News/ニュース

スーパーGTの最近のニュース

gt190414006L.jpg4月14日、岡山県の岡山国際サーキットで2019スーパーGT第1戦「OKAYAMA GT 300km RACE」の決勝が行われ、塚越広大とベルトラン・バケット選手のKEIHIN NSX-GTは14位でした。

開幕戦の決勝は雨のウエットコンディション。予選4番手のKEIHIN NSX-GTは塚越広大がスタートドライバーを担当しました。レースはセーフティカー先導で始まり3周目終了時にセーフティカーが離れ、4周目から本格的にスタートしましたがGT300クラスのマシンがクラッシュ。再度セーフティカーが導入され11周目にレースは再開されました。リスタート後、KEIHIN NSX-GTは2台をパスして2番手に浮上しました。

13周目、GT300クラスのマシン複数台のクラッシュにより3度目のセーフティカー導入へ。そのまま赤旗提示でレースは中断されました。ホームストレート上で各クラスごとに隊列を整え、約45分の中断を経て、レースはセーフティカー先導で再開され、19周目終了時にセーフティカーが離れリスタート。2番手のKEIHIN NSX-GTはファステストラップを刻む速さでしたが、24周目の1コーナーへのブレーキングの際、アウト側を走っていたKEIHIN NSX-GTと1号車とのラインが重なるかのように軽く接触し、1号車を弾き出す形になりました。さらに後続でもコースオフやクラッシュが相次いだことから4度目のセーフティカー導入へ。直後に再び赤旗中断になりました。その後、天候の回復も見込めないことからレースは31周目赤旗終了。規定により30周目の順位で確定し、KEIHIN NSX-GTは接触に対してタイム加算ペナルティが科せられ14位でした。なお、本来のレース距離の75%を消化できなかったため開幕戦はハーフポイントになっています。

「シーズンオフのテストではトラブルもあり、すべて順調にプログラムをこなせたわけではありませんが、チームとしてはやれる範囲で万全の準備をして開幕戦を迎えました。チームと相談して持ち込んだセットアップはバランスがよく、フリー走行でも順調に走行しました。土曜日の予選ではバケット選手がしっかりとQ1を突破し、Q2では最終的に4番手のタイムを出すことができました。上位のマシンが装着していたタイヤを考えると、結果こそ4番手ですが、いいタイムを出せたと思っています。いい手ごたえを感じて決勝に臨むことになりました。

決勝は雨で視界も悪く、セーフティカーの先導でレースが始まりました。その後、クラッシュするマシンもあり、2度の赤旗が提示されるという大荒れの展開となりました。リスタート後のタイヤのウォームアップに苦しんだ場面もありましたが、いったん熱が入ると、すごくいいペースで走ることができました。開幕戦で僕たちが目指していたのは優勝です。その目標に向けて着実にポジションを上げ、トップは走る1号車に接近し追い抜きを仕掛けました。その際に軽く接触してペナルティを科せられ、14位に終わりました。

ホンダ陣営としては大量のポイントを獲得できるチャンスだったにもかかわらず、接触でポイントを失ってしまいました。シリーズを考えると、ホンダや1号車の関係者、応援してくれたファンの皆さんに申し訳ないと思っています。次の富士では、今回の開幕戦で失ったポイントを取り戻すだけでなく、それ以上の結果を残さなければならないと思っています。そのためにチーム一丸となって全力戦います」

gt190413003L.jpg4月13日、岡山県の岡山国際サーキットで2019スーパーGTが開幕し、第1戦「OKAYAMA GT 300km RACE」の予選が行われ、塚越広大とベルトラン・バケット選手のKEIHIN NSX-GTは予選4番手でした。

予選はノックアウト方式で、GT500クラスでは全車が出走するQ1の上位8台がQ2に進出できます。KEIHIN NSX-GTはバケット選手がQ1を担当し4番手でQ2に進みました。Q2では塚越広大がアタックして1分17秒088で4番手。決勝は4番手からのスタートになります。

今週末(4月13日、14日)、2019 AUTOBACS SUPER GTの開幕戦『OKAYAMA GT 300km RACE』が、岡山国際サーキット(岡山県美作市)で開催されます。今シーズン、塚越広大は引き続きKEIHIN REAL RACING(ケーヒン リアル レーシング)に所属し、新たにコンビを組むBertrand Baguette(ベルトラン・バケット)とともに17号車のHonda NSX-GTをドライブします。昨年の開幕戦で塚越広大とKEIHIN REAL RACINGは勝利を手にしていますが、「もちろん今年も優勝を狙っていきます」と意気込みを語っています。

「いよいよ2019年シーズンが始まります。開幕前のテストプログラムはすべて終わりました。昨年と比べ、他社も含めて、ライバルとの差は非常に少ないと感じていますが、本当の意味での実力差は開幕してからわかると思います。僕たちはテストではできる限りの準備をしてきていますし、新しいパートナーのバケット選手とはいい形で仕事ができています。テストを通じて、僕とバケット選手のクルマに対するコメントはとても近かったので、同じ方向を見ながら戦っていけると確信しています。あとはチーム一丸となってレースでマシンの力を出し切り、2年連続の開幕戦の勝利を目指していきます。

今年は日本のトップカテゴリーに参戦して11年目のシーズンになりますが、新たなスポンサーが増えました。これまで以上にたくさんの方からサポートしていただくことになりますので、シリーズチャンピオン獲得を目指して全力で戦っていきます。応援よろしくお願いします!」

2019年シーズンの所属チーム

KEIHIN REAL RACING(ケーヒン リアル レーシング)
【エントラント名】KEIHIN REAL RACING
【マシン名】KEIHIN NSX-GT
【マシン】Honda NSX-GT
【タイヤ】ブリヂストン
【カーナンバー】17
【チーム代表・監督】金石勝智
【ドライバー】塚越広大、Bertrand Baguette(ベルトラン・バケット)

3月16日~17日、開幕戦の舞台となる岡山国際サーキットでスーパーGTの公式テストが行われました。テスト初日は雪から雨、2日目もウェットで始まり、午後になってようやくドライとなりますが、再び雨が降ってくるという難しいコンディションとなりました。「悪天候だったこともあり、他のチームも同様だったと思いますが、十分に走りこむことができませんでした」と塚越広大は語っています。

「岡山の前には、鈴鹿サーキットで行われたホンダ主催のメーカーテストにも参加して、2019年仕様のマシンを走らせています。岡山では新たにパートナーを組むベルトラン・バケット選手がメインとなってマシンを走らせましたが、天候に恵まれず、小さなマシントラブルもありましたので、予定していたメニューを完全にこなせませんでした。 次の富士での公式テストはバケット選手が他のレース(インターコンチネンタルGTチャレンジ)に出場することもあり、僕がひとりで参加することになります。開幕前の最後のテストになりますので、しっかりとプログラムをこなしてセットアップを煮詰め、万全の体制で開幕戦の岡山に臨めるようにしたいと思います」

_ja_photo_2019_c190111b_print_c190111b_005H.jpg1月11日、ホンダが千葉県の幕張メッセで開催されている「東京オートサロン」で、2019年のモータースポーツ参戦体制と普及活動計画を発表しました。塚越広大はBertrand Baguette(ベルトラン・バゲット)選手と組み、KEIHIN REAL RACING(ケーヒン・リアル・レーシング)からスーパーGTの500クラスに参戦。前年同様に17号車のNSX-GTをドライブすることになりました。スーパーフォーミュラに関しては、現在のところは参戦することは決まっていません。塚越広大は、2019年のレース活動について以下のようにコメントしています。

「2019年も引き続きKEIHIN REAL RACINGからスーパーGTに参戦します。チームメイトはこれまで3年間力を合わせてともに戦ってきた小暮さんに代わってバケット選手と組むことになります。チームにとっても僕にとっても今までとは違うチームメイトと組むことになりますので、すごくフレッシュな年になると思います。バケット選手は日本でのGTの経験がありますし、すごくフランクなドライバーです。僕も何度か話したことがありますが、これまでタイヤメーカーが違っていたので、それほど接点はありませんでした。バケット選手は17号車をドライブするのをすごく楽しみにしています。

2019年はシーズンを通して強くなるためにはどうしたらいいのか、ということを常に意識しながら戦っていきたいです。2018年シーズンは開幕戦で優勝しましたが、チャンピオンを取る力はなかったと思います。今年は1回勝つというよりも、タイトルを取るために何が必要で、どういうレースやドライビングをしていけばいいのかということをしっかりと考えて戦っていきたいです。そのために精いっぱい頑張りたいです。

スーパーフォーミュラは10年間走ってきましたが、現段階では2019年シーズンに参戦することは決まっていません。すごく残念ですが、僕としてはいつでもフォーミュラで戦える準備をしっかりとして、チャンスがあればしっかりと走れる場所を見つけられるように活動をしていきたいと思っています」

1  2  3  4  5  6  7