News/ニュース

スーパーフォーミュラの最近のニュース

sf190519014L.jpg5月19日、大分県のオートポリスで2019全日本スーパーフォーミュラ選手権第2戦の決勝が行われ、REAL RACINGの塚越広大は15位でした。

天候も回復し曇り空のドライコンディションとなった決勝レース。スタート時のタイヤ選択は分かれ、6台がソフトタイヤ、その他はミディアムタイヤを選択。予選9番手の塚越広大はソフトタイヤを装着してグリッドに着きました。

塚越広大はスタートで7番手に浮上。1周目終了時から数台が早くもピットストップに入りました。2周目、スピンしたマシンがコース上にストップしたためセーフティカー導入へ。塚越広大はここでピットストップを行い11番手でコースに戻りました。

レースは8周目再開。リスタート後、ミディアムタイヤを履く塚越広大はソフトタイヤ勢とのバトルのなかで少しずつ順位を下げて16番手。終盤、1つポジションが上がり15位でフィニッシュしました。

塚越広大「今回のレースは悪天候のために十分に走行できないまま決勝を迎えることになりました。ただでさえ他の選手に比べて走行が少なかったうえに、戦略的にもうまく機能せず、厳しい復帰戦になってしまいました。そんな難しい状況の中でレースを最後まで走り切ることができ、SF19への理解を深めることができたのは大きな収穫でした。今回のレースを通して理解したことをチームとともにさらに進化させて、いち早く上位で戦えるようにし、結果として結びつけていかなければならないと思っています」

Photo : Honda

5月19日、大分県のオートポリスで2019全日本スーパーフォーミュラ選手権第2戦の予選が行われ、REAL RACINGの塚越広大は9番手でした。

トリスタン・シャルパンティエ選手に代わって、第2戦からREAL RACINGのドライバーを務める塚越広大ですが、スーパーフォーミュラ復帰戦の予選は天候に翻弄されました。

予選はノックアウト方式で土曜日に予定されていましたが、雨と風が強く悪天候のため中止され、40分間の計時方式で日曜日の午前に延期されました。予選は8時45分に始まりましたが、前日同様の荒天でコース上の水量は多くコースオフするマシンが続出。3度の赤旗中断があり、ほとんどのマシンが満足な計測ラップをできない状況で、3度目の赤旗のままセッションは終了しました。塚越広大は1分50秒700で9番手。決勝は9番グリッドからのスタート予定です。

塚越広大が5月18日~19日に大分県のオートポリス・インターナショナル・レーシングコースで開催される全日本スーパーフォーミュラ選手権第2戦からREAL RACINGのドライバーとして参戦することになりました。

塚越広大は今シーズン、REAL RACINGのドライビング・アドバイザーとしてチームに帯同していましたが、第2戦から最終戦まで、17号車をドライブすることになっています。 今回の決定について、塚越広大は以下のようにコメントしています。

「REAL RACINGから国内最高峰のスーパーフォーミュラに復帰することになり、うれしい気持ちでいっぱいです。この機会を与えてくれたREAL RACINGと金石(勝智)監督に心から感謝しています。

シーズンオフのテストから開幕戦までの間でしたが、チームの一員としてスーパーフォーミュラというレースを外側から見ることができたのは、僕にとって大きな経験となりました。ドライバーとして成長した姿を皆さんに見せられるようにしっかりと結果を出し、チームに貢献していきたいと思っています。

またレースができなかった間、国内トップフォーミュラのスーパーフォーミュラというレースシリーズで走れることはかけがえのないことであり、すごく貴重で特別な機会であることをあらためて感じることができました。一周一周をこれまで以上に大切に思いながら、全身全霊をかけて走ります」

3月26日~27日、スーパーフォーミュラの公式テストが富士スピードウェイで開催されました。今シーズン、REAL RACINGのドライビング・アドバイザーをつとめる塚越広大は、初日の午前中のセッションに参加。39周を走行してベストタイムは1分23秒196でした。テスト終了後のコメントです。

「今回の僕の仕事は、レース用のセットアップの確認と、新しいSF19で『これだけのタイムが出せるよ』という"目安"をチームやドライバーに対して示すことでした。セッションは赤旗の中断もありましたが、僕はソフトタイヤではなくミディアムを装着し、オーバーテイクボタンも一切使用せずに、1分23秒196というタイムを出すことができました。決して悪いタイムではなかったと思いますし、まだ経験の浅いシャルパンティエ選手にとってはいい目安になったはずです。自分としてはいい仕事ができたと思っています。これからもチームにしっかりと貢献できるように、自分のできる仕事を精一杯こなしていきたいです」

3月26~27日に富士スピードウェイでスーパーフォーミュラの第2回公式合同テストが行われますが、塚越広大がドライバーとしてテストに参加することが決定。トリスタン・シャルパンティエ選手とともに17号車のREAL RACINGのマシンをドライブすることになりました。

「今シーズンはリアルレーシングのドライビング・アドバイザーとしてチームを支えることになりますが、僕は昨年の9月に菅生でSF19開発テストを行っています。また、これまでリアルレーシングでスーパーフォーミュラのマシンを走らせてきましたので、今回チームのためにSF19をドライブすることになりました。少しでもチームの力になれるようにという強い使命感があると同時に、ひとりのドライバーとしてスーパーフォーミュラのマシンを走らせるのは久しぶりですので、すごく楽しみで、ワクワクしています。自分の100%の力を注ぎマシンを走らせ、チームのために貢献したいです!」

1  2  3  4  5  6  7


  • ニュース内検索