGOでスーパーGT第5戦の予選が行われた。今回も金石選手が予選のタイムアタックを担当することになっており、広大は基準タイムをクリアすると、その後は金石選手が走行を行った。

前戦セパンで2位表彰台に上がるなど26ポイントを獲得し、ドライバーズランキング5位につけている金石年弘選手と広大のKEIHIN NSX。今回のレースではウエイトハンデ52kgと重く、高低差が約70mあるアップダウンの激しいコースでは苦戦が予想されたが、広大は「マシンのフィーリングはすごくいい」とコメントしていた。注目のタイムアタックは、担当ドライバーの金石選手がコースアウトを喫したこともあり、ベストタイムは1分19秒570。予選14番手に終わっている。

それでも広大は「チームのスタッフや金石さんがいろいろとやってくれたので、クルマの仕上がりはいいです。スーパーラップに残れるぐらいの速さはあると思いますので、レースでは(表彰台に上がった)前回のセパンの時のようなパフォーマンスを発揮したいです」とコメントしていた。

広大を4輪レースのデビュー当時から撮影し続けている日本を代表するレースカメラマン、池之平昌信氏の写真展『シャッタースピード レーシング〜0→350km/h 流し撮りの世界』が開催されます。会場となる東京ミッドタウンの富士フイルムフォトサロンには、広大を写しとめた作品も数点展示されています。写真展の詳細は以下です。

開催日時2009年7月24日(金)〜7月30日(木)
10:00〜19:00(最終日は14:00まで)
開催場所富士フイルムフォトサロン

東京都港区赤坂9-7-3
東京ミッドタウン フジフイルムスクエア2F

また写真展の開催に合わせて、池之平氏の著書『流し撮り完全マスターブック〜プロじゃなくてもイチから学べば絶対撮れる!』が7月29日に発売されます。一眼レフ初心者の方からレース写真マニアの方まで、写真愛好家ならばきっと役に立つ情報がいっぱい。わかりやすい作例写真といっしょに楽しめる内容になっています。レースの写真もふんだんに掲載されており、写真集としても楽しめます。表紙は今季、フォーミュラ・ニッポン(FN)で活躍する広大の一瞬を鮮やかに切り取ったカット。こちらも、是非、ご覧下さい。

なお本書は池之平氏の写真展で先行発売されますが、塚越広大ファンの方には特典があります。会場で本書を購入し、「塚越広大のホームページを見ました」と言っていただければ、広大のFNの走りを写したポストカードを差し上げます。会場に足を運んでみてはいかがでしょうか。

本書の問い合わせは、(株)日本写真企画、および池之平昌信氏の公式ホームページまで。

■流し撮り完全マスターブック〜プロじゃなくてもイチから学べば絶対撮れる!』
池之平昌信 著
A4変形/カラー96ページ。定価1500円

7月12日、快晴の鈴鹿サーキットでフォーミュラ・ニッポン(FN)の第5戦の決勝が行われた。開幕戦の富士以来のドライレースとなった鈴鹿はスタートで大きな波乱が待っていた。5人の選手がジャンプスタートと判定され、ドライブスルーペナルティが科されたのだ。予選で3番手を獲得し、スタート直後から4番手につけていた広大も、ペナルティによって後方にポジションを落としてしまった。その後、広大はトムスのマシンを抜く場面もあったが、最終的には9位でフィニッシュ。惜しくも入賞を逃している。レース後の広大は以下のようにコメントしている。

「本当に久しぶりのドライレースだったので、何とかいい結果を出したいと思っていたのですが、うまくまとめきることができませんでした。スタートは、レッドランプが消えるまでの間に、マシンがちょっとだけ動いてしまった。それでフライングをとられてしまいました。すごく残念です。そのあとは、マシンが重い状態の時に少しがんばり過ぎて、フロントタイヤを痛めてしまった。それでペースを上げることができませんでした。不完全燃焼のレースで、うまく歯車が噛み合わなかった、としか言いようがないです。次のもてぎではきちんとマシンと自分の力を発揮し、結果を残したいと思います」

7月11日、ドライコンディションの鈴鹿サーキットでフォーミュラ・ニッポン(FN)第5戦の予選が行われた。午前中のフリー走行で6番手のタイムをマークした広大。午後の予選では、最初のQ1で1分42秒570のベストタイムを記録し、楽々とQ2に進出する。「Q2の前に、より速いタイムを出せるようにセッティングを変えました。マシンのフィーリングは悪くなかったのですが、その方向がちょっと外れてしまったようです」と広大が振り返るように、Q2ではタイムが伸びず、1分42秒980に終わる。それでもギリギリの8番手でQ3に進出することになった。

最後のセッションを前に、セッティングを再び変更してタイムアタックの臨んだ広大。最後のアタックで力強い走りを披露し、1分42秒036という好タイムを叩き出し、3番手グリッドを獲得。第3戦のもてぎに続いて、3番手という好位置から決勝を迎えることになった。予選後の広大は、このように語っている。

「午前の走り始めから、クルマの手応えは悪くありませんでした。でも今回のクルマはちょっとピーキーだったという面はあったと思いますね。Q2はちょっとヒヤヒヤしましたが、Q3を前に田中監督と担当のエンジニアと話し合い、いい方向にうまくセッティングをあわせることができました。チームとは『インパルの2台の前には絶対に出たいね』と話していたので、それができたので、この結果には満足しています。明日はスタートがポイントになると思いますが、あまり気負わず、リラックスしてレースに臨みたいです。天候はドライでも雨でも、どちらでもいいです。クルマはいい感じに仕上がっていますので、どんなコンディションになっても自信があります!」

1  2