News/ニュース

スーパーGT開幕戦は14位。

gt190414006L.jpg4月14日、岡山県の岡山国際サーキットで2019スーパーGT第1戦「OKAYAMA GT 300km RACE」の決勝が行われ、塚越広大とベルトラン・バケット選手のKEIHIN NSX-GTは14位でした。

開幕戦の決勝は雨のウエットコンディション。予選4番手のKEIHIN NSX-GTは塚越広大がスタートドライバーを担当しました。レースはセーフティカー先導で始まり3周目終了時にセーフティカーが離れ、4周目から本格的にスタートしましたがGT300クラスのマシンがクラッシュ。再度セーフティカーが導入され11周目にレースは再開されました。リスタート後、KEIHIN NSX-GTは2台をパスして2番手に浮上しました。

13周目、GT300クラスのマシン複数台のクラッシュにより3度目のセーフティカー導入へ。そのまま赤旗提示でレースは中断されました。ホームストレート上で各クラスごとに隊列を整え、約45分の中断を経て、レースはセーフティカー先導で再開され、19周目終了時にセーフティカーが離れリスタート。2番手のKEIHIN NSX-GTはファステストラップを刻む速さでしたが、24周目の1コーナーへのブレーキングの際、アウト側を走っていたKEIHIN NSX-GTと1号車とのラインが重なるかのように軽く接触し、1号車を弾き出す形になりました。さらに後続でもコースオフやクラッシュが相次いだことから4度目のセーフティカー導入へ。直後に再び赤旗中断になりました。その後、天候の回復も見込めないことからレースは31周目赤旗終了。規定により30周目の順位で確定し、KEIHIN NSX-GTは接触に対してタイム加算ペナルティが科せられ14位でした。なお、本来のレース距離の75%を消化できなかったため開幕戦はハーフポイントになっています。

「シーズンオフのテストではトラブルもあり、すべて順調にプログラムをこなせたわけではありませんが、チームとしてはやれる範囲で万全の準備をして開幕戦を迎えました。チームと相談して持ち込んだセットアップはバランスがよく、フリー走行でも順調に走行しました。土曜日の予選ではバケット選手がしっかりとQ1を突破し、Q2では最終的に4番手のタイムを出すことができました。上位のマシンが装着していたタイヤを考えると、結果こそ4番手ですが、いいタイムを出せたと思っています。いい手ごたえを感じて決勝に臨むことになりました。

決勝は雨で視界も悪く、セーフティカーの先導でレースが始まりました。その後、クラッシュするマシンもあり、2度の赤旗が提示されるという大荒れの展開となりました。リスタート後のタイヤのウォームアップに苦しんだ場面もありましたが、いったん熱が入ると、すごくいいペースで走ることができました。開幕戦で僕たちが目指していたのは優勝です。その目標に向けて着実にポジションを上げ、トップは走る1号車に接近し追い抜きを仕掛けました。その際に軽く接触してペナルティを科せられ、14位に終わりました。

ホンダ陣営としては大量のポイントを獲得できるチャンスだったにもかかわらず、接触でポイントを失ってしまいました。シリーズを考えると、ホンダや1号車の関係者、応援してくれたファンの皆さんに申し訳ないと思っています。次の富士では、今回の開幕戦で失ったポイントを取り戻すだけでなく、それ以上の結果を残さなければならないと思っています。そのためにチーム一丸となって全力戦います」