News/ニュース

2019年3月アーカイブ

3月26日~27日、スーパーフォーミュラの公式テストが富士スピードウェイで開催されました。今シーズン、REAL RACINGのドライビング・アドバイザーをつとめる塚越広大は、初日の午前中のセッションに参加。39周を走行してベストタイムは1分23秒196でした。テスト終了後のコメントです。

「今回の僕の仕事は、レース用のセットアップの確認と、新しいSF19で『これだけのタイムが出せるよ』という"目安"をチームやドライバーに対して示すことでした。セッションは赤旗の中断もありましたが、僕はソフトタイヤではなくミディアムを装着し、オーバーテイクボタンも一切使用せずに、1分23秒196というタイムを出すことができました。決して悪いタイムではなかったと思いますし、まだ経験の浅いシャルパンティエ選手にとってはいい目安になったはずです。自分としてはいい仕事ができたと思っています。これからもチームにしっかりと貢献できるように、自分のできる仕事を精一杯こなしていきたいです」

3月26~27日に富士スピードウェイでスーパーフォーミュラの第2回公式合同テストが行われますが、塚越広大がドライバーとしてテストに参加することが決定。トリスタン・シャルパンティエ選手とともに17号車のREAL RACINGのマシンをドライブすることになりました。

「今シーズンはリアルレーシングのドライビング・アドバイザーとしてチームを支えることになりますが、僕は昨年の9月に菅生でSF19開発テストを行っています。また、これまでリアルレーシングでスーパーフォーミュラのマシンを走らせてきましたので、今回チームのためにSF19をドライブすることになりました。少しでもチームの力になれるようにという強い使命感があると同時に、ひとりのドライバーとしてスーパーフォーミュラのマシンを走らせるのは久しぶりですので、すごく楽しみで、ワクワクしています。自分の100%の力を注ぎマシンを走らせ、チームのために貢献したいです!」

3月16日~17日、開幕戦の舞台となる岡山国際サーキットでスーパーGTの公式テストが行われました。テスト初日は雪から雨、2日目もウェットで始まり、午後になってようやくドライとなりますが、再び雨が降ってくるという難しいコンディションとなりました。「悪天候だったこともあり、他のチームも同様だったと思いますが、十分に走りこむことができませんでした」と塚越広大は語っています。

「岡山の前には、鈴鹿サーキットで行われたホンダ主催のメーカーテストにも参加して、2019年仕様のマシンを走らせています。岡山では新たにパートナーを組むベルトラン・バケット選手がメインとなってマシンを走らせましたが、天候に恵まれず、小さなマシントラブルもありましたので、予定していたメニューを完全にこなせませんでした。 次の富士での公式テストはバケット選手が他のレース(インターコンチネンタルGTチャレンジ)に出場することもあり、僕がひとりで参加することになります。開幕前の最後のテストになりますので、しっかりとプログラムをこなしてセットアップを煮詰め、万全の体制で開幕戦の岡山に臨めるようにしたいと思います」

ファンの皆さんからの質問に塚越広大が直接答えるという年に1回のスペシャル企画「Koudai on Koudai 2018-2019」を公開しました。

http://www.tsukakoshikoudai.net/special/

インタビューで質問が採用された方の中から抽選で、塚越広大からのプレゼントをお送りします。インタビューとともにプレゼントの到着も楽しみにしていてください!

※プレゼント当選者の方にはメールにてご連絡を差し上げます。
スマートフォン/携帯電話など一部の端末では、迷惑メール防止機能の設定により受信できない場合がございますので、「@tsukakoshikoudai.net」を受信可能なドメインとして設定してくださいますようお願いいたします。なお、ご使用のキャリアによって設定方法は異なりますので、詳しくは各キャリアのサポートページをご覧ください。

1