News/ニュース

2008年3月アーカイブ

2008年3月20日〜21日にシーズン2回目となるユーロF3合同テストが快晴に恵まれたポルトガルのエストリル・サーキットで開催されました。ユーロF3はクムホのワンメイクタイヤが供給されていますが、年間で使用できるタイヤが60セットに限定されています。しかし、このテストではタイヤのセット数がカウントされないために、広大は初めてのエストリルで200周以上の走行を重ねています。「マシンのフィーリングは確実に良くなっている」と語り、シーズン開幕に向けての準備は徐々に整ってきているようです。では、以下が広大本人によるテストレポートです。

「3月20日〜21日にポルトガルのエストリルでF3合同テストが開催されました。前回のテストの舞台となったバレンシアからそのまま移動し、エストリルに向かいました。バレンシアのテストが終わってからチームとミーティングをして、さらにマシンセットを進められるようにプログラムを組んで、エストリルのテストに臨みました。

今回のテストはタイヤのセット数がカウントされないため、朝一から走行することができました。今回も初めての走行となるコースだったため、多く周回を重ねました。エストリルは、最終セクションに登りながらのタイトなシケインがあり、そこをうまく走ることがコース攻略につながるという面白いサーキットでした。バレンシアとは違ったキャラクターのコーナーが多かったので、たくさんのテストをすることができました。

初日は足回りや、ウイングのダウンフォースバランスの確認し、最後はNEWタイヤを装着してのタイムアタックもうまくいき、2番手のタイムを出すことができました。

2日目も引き続きテストスケジュールを順調にこなしていきました。午前の最後のアタックは最後までアタックすることができなかったので、もう少しタイムアップできる可能性がありました。午後はブレーキのキャリパーのテストをしたのですが、あまりいい感触がしなかったことに加え、強風でコンディションが難しい状況だったので、あまり走行することができませんでした。

開幕戦までに、イギリス国内でプライベートテストが行われる予定です。マシンのフィーリングもバレンシアの時から確実によくなってきており、最終確認を次のテストでして、最高の状態で開幕戦に臨みたいと思います」

■2008年3月のニュースへ

3月20日〜21日、ポルトガルのエストリルでユーロF3の合同テストが開催された。今季2回目の合同テストには前回と同様に29台のマシンが参加。広大は2日間のテストで200周以上を走行した。1日目のベストタイムはセッション2にマークした1分32秒379で初日総合2番手。2日目には自己ベストを更新する1分32秒245をマークした。2日間4回の総合では5番手で、バレンシアとポルトガルでの走行を終えた広大は、「とても楽しく充実したテストができました」と語っている。

広大本人のテストレポートはこちら >

■ユーロF3合同テスト エストリル

■セッション別タイムと順位
セッション順位ベストラップ周回数
セッション151:32.89871
セッション221:32.37939
セッション351:32.24563
セッション4101:33.16239

■2日間総合順位(トップ10まで)
順位No名前/チーム国籍タイム
15BIRD Sam/Manor MotorsportGBR1:32.035
21HULKENBERG Nico/ART Grand PrixFRA1:32.086
326MAKI Mika/Mucke MotorsportFIN1:32.184
42JAKES James/ART Grand PrixGBR1:32.203
528TSUKAKOSHI Koudai/Manor MotorsportJPN1:32.245
614KLEIN Michael/Jo Zeller RacingGER1:32.266
719DILLMANN Tom/SG FormulaFRA1:32.313
824BIANCHI Jules/ART Grand PrixFRA1:32.341
920WALDSCHMIDT Henkie/SG FormulaNED1:32.382
1017GOTZ Maximilian/RC MotorsportGER1:32.430

3月15日〜16日にかけてスペインのバレンシアで行われたユーロF3の合同テスト。これが広大にとって今シーズン初めての走行となりましたが、そのレポートを現地から本二人が送ってきてくれました。広大は「まだまだ課題が多い状態」と語っていますが、今季所属するマノーのチームメイトの中で最速タイムをマーク。「クルマは周回を重ねるごとにフィーリングが良くなっている」とも語っており、今後への確かな手応えを感じているようです。では、以下が広大からの現地レポートです。

「去る3月15日と16日の2日間に渡ってスペインのバレンシアで2008年シーズン初のユーロF3合同テストが行われました。ここまで1度もテストをすることができず、今回が自分にとってもチームにとっても今シーズン最初の走行になりました。

15日の午前中のセッションはマシンのシェイクダウンから始まりました。自分にとって初めてのサーキットでしたので、マシンのチェックと同時にコースを勉強しながらの走行になりました。開始1時間が経過した時点で1度赤旗が出され、それからは全車が今年のタイヤを使わなければいけないことになっていました。ただ、今回使ったタイヤは開幕戦のホッケンハイムの時にも使用しなければならないため、ある程度タイヤをセーブする必要がありました。赤旗後に今年のタイヤ、NEWタイヤでコースインしてアタックに入りました。まだ、完全にコースを把握できていなかったので、なかなかタイムを伸ばすことができず、最終的に7番手で午前のテストを終えました。

午後は3時間のスケジュールが設けられていましたが、残り1時間から走行を開始しました。タイヤは午前中の最後に使用したもので、ダンパーのセッティングを中心にマシンのセットアップに取り組みました。バレンシアのサーキットは午後になると風が強くなるために、午前中よりはコンディションが悪化しますので、タイムを伸ばすことはできません。しかし自分自身もコースになれ、マシンのフィーリングもよくなり、5番手で午後のセッションを終えました。

2日目の16日も晴天の中でテストが行われました。この日は午前に2セット、午後に1セットのNEWタイヤを使う予定で、テストが開始されました。この日も走行を開始した時から、前日に続いてセッティング作業を進めていきました。その後、1セット目のNEWタイヤでアタックに入りましたが、まだトップとのタイム差があったために再び中古タイヤを装着。あらためてセッティング作業を進めていきまいた。そして最後にもう1度NEWタイヤでアタックに行ったのですが、マシンのボトム(底)が当たってしまい、思うようにマシンのコントロールができませんでした。そのためにタイムアップをすることができず、7番手で午前のセッションを終えました。

午後の走行に向けて大幅にリアの足回りのセッティングを変更し、同じく残り1時間の時点からコースインしました。この日も風が強く難しいコンディションでしたが、マシンのフィーリングはよく、中古タイヤでもいいタイムを刻むことができました。最後にNEWタイヤを装着してアタックに入り、2番手のタイムを約0.3秒上回る最速タイムを出すことができ、午後はトップタイムで終えることができました。

走行を重ねるごとにマシンのフィーリングはよくなってきましたが、まだ多くの課題がある状態です。すぐにポルトガルのエストリルで合同テストがあるため、さらにマシンを煮詰めていきたいと思います」

■2008年3月のニュースへ

3月15日〜16日、スペインのバレンシアでユーロF3の合同テストが行われ、広大も走行を行った。2日間のテストには29人のドライバーが参加し、総合のトップタイムをマークしたのはウイリアムズのテストドライバーをつとめるARTのニコ・ヒュルケンベルグ。タイムは1分28秒405だった。広大はマノーの所属選手の中ではトップだったものの、総合では1分29秒106で8番手だった。

広大本人のテストレポートはこちら >

次回のテストはポルトガルのエストリルを舞台に、3月20日〜21日に開催される。

■ユーロF3合同テスト バレンシア

■セッション別タイムと順位
セッション順位ベストラップトップとの差
1日目午前71:29.862+1.166
1日目午後51:31.193+0.372
2日目午前71:29.106+0.701
2日目午後11:29.247-

■2日間総合順位(トップ10まで)
順位No名前/チーム国籍タイム
11HULKENBERG,Nico/ART GRAND PRIXGER1:28.405
23VIETORIS,Christian/MUCKE MOTORSPORTGER1:28.467
324BIANCHI,Jules/ART GRAND PRIXFRA1:28.539
426MAKI,Mika/MUCKE MOTORSPORTFIN1:28.657
523CLOS,Dani/PREMA POWERTEAMSPA1:28.952
621PHILIPPE,Richard/CARLIN MOTORSPORTFRA1:29.010
72JAKES,James/ART GRAND PRIXGBR1:29.063
828TSUKAKOSHI,Koudai/MANOR MOTORSPORTJPN1:29.106
922GONZALEZ,Roberto/CARLIN MOTORSPORTVEN1:29.110
1029OSHIMA,Kazuya/MANOR MOTORSPORTJPN1:29.117

2月中旬にいったん日本に帰国した広大だが、すぐにイギリスに戻り、現在は英語の勉強に励んでいるという。その合間にマノーのファクトリーにも度々訪問しているというが、最初のテストは今週末にスタートする。場所はバレンシアで3月15日〜16日、2回目はエストリルで3月20日〜21日になる予定だという。「マシンに乗るのが楽しみです」と広大は語っている。テスト結果については、あらためて紹介します。

1