News/ニュース

スーパーフォーミュラ第2戦AP、予選9番手

5月19日、大分県のオートポリスで2019全日本スーパーフォーミュラ選手権第2戦の予選が行われ、REAL RACINGの塚越広大は9番手でした。

トリスタン・シャルパンティエ選手に代わって、第2戦からREAL RACINGのドライバーを務める塚越広大ですが、スーパーフォーミュラ復帰戦の予選は天候に翻弄されました。

予選はノックアウト方式で土曜日に予定されていましたが、雨と風が強く悪天候のため中止され、40分間の計時方式で日曜日の午前に延期されました。予選は8時45分に始まりましたが、前日同様の荒天でコース上の水量は多くコースオフするマシンが続出。3度の赤旗中断があり、ほとんどのマシンが満足な計測ラップをできない状況で、3度目の赤旗のままセッションは終了しました。塚越広大は1分50秒700で9番手。決勝は9番グリッドからのスタート予定です。