News/ニュース

2009年5月アーカイブ

5月31日、広大の地元ツインリンクもてぎでフォーミュラ・ニッポン(FN)の第3戦が行われた。レースは雨が降ったり、やんだりする、難しいコンディションとなった。広大は好スタートを決め、1コーナーで2番手のデュバル選手に並び、2コーナーで追い抜きに成功。3周目にはビクトリーコーナーでトップの小暮選手もオーバーテイクし早くもトップに浮上すると、ファステストラップを叩き出しながらリードを広げていく。

その後は、雨が強くなると、各マシンがウェットタイヤに交換するためにピットに入る。広大はトップのままでコースに復帰するが、ウェットでペースが上がらず、ポジションを落とす。しかし中盤に入って雨が弱まると、広大は再びスリックでコースイン。ペースを上げながら走行し、2番手に浮上する。その後、他のマシンがクラッシュし、セイフティカーがコースインすることになった。その間に再び雨が強くなる中、他のマシンが続々とピットインし、ウェットタイヤに交換するが、広大とチームはスリックタイヤで勝負することを決断する。38周目に首位に返り咲いた広大は、強くなる雨の中で必死のドライビングを見せ、残り4周までトップの座を死守する。

しかし残り5周をきった時点から雨がさらに強さを増し、広大はペースを落とし、ウェットを装着した選手に抜かれていく。それでも最終ラップまで3位表彰台のポジションをキープしていたが、90度コーナーで後続の選手に追い抜かれ、4位でフィニッシュしている。惜しくも表彰台を逃した広大だが、濡れた路面をスリックで走るという抜群のコントロール能力を披露し、集まった地元のファンを大いに沸かせた。

「スタート前から荒れたレース展開になることは予想していました。僕自身はスタートをうまく決め、“ここしかない”というところでデュバル選手と小暮選手を抜くことができました。トップに立ったあとも、スリックで普通に走れる程度のチョイ濡れの路面状況が続けば、勝てたと思います。残り5周を切った時点で雨が強くならなければ、表彰台は確実にいけたと思いますし、セイフティカーのタイミングも悔やまれます。でも、それは仕方のないことです。雨のレースは本当に楽しかったし、僕たちの戦術も決して間違っていなかったと自信を持っています。あのコンディションでスリックという作戦は、F3時代から一緒にやってきた僕と田中監督でなければできなかったことです。実際、F3時代にはウェット路面をスリックで走り、勝ったこともありましたから。これで開幕から6位、5位、4位と順位を上げたことになりますが、次のレースでは一気に勝ちたいです!」

地元で開催されたフォーミュラ・ニッポン(FN)の第3戦で素晴らしい走りを見せ、優勝にあと一歩まで迫った広大。レース後にサーキットにたくさん集まってくれたファンに向けて、特別にメッセージを送ってくれた。

「雨の中で応援してくれたファンの皆さん、本当にありがとうございました。今回のレースは本当に難しいコンディションで、ダウンヒルと3コーナーでコースアウトも喫しましたし、コースアウトしなくても“ヤバイ!”という場面が何度もありました。結果的には優勝と表彰台を逃してしまいましたが、内容のあるレースができたと思います。まだまだ課題はありますが、次の富士(6月28日)に向けて、本当にいいレースできました。僕自身、できるだけ早い時期に勝ちたいと思っていますので、引き続き、皆さんの応援をよろしくお願いします」

5月30日、広大の地元・栃木県のツインリンクもてぎでフォーミュラ・ニッポン第3戦の予選が行われた。今回は地元とあって、家族や大勢のファンが駆けつけた土曜日のセッション、心配された雨はなかったものの、午前中のフリー走行で広大は1分36秒383で11番手に終わる。

「このあと田中監督や金石さん、チームのスタッフとマシンと自分のドライビングについて話し合い、いろいろと見直しました」という広大。午後の予選では周回を重ねるごとにタイムを上げ、Q2で7番手に入り、2戦連続で予選の最終セッション(Q3)に進出する。ここで広大は1分34秒633の好タイムをマークして、3番グリッドを獲得した。

「3番手を獲得でき、まずはホンダさん、チームのスタッフに感謝したいです。最初のフリー走行は11番手に終わり、『どうしようか』と少し焦りましたが、セッションを重ねるごとに、チームのスタッフがうまくマシンをアジャストしてくれました。Q3のアタックをする前に、田中監督から『思いっきり行ってこい!』と言われましたので、自分のベストが出せるように全力で走りました。いい感じで1周をまとめることができたと思います。トップの2台とのギャップがあるので決して満足はしていませんが、今季最高のグリッドを獲得できたので、素直にうれしいです。予選のあと、田中監督が『グットジョブ!』と言ってくれました。いつもレースで勝つと、田中監督は『ブラボー!』と言ってくれるので、明日はその声を聞けるようにがんばりたいと思います」

5月17日、鈴鹿サーキットでフォーミュラ・ニッポン(FN)第2戦の決勝が開催された。午前中のウォームアップの天候は曇り。路面はところどころで濡れているが、ほぼドライコンディションの中で行われた。ここで6番手のタイムを出した広大は、「マシンのフィーリングはいいですね」と笑顔を見せていた。

午後の決勝は、スタート前に雨が降り出し、完全なウェットコンディションとなった。注目のスタートを決めた広大は、一気に4番手までジャンプアップする。その後も、うしろの選手を抑えながら、4番手のポジションを保ったままで走行を続ける。28周目にピットインした広大は、ウェットタイヤ交換と給油を行いコースに復帰する。1分58秒台の最速タイムをたたき出しながら周回を重ねる広大だが、ピットインでタイヤ交換を行わないドライバーに僅差で逆転を許し、5位でフィニッシュしている。それでもルーキーながら2戦連続の入賞を果たした広大は、ドライバーズ・ランキング5位に浮上している。

「スタートを完璧に決め、4番手に浮上することができました。雨がひどかったレース序盤はデグナーではみ出す場面もあったし、本当にいっぱいいっぱいで走っていました。他の選手とのバトルもありましたが、とにかく自分のベストのドライビングができるように集中していました。130Rでコースをちょっとはみ出してしまい、4位でゴールできるチャンスを失ってしまいましたが、レース全体ではいい週末を送ることができました。なによりも開幕からの1ヶ月の間に、チームのおかげでマシンの競争力がすごく上がったことを確信できました。それが僕にとってはすごく大きい自信になりました。一生懸命にやってくれるチームのためにも早く、もっといい結果を残したいと思っています」

5月16日、雨の鈴鹿サーキットでフォーミュラ・ニッポン(FN)第2戦の予選が開催された。FNデビュー戦となった開幕戦の富士では6位に入賞した広大は、走り慣れた鈴鹿でも力強い走りを披露する。特に雨のひどくなったQ2ではセッション終盤までトップのポジションを守る。最終的には4番手に終わったが、2分04秒617という好タイムをマークする。予選の最終セッション(Q3)にも大きな期待がかかったが、最初のアタックが終わった直後のS字コーナーでコースアウト。7番手から決勝に臨むことになった。予選終了後の広大は、以下のように語っている。

「Q3でのコースアウトは攻めた結果なので仕方ないと思っています。でも、雨が強く、コースコンディションが最悪だったQ2ですごくいいタイムを出せることができました。Q2はストレートでクルマをまっすぐ走らせるだけでも大変でした。コクピットの中で自分自身に気合を入れながら、走っていましたね(笑)。今日はQ1での走り始めからすごくマシンのフィーリングが良かったです。開幕戦が終わり、この鈴鹿までの約1ヶ月の間にマシンを進化させてくれたチームのスタッフに心から感謝したいです。明日の決勝も雨の天気予想になっていますが、ウェット状態でのクルマのフィーリングがすごくいいので、できればたくさん雨が降ってほしいです」

1  2