News/ニュース

岡山でのスーパーGT公式テストに参加

3月16日~17日、開幕戦の舞台となる岡山国際サーキットでスーパーGTの公式テストが行われました。テスト初日は雪から雨、2日目もウェットで始まり、午後になってようやくドライとなりますが、再び雨が降ってくるという難しいコンディションとなりました。「悪天候だったこともあり、他のチームも同様だったと思いますが、十分に走りこむことができませんでした」と塚越広大は語っています。

「岡山の前には、鈴鹿サーキットで行われたホンダ主催のメーカーテストにも参加して、2019年仕様のマシンを走らせています。岡山では新たにパートナーを組むベルトラン・バケット選手がメインとなってマシンを走らせましたが、天候に恵まれず、小さなマシントラブルもありましたので、予定していたメニューを完全にこなせませんでした。 次の富士での公式テストはバケット選手が他のレース(インターコンチネンタルGTチャレンジ)に出場することもあり、僕がひとりで参加することになります。開幕前の最後のテストになりますので、しっかりとプログラムをこなしてセットアップを煮詰め、万全の体制で開幕戦の岡山に臨めるようにしたいと思います」