News/ニュース

F3の最近のニュース

10月26日、ドイツのホッケンハイムで2008年のユーロF3の全イベントが終了した。今シーズンの広大は、予選ではPPを獲得できなかったが、ムジェロで2位、ノリスリンクとブランズハッチでは3位に入るなど、何度も速さをアピールしている。決勝では残念ながら優勝を手にすることはできなかったが、第1レースで2位が3回、第2レースでも2位を1回獲得。合計4度も2位表彰台に上がっている。そしてシーズンを通して36点を獲得し、ドライバーズ・ランキング6位という結果を残している。

「とにかく勝てなかったのは本当に残念だし、悔しい」と語る広大だが、海外で初めてフルシーズンを戦い、大きな収穫もあったと話している。

「1年間を振り返ってみると、トラブルもあったし、決していいことばかりではなかったです。でも、いろんなことを経験できましたので、自分の中ではすごく勉強になりました。この1年間で積み重ねた経験を今後にしっかりと生かしていきたいと思っています。今年ユーロF3に参戦するという素晴らしいチャンスを与えてくれただけでなく、集中してレースに取り組む環境を準備してくれたホンダ、チームリアル、それから僕を支えてくれた多くの方々に、心から感謝の気持ちを伝えたいと思います」

10月26日、ホッケンハイムでユーロF3の最終イベントが開催された。最前列からスタートした広大は2位をキープすることに成功。初優勝に大きな期待がかかったが、レースは序盤から大きなクラッシュが3度も発生。セイフティカーがコースインするという波乱の展開。広大は2回目のリスタートの際には、今季チャンピオンに輝いたN・ヒュルケンベルクに3コーナーで前に出られる場面もあったが、すぐに抜き返し、2位のポジションを守り抜く。結局、レースは3度目のアクシデントが発生した直後に赤旗が提示され、わずか10周時点で終了となった。この結果、広大は今季4度目の2位に入ったが、獲得ポイントは規定の半分の2.5点。シーズンを通して36ポイントを獲得し、ドライバーズ・ランキング6位でシーズンを終えることになった。

レース後の広大は「今回のレースでは勝つことしか考えていなかったのですが、アクシデントが続出してまともに走ったのは2周ぐらい。あっさり終わってしまったので、2位にはなりましたが、すごく複雑な気持ちです。2回目のリスタート直後、ヒュルケンベルクに一瞬前に出られてしまいましたが、『アイツにだけは負けられない。絶対に抜き返す!』と決意し、クロスで抜き返すことができました。その場面だけは、レースをしたという感じでしたね。とにかくシーズンを通して勝てなかったのは本当に残念です」と語っている。

10月25日、ドライコンディションのホッケンハイムでユーロF3最終戦の第1レースが開催された。12番グリッドからレースの臨んだ広大だが、スタートをうまく決めて3台をオーバーテイクすると、2コーナーでも1台をパスと、オープニングラップから素晴らしい速さを発揮。レース序盤には早くも8番手に浮上する。その後、セイフティカーがコースインし、リスタートの際に7番手に浮上した広大。中盤以降はJ・ビアンキと激しいポジション争いを演じるが、ビアンキを最後まで抑え切り、7位でフィニッシュ。

しかし2位でチェッカーを受けたC・ビエトリスがレギュレーション違反で失格(予選でマシンの最低重量規定に違反していることが判明した)となったために、広大の順位はひとつ繰り上がり、暫定6位となった。しかしビエトリスは失格の裁定に不服を申し立てており、最終順位は確定していないため、ビエトリスはそのまま第2レースにも出場する。7位でフィニッシュした広大はフロントローの2番手から最終レースに臨むことになっている。

広大はレース後、「スタートがうまく決まり、一気に順位を上げることができました。ホッケンハイムでは1コーナーでインに行くのはあまり良くないので、真ん中ぐらいのラインを走っていたら、両側からマシンに挟まれてしまいました。そのまま突き進んでいったのですが、他の選手とマシンが接触して一瞬、宙に浮きました。でも、うまく着地でき、飛びながら抜くことができました(笑)。その後、セイフティカーがコースを離れたあとのリスタートもうまく決めることができました。第2レースは最前列からスタートできるので、もちろん優勝を目指します」と語っている。

10月24日、ドイツのホッケンハイムでユーロF3の最終戦が行われた。金曜日午前中のフリー走行で2番手のタイムをマークした広大。午後の予選でも、セッション開始直後から上位につけ、安定した走りを見せる。最終的には1分33秒713というベストタイムを記録。PPからコンマ495秒遅れの7番手につけている。「マシンは悪くはなかったのですが、午後になって路面のコンディションが変わってしまいました。それにうまくアジャストすることができませんでした」と広大は語っている。

なお、広大は前回のレースで5番グリッド降格のペナルティが科されているために、第1レースは12番手からスタートすることになっている。

今週末(10月24日〜25日)にドイツのホッケンハイムでユーロF3の最終戦が開催される。今年4月、ホッケンハイムではユーロF3の開幕戦が行われているが、広大は13位と9位という結果に終わっている。しかし広大は「開幕戦はいろいろと準備不足もありましたが、今回は万全の体勢で臨むことができます。期待してください」と語っている。

「僕に求められているのは優勝だけ。もちろん僕自身も勝つことしか考えていません。ホッケンハイムは別に苦手なコースではありませんし、オーストリアでハードなトレーニングを積んできたので、体調もカンペキです(笑)。とにかく予選では(前回のル・マンでランカスターと接触した件によって)5番手降格のペナルティがあるので、できるだけ前のポジションを獲得すること。そして決勝でもきっちりと勝ちたいと思います!」と広大は語っている。

1  2  3  4  5  6  7